雨の爺ヶ岳に咲く高山植物(2018年7月7日)

Pocket

 
 
 
雨の爺ヶ岳登山でしたが、
花盛りの高山植物が雨の登山に色を添えてくれました。

場所によっては爺ヶ岳を代表する高山植物であるチングルマは既に穂となっていました。

爺ヶ岳南峰~爺ヶ岳中峰に咲くコマクサは見ごろでした。
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
☆爺ヶ岳登山のブログ投稿はこちら☆
 
 
 
☆高山植物を撮影したオリンパスのToughカメラ☆
 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

雷鳥に会うことができた雨の爺ヶ岳登山(2018年7月7日)

Pocket

 
 
 
雨の日の登山となると真っ先に候補となるのが爺ヶ岳です。
 
梅雨が明けたにも関わらず、記録的な豪雨で全国的に甚大な被害が生じた週末・・・。
 
そろそろ槍ヶ岳にでもと思っていましたが、
僕がいつも歩く槍ヶ岳の新穂高ルートには数回の渡渉があるので却下。
(新穂高ルートでは、降雨時、降雨後の増水状態の渡渉で度々、事故が発生しています。)
 
渡渉の無い笠ヶ岳にとも思いましたが、
笠新道ルートは下山時に濡れた岩で確実に滑ると思い却下。
 
2週間前に柏原新道~爺ヶ岳~鹿島槍ヶ岳北峰の日帰り登山をしましたが、
再度、柏原新道~爺ヶ岳を歩くことにしました。
 
爺ヶ岳は雨が降ろうとも登山口までの車の運転も比較的安心で、
登山ルート上に渡渉が無いので雨による増水の不安にかられることもありません。
 
そんなわけで、爺ヶ岳は雨の日の登山にはもってこいの山です。
 
この日は高山植物も見ごろで、展望のないなりに登山を満喫することができました。
 
場所によっては既にチングルマが散っていたり、
逆に、ピンポイントで咲いている場所があるコマクサが見頃でした。
 
また、計3羽の雷鳥に会うことができました。
 
爺ヶ岳~冷池山荘では何度か雷鳥に会えたことがありましたが、
今回は、初めて、種池山荘~爺ヶ岳で雷鳥に会うことができました。
 
種池山荘~爺ヶ岳は山と高原地図で「雷鳥おおい」と書かれているエリアですが、
今回、初めてこのエリアで雷鳥に会うことができました。
 
当初は、以前にもしたことがある柏原新道2往復をしようかなとも思っていましたが、
さすがに前の週に完走した美ヶ原トレイル80kの疲れが残っていたので普通にピストンで止めておきました。
 
美ヶ原のラスト約3.5キロのゲレンデ下りを本気でしたので、
太ももにまだ筋肉痛が残っていました。
 
ゲレンデ下りが足に及ぼすダメージを改めて実感しました。
 
恐らく、ゲレンデを抑えて走ればさほどの筋肉痛にはなっていなかったと思います。
 
この日の登山では、他の登山者は全くおらず、
久々に登山口を出てから登山口に戻るまで誰にも会わない登山になるかと思いましたが、
下山時、あと少しで登山口というところで登山者と遭遇しました。
 
昨年の日本百名山全山日帰り登山でも実感しましたが、
どんなに荒天の山でも、必ず1~2人の登山者がいるものです。
 
この時期、ルート上には数か所、雪渓をトラバースする地点がありますが、
2週間前には種池山荘の方が入れてくださったステップ(カット)がしっかりしていましたが、
この日には溶けており、緊張しながらのトラバースとなりました。
(軽アイゼンを携行するも使用せず。)
 
今シーズンも、あと何回かは爺ヶ岳に登る週末(大雨の週末)がやってくるのではないかなと思います。
 
そう言えば、この日の登山では登山道でスリップしてしまい、
手を着いた時に1.5センチほど切ってしまい軽く出血をしてしまいました。
(たいしたことはないですが、山の中での出血では今までで一番ひどかったかもです。)
 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
☆爺ヶ岳に咲く高山植物アルバムはこちら☆
 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

山専ボトルで山カップヌードルのアルバム

Pocket

 

僕の山旅では、

サーモスの山専ボトルのお湯で、

カップヌードルを作って食べるのがとても大事なイベントです☆

 

☆山専ボトルについてのブログ投稿はこちら☆


 

そんな僕の山旅の山カップヌードルアルバムです。

 
 

2018年7月7日(土) 爺ヶ岳

扇沢~柏原新道~爺ヶ岳北峰付近までの日帰りピストン

爺ヶ岳の柏原新道登山口で食べるカップラーメン
 
雨の爺ヶ岳登山を終え、
車の中から柏原新道登山口を眺めながらのカップヌードル。
 
続きを読む

スポンサーリンク

Pocket

灼熱の中を走った美ヶ原トレイル80k(2018年6月30)

Pocket

 
 
 

本格的なトレランレースに出場するのは確か2年振り。
 
色々な縁があって、美ヶ原トレイル80kに参加しました。
 
 
美ヶ原トレイル80kのスタートであるブランシュ高山スキー場
 
 
スタート~山本小屋
スタート直後のゲレンデ登りは突っ込んで入るとレース常磐にいきなり足がつぶれるので、息が上がらないくらいのペースで登った。
予想通り山本小屋までは風と霧の中を進む展開。
展望が無かったのが残念だったものの、自分的には低温の中を走ることができ体力を温存することができた。
 
 
山本小屋~和田宿
長距離にわたり下り基調が続くエリア。
調子に乗ってオーバーペースになると確実に足がつぶれるので、太ももに負担がかからない走り方をすることに集中した。
 
 
和田宿~長門牧場
コース上でもっとも山場となったエリア。
灼熱の中、延々と続く林道を登ることとなった。
林道の登りは2~3割ほどしか走ることができなかったと思う。
林道を登り終えた後の長門牧場も思っていた以上の暑さであり過酷だった。
正直、熱中症によるリタイアも有り得る状況だった。
 
 
長門牧場~ゴール
このエリアまでの林道、ロードエリアで足を温存して走ることができていたので、
終盤もしっかりと歩を進めることができた。
最後の約3.5キロのゲレンデ下りで完全に足を使い切った。
意外にも上位3%以内でゴールすることができました。
(今まで出場したレースの中で最も好順位)
 
 
今回のレースで出てきた課題
日焼け対策
日焼け止めをまったく塗らなかったため、腕の日焼けがひどいことに、次回のレースでは少なくとも腕には日焼け止めを絶対に塗る。
 
 
またずれ
エイドで頭から水をかけたことと、汗によりランパンが濡れ、その結果、またずれになってしまった。
次回レースではワセリンを試す。
 
 
飲み物
エイドでのスポドリ補給を考えていたが、エイドにあった飲み物は水とコーラのみ。
スポドリ要素(電解質)を備えた補給食を考える必要がある。
(長門牧場には飲むヨーグルトがあり、とてもおいしかった)
 
 
暑さ対策
レースでは帽子をかぶったことは無かったが、夏のレースではバフなどの使用を考えた方がよさそう。
バフに水を吸わせて首に当てるなどでだいぶ違うと思われる。
 
 
全体をとおして
トレイル、ロードともに下りと平坦なエリアは全て走ることができた。
走れるレベルの登り傾斜も、そこそこ走れたと思う。
普段から登り返しのある山行を行っているので、最後のゲレンデ下りまで、足の筋肉は余力のある状態だった。
 
 
補給に関しては、パワージェル、ベスパハイパー、アミノバイタルを効果的に補給することができたと思う。
エイドではバナナ、パンなどを補給した。
3か所ほどのエイドで頭からかぶったバケツの水が最高に気持ちよかった。
 
 
和田宿や長門牧場を中心に、沢山の地元の方のご支援、ボランティアの方あってのトレランレースだということを改めて実感しました。
 
 
一緒に参加した同僚は、初めてのトレランレースでいきなりの80k参加というチャレンジャー。
ランニングを日常的にしており、メンタル、フィジカル共に強いので80kの完走も有り得るかと思いましたが、
60kmほどで関門にかかってしまいました。
 
 
トレランレースの苦しみと楽しみを満喫することができたようで、
早くも次のレースをランネットで検索しているようです。
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

花盛りだった鹿島槍ヶ岳・爺ヶ岳の高山植物(2018年6月23日)

Pocket

 
 
 
布引岳から鹿島槍ヶ岳南峰に登る斜面のハクサンイチゲ?の群生が見事でした。
爺ヶ岳のチングルマはまだ少し早かったですが、所々に群生していました。
 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 
種池山荘~爺ヶ岳の間に咲くチングルマ
 

 
 
 
種池山荘~爺ヶ岳の間に咲くチングルマ
 

 
 
 
種池山荘~爺ヶ岳の間に咲くチングルマ
 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 
布引岳から鹿島槍ヶ岳への登山道のハクサンイチゲの群生
 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆鹿島槍ヶ岳登山のブログ投稿はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

扇沢からの爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳日帰り登山(2018年6月23日)

Pocket

 
 
 
久しぶりの単独登山。夜明け前の暗いうちからヘッドライトを付けて登るのも久しぶりでした。
 
仲間と登る登山も楽しいですが、
やはり僕には単独での登山が合っていると思います。
 
自分のペースで本気を出して登る登山、
山の中で一人ぼっちでする選択、判断、実行。
 
自分一人だけがいる3000m級の稜線、山頂。
 
この日の天気予報には雨マークがあったので、
爺ヶ岳の柏原新道を2往復するつもりでしたが、
爺ヶ岳の稜線に出ると展望がありました。
 
まだ残雪の多い剱岳を間近に見ることができ、
鹿島槍ヶ岳もしっかりと目にすることができたので、
2往復登山ではなく、鹿島槍ヶ岳を目指すこととしました。
 
鹿島槍ヶ岳南峰へとたどり着くと、
雲行きがだいぶ怪しくなりましたが、
雨が降る様子は無かったので、
北峰へと歩を進めました。
 
ちなみに、この日の冷池山荘から先は、鹿島槍南峰を目指して登っている時に1組2名の登山者とすれ違ったのと、
南峰から北峰に向かっている時に1人の登山者とすれ違ったのみでした。
 
鹿島槍南峰からの復路では4~5組の登山者とすれ違いましたが、
冷池山荘~布引岳~鹿島槍南峰~北峰~南峰~布引岳までは、
ほぼ1人ぼっちの稜線、山頂を満喫することができました。
 
怪しげな空模様と、少ない登山者。
雷鳥が多いと言われている爺ヶ岳で、
雷鳥に会えそうな雰囲気でしたが、残念ながら姿を見せてくれることはありませんでした。

雷鳥には会うことができませんでしたが、
布引岳~鹿島槍ヶ岳南峰で、ハクサンイチゲ?の群生を見ることができました。
(冷池山荘の方がおっしゃるには今年は当たり年のようです。)
 
 
 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

山旅の記録

Pocket

 
 
 
僕のライフワークである登山の記録です。

ほぼ、毎週末に山に登っているので、基本、1週間に1回の更新です。

 
最終更新日:2018年7月10日
 
 
※所要時間は往路のみの時間です。写真撮影、休憩が少ないので比較の指標となります。
※複数往復している場合は、1往復目のみの往路所要時間です。
 

登山日登った山所要時間
(往路)
備考ブログ投稿
7月7日爺ヶ岳3時間25分大雨の爺ヶ岳登山
扇沢~爺ヶ岳北峰付近まで
コマクサを見れたのと、雷鳥に会えました。
ブログ
6月30日美ヶ原11時間40分
(完走タイム)
美ヶ原トレイルラン80K
灼熱の中、延々と続いた林道登り。
ブログ
6月23日鹿島槍ヶ岳4時間15分扇沢~爺ヶ岳~鹿島槍ヶ岳南峰・北峰
日帰りピストン
ブログ
6月17日丹沢(塔ノ岳)2時間5分ヤマビルシーズンの丹沢へ。
大倉~塔ノ岳日帰りピストン
ブログ
6月10日箱根外輪6時間15分Yさんと箱根外輪へ。
箱根峠~金時山~仙石原の日帰り登山
ブログ
6月3日八ヶ岳5時間25分Yさんと八ヶ岳へ。
唐沢鉱泉~西天狗~東天狗~根石岳~
硫黄岳~横岳~赤岳の日帰りピストン
ブログ
5月27日富士山7時間5分Yさんと富士山剣ヶ峰へ。
スバルライン5合目~剣ヶ峰
(お鉢めぐり含む)
大トラブル発生(デポザックスルー)
ブログ
5月20日鳳凰三山5時間10分トレイルランナーさんと鳳凰三山の周遊
青木鉱泉~ドンドコ沢~鳳凰小屋~
地蔵岳~観音岳~薬師岳~観音岳~
鳳凰小屋~五色滝~青木鉱泉
ブログ
5月12日燕岳2時間35分残雪の燕岳合戦尾根を2往復
2往復目は大雨。
中房温泉~燕山荘~燕岳~燕山荘~
中房温泉~燕山荘~中房温泉
ブログ
5月6日光城山25分登山口~光城山~北回りコース~登山口
同僚との登山。
引き続き、スカイパークで10kmラン。
5月5日恵那山2時間20分恵那山を実質2往復
神坂峠~恵那山~広河原の日帰りピストン
天気を見て予定していた槍ヶ岳を却下
ブログ
4月29日美ヶ原3時間50分三城~百曲り~美しの塔~王ヶ頭~王ヶ鼻~
アルプス展望コース~百曲り~三城
ツイッターのフォロワーさんと日帰り周遊
ブログ
4月21日高尾山
陣馬山
醍醐丸
4時間20分高尾山口~高尾山~陣馬山~醍醐丸
日帰りピストン
ブログ
4月15日光城山25分光城山登山口~光城山山頂
雨の光城山へお花見へ。
仕事の疲れで体調悪し。
ブログ
4月8日富士山5時間馬返し~吉田口5合目~8.5合目くらいまでブログ
4月1日丹沢4時間35分大倉~塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳~臼ヶ岳
日帰りピストン
ブログ
3月25日光城山
長峰山
45分光城山登山口~光城山~長峰山を5往復。
トータル7時間40分。
ブログ
3月17日
~
3月21日
アメリカ旅行3泊5日分研究のため渡米している山仲間を訪ねる旅。
成田~アトランタ~テネシー~
ノースカロライナ~デトロイト~成田
聖地巡礼(ジャックダニエル蒸留所)
作成前
3月15日光城山20分光城山登山口~光城山
アメリカ旅行のため週末登山不可。
毎週登山をつなぐための登山。
仕事後の夜間登山。
ブログ
3月11日光城山
長峰山
40分光城山登山口~光城山~長峰山を4周回。
トレラン装備
駐車場が満車になるほどの賑わい。
ブログ
3月3日赤岳鉱泉
硫黄岳
6時間15分毎年恒例、山仲間との赤岳鉱泉雪上テント泊。
美濃戸~赤岳鉱泉~テント設営~硫黄岳
下山後はボルダリングへ。
ブログ
2月24日美ヶ原3時間毎年恒例の冬の美ヶ原登山。
美しの塔、王ヶ頭、王ヶ鼻を周遊。
ブログ
2月18日ボルダリング2時間30分ボルダリングデビュー。
松本市のエッジアンドソファー。
2月17日霧ケ峰高原40分黒百合ヒュッテから車で移動してのハシゴ。
車山~車移動~八島ヶ原湿原を歩きました。
ブログ
2月17日黒百合ヒュッテ
中山峠
1時間35分雪上テント泊予定も荒天のため却下。
(黒百合ヒュッテ・中山峠まで行きました。)
天狗岳をひと目も見れず。
ブログ
2月12日善五郎の滝
(乗鞍高原)
15分風邪の病み上がりのリハビリ。
滝の表面は完全に凍っていました。
ブログ
2月3日光城山40分美ヶ原を断念しての光城山。
(車がスリップして進めず・・・。)
冬山重装備での登山。
ブログ
1月27日
1月28日
とある山ネット経由での知り合い達と集結。
無人小屋泊での宴会。
ブログ
1月22日御嶽山飛騨山頂3時間40分夏に誓った冬の御嶽山登山。
☆夏の御嶽山登山のブログ投稿
ブログ
1月12日光城山25分夜間登山で2往復
土日が仕事、振替休日無し・・・。
仕事後の金曜夜に意地の登山
ブログ
1月7日乗鞍岳5時間今シーズン3度目のアタックにして剣ヶ峰に登頂。
デジカメの充電をし忘れる痛恨のミス。
ピッケルのリーシュも忘れました。
転職後初の登山で浮足立っていた模様。
ブログ
12月29日芽ヶ岳
金ヶ岳
1時間15分深田公園~芽ヶ岳を2往復。
2往復目は金ヶ岳まで。
日本百名山の完登を深田先生にご報告。
ブログ
12月23日乗鞍2時間50分ツアーコース終点から少し先まで。
ホワイトアウトのため撤退。
今シーズン2回目の乗鞍。
雪は固くラッセルはほとんどなかった。
ブログ
12月15日北横岳
縞枯山
茶臼山
4時間20分
(茶臼山まで)
冬のホームマウンテンの北八ヶ岳を周遊。
往路復路ともにノーロープウェイ
ブログ
12月9日乗鞍約4時間ツアーコース終点から少し先まで
2017シーズン初のスノーシュー
&ラッセル地獄
ブログ
12月2日
12月3日
沢山の里山
(長野盆地周辺)
約29時間
(完走タイム)
ツールド長野130km
→信州トレイルマウンテンさんのページ
生まれて初めて29時間近く一睡もせず。 
ブログ
11月27日光城山・長峰山40分トレラン
登山口~光城山~長峰山ピストン×5
ツールド長野130kに向けたトレーニング
ブログ
11月21日丹沢
(塔の岳)
4時間50分ツイッター仲間のmikoさんとの登山
久々に重装備で登山
ブログ
11月18日雁田山
(千僧坊)
1時間信州トレイルマウンテンさんの
トレランツアーに参加。
その後、1人で再びラウンド
ブログ
11月17日茂来山1時間登山百景さんとの登山
登山百景さんのHPはこちら
ブログ
11月12日光城山
長峰山
40分
(登山口→長峰山)
トレラン
登山口~光城山~長峰山ピストン×1
登山口~光城山ピストン×1
ブログ
11月10日燕岳2時間30分富士見ベンチより上は凍結と積雪ブログ
11月3日地附山
大峰山
葛山
頼朝山
3時間20
(頼朝山まで)
信州トレイルマウンテンさんの
トレランツアーに参加。
その後、1人で再びラウンド
ブログ
6月5日
から
10月28日
日本百名山146日間日本百名山全山日帰り登山を146日間で達成ブログ
それ以前沢山の山々長い時間基本的に毎週末に登っています。ブログ

 
 
 
☆登山装備(日帰り)の一覧はこちら☆
 
 
 
☆登山装備(トレラン)の一覧はこちら☆
 
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 
 

スポンサーリンク

Pocket

ヤマビルの季節の丹沢(塔ノ岳)登山(2018年6月17日)

Pocket

 
 
 
ヤマビルの季節の丹沢へと行ってきました。

 
 
大倉バス停を10時出発のまったり登山です。
 

 
 
 
出発時間はまったり時間ですが、
ヤマビルの季節なので緊張感たっぷりの登山です。
 

 
 
 
塩を持参していましたが、
ヒルの被害にあわないように願掛けを兼ねて大倉の休憩室に置かれていた塩もいただきました。
 

 
 
 
丹沢クリステルさんとキャサリンさん。
 

 
 
 
塔ノ岳までは6.4km
 

 
 
 
丹沢には毎年4月に登っています。
この看板は毎年見ますが、
 

 
 
 
この看板を見るのは初めてです。
丹沢はヤマビルの季節に突入したようです。
 

 
昨年の日本百名山全山日帰り登山は6月5日の丹沢からスタートしました。
その時もこの看板はありませんでした。
 
 
 
ヤマビルはこんな生き物のようです。
おそらく、人間や動物の血を吸うと形状が変わるのではないでしょうか。
 

 
 
 
大倉尾根で印象的な光景①
 

 
 
 
4月に比べるとこんもりと緑が生い茂っています。
 

 
 
 
展望は望むことができない雰囲気。
 

 
 
 
霧が濃くなってきました。
 

 
 
 
駒止茶屋
 

 
 
 
いかにもヒルに襲撃されそうな雰囲気です。
 

 
 
 
大倉尾根で印象的な光景②
 

 
 
 
霧の中へと続く木道
 

 
 
 
自撮り
 

 
 
 
霧に包まれる花立山荘
 

 
 
 
鍋割山方面への分岐
 

 
 
 
10時スタートだといくらハイペースで登っても、
山頂独り占めはかないません。
 

 
 
 
尊仏山荘も霧に包まれております。
 

 
 
 
カップヌードル
 

 
 
 
カップヌードルのツーショット
 

 
 
 
復路では鍋割山に行こうかとも思いましたが、
ヤマビルの襲撃にあいそうなので止めておきました。
 

 
 
 
氷の旗を見るだけで満足です。
 

 
 
 
大倉尾根名物の階段
 

 
 
 
くねった木
 

 
 
 
濃い緑のもみじ
 

 
 
 
キノコ
 

 
 
 
大倉尾根で印象的な光景(復路)
 

 
 
 
大倉バス停に到着し、「かぜのつりばし」
 

 
 
 
丹沢賛歌とあじさい
 

 
 
 
初めて橋を渡ってみました。
 

 
 
 
あじさいが見頃な大倉登山口でした。
 

 
 
 
ヤマビルの季節の大倉尾根へと突入しましたが、
思っていた以上に登山者が沢山いました。

一応、トレランシューズに虫よけをかけ、
気休めだと思いますが塩を塗り込みました。

登山道はなるべく真ん中を歩き、両脇の草木には近づかず、山頂以外ではザックは置かずのヒル対策で、幸いにもヒルの被害にあうことはありませんでした。
 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

箱根外輪1周に挑戦するも海賊船でエスケープ(2018年6月9日)

Pocket

 
 
 
蝶ヶ岳にテント泊をして宴会をしようと計画していましたが、
天候が思わしくなかったので、Yさんのホーム?の箱根外輪を歩くことにしました。

箱根外輪は1周すると50キロほどあるようですが・・・、

この日は箱根峠から金時山までの約20キロほど?を歩き、
芦ノ湖へと下りました。

ルート
道の駅箱根峠~三国山~金時山~金時神社~仙石平~バス~芦ノ湖(桃源台)~海賊船(ビールをチャージ)~芦ノ湖(箱根駅伝ミュージアム)~道の駅箱根峠

金時山までの前半はそこそこストイックな山行をすることができましたが、
後半は海賊船からビールを呑ませていただき、完全に観光となりました。

前半に歩いた分を海賊船で一気に戻った行程でした。

前半の箱根峠から金時山までは変わり映えのない景色にアップダウンの連続なので、
登山装備ではなくトレラン装備で走るのに向いたルートだと思いました。
(僕はこの日もいつもどおりの登山装備でした。)

箱根は冬でもそれほど積雪が無さそうなので、
雪が降って北アルプスが遠のいたら、
次こそは箱根外輪1周に挑戦してみようかなと思いました。
 
 
 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

唐沢鉱泉からの赤岳日帰りピストン(2018年6月3日)

Pocket

 
 
 
毎年恒例の唐沢鉱泉からの八ヶ岳登山。

昨年は日本百名山全山日帰り登山に挑戦をしていたため、
百名山登山の中で、美濃戸から赤岳の日帰りピストンをしたのみでした。

今回のルート
唐沢鉱泉~西天狗岳~東天狗岳~根石岳~硫黄岳~横岳~赤岳の日帰りピストン

一昨年の八ヶ岳登山では唐沢鉱泉から阿弥陀岳までを日帰りピストンしました。
阿弥陀岳であった滑落事故で重症を負った登山者がヘリでピックアップされるまで2時間ほど付き添っていました。
唐沢鉱泉から阿弥陀岳まで、2時間のタイムロスをしながらも陽が落ちる前に日帰りピストンをしたのでありました。

今回は、女性トレイルランナーのYさんがまたもやついてきてくれたので、
Yさんのペースに合わせて赤岳までの日帰りピストンとなりました。
(Yさんとは3週連続の登山となります。)

阿弥陀岳までのピストンと比べ行程は短いですが、
それなりの運動強度でありながら山に居る時間が延びているので、
単独登山にも劣らない良い修行になりました。

また、本州では白馬岳と八ヶ岳にしか分布していないと言われるツクモグサがちょうど見ごろで、
写真におさめることができました。

 
 
 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket