蝶ヶ岳ヒュッテテント泊(ビール泊) 2018年8月11・12日

Pocket

 
 
 
 
 
毎年恒例の蝶ヶ岳ヒュッテテント場泊。
 
 
槍穂高を眺めることができる最高の絶景。

ビールの自動販売機と外トイレが完備されている蝶ヶ岳ヒュッテ。

山好き&ビール飲みにとっては蝶ヶ岳ヒュッテテント場は本当にパラダイスです。
 
 
缶ビールは500ml缶が800円と平地に比べるとだいぶ割高ですがこれは必要経費。
今回の蝶ヶ岳ビール泊では11本の500ml缶を買い、10本(5ℓ)飲みました。
例によって呑みきれないビールが発生し、1本はザックに入れて持ち帰ることに・・・。
 
昨年は日本百名山全山日帰り登山の旅に出ていたので蝶ヶ岳に登ることができませんでしたが、
1年振りの蝶ヶ岳テント場泊はやはり最高でした。

今年の蝶ヶ岳は、一緒に宴会をしたいという山仲間と登りました。
実は結構前から蝶ヶ岳ビール泊を計画していましたが天候に恵まれず・・・、
かれこれ3回ほど延期となっていたのでありました。
 
僕自身は蝶ヶ岳とは相性が良いはずなのですが・・・。
 
山仲間と二人の蝶ヶ岳ビール泊を計画すると・・・。
 
計画を決行した時も天気予報では太陽マークは出ておりませんでした。
 
今回の蝶ヶ岳山行で初めて槍穂高の全景を目にすることができませんでしたが、
2日目の朝にはご来光を見ることもでき、久々に稜線でビールを浴びるほど飲むことができたので、全体的には良い山行となりました。
 
 
ちなみに、2018年8月現在、三股駐車場へと続く林道が崩落しており、
三股駐車場から約800m下の臨時の駐車場に車を停めることとなります。
(収容台数はそこそこあります。仮設トイレもあり。)
 
上記駐車場からさらに1kmほど?下にも「臨時駐車場」と書かれた駐車場があります。
 
我々も初めはそこに車を停めましたが後から来た車が数台、林道をさらに進んで戻ってこなかったので、さらに上に駐車場があるのでは?と思い、本当の臨時駐車場に車を停めることができました。
 
 
 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

笠ヶ岳登山の高山植物アルバム2018

Pocket

 
 
 
 
笠新道からの笠ヶ岳登山では杓子平から抜戸岳、抜戸岳から笠ヶ岳山荘までの稜線で沢山の高山植物を見ることができました。中でも抜戸岳直下のきつい登りに咲く高山植物が見事でした。(雷鳥にも会うことができました。)
 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
☆笠ヶ岳登山のブログ投稿はこちら☆
 
 
 
 
 
☆高山植物を撮影したオリンパスのToughカメラ☆
 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

笠新道からの笠ヶ岳日帰り登山(2018年8月4日)

Pocket

 
 
 
 
 
山仲間との笠ヶ岳登山。
天気が良すぎ&無風状態で3000m級の稜線といえども熱中症になりそうでした。
 
 
 

登山口~左俣林道~笠新道入り口

山仲間と午前4時に新穂高センターで落ち合い登山開始。
山仲間とは別々に新穂高入りし、別々に車中泊。
土曜日の登山のために新穂高の登山者用無料駐車場に車を停めるには前日入り車中泊が必要な状況。(ハイシーズン)
暗い時間帯からの登山も仲間と一緒だと心強く、緊張感することもほとんどない。
 
 

笠新道~抜戸岳

笠新道入り口で水を補給。(ルート上に水場は無いので重要)
笠新道~抜戸岳はきついルートとして知られており、今回が初めての笠新道という山仲間もきついと言われることを納得。
気温が上がる前の早い時間に笠新道をある程度の標高まで登ることができたのは大正解だった。
杓子平~抜戸岳では雷鳥に会うことができた。また、高山植物も見ごろでチングルマやハクサンイチゲなどが咲いていた。
抜戸岳までの終盤は、追い込みをかけるため、フルペースで登山。(抜戸岳で山仲間を待った。)
 
 

抜戸岳~笠ヶ岳山頂

抜戸岳~笠ヶ岳山頂の稜線もそこそこの距離がある。
山と高原地図では1時間ほどのコースタイムだが、実際にはそれ以上の時間がかかる。
特に、新穂高から抜戸岳までを歩き、体力を消耗している体ではコースタイムで歩くのは困難。
この日は天候に恵まれたため、青空のもと、笠ヶ岳の山容を見ながら笠ヶ岳へと近づいていくことができた。
振り返れば槍ヶ岳~穂高岳を眺めることができ、最高の展望の中を歩くことができた。
タイミング的なものなのか、笠ヶ岳山荘は飲み物などの品ぞろえが少ない印象。
(この日はちょうど、ヘリが複数回の荷上げ作業を行っている最中だった。)
まだ少しばかり雪渓が残っていたので、テント場に水場があったのと、笠ヶ岳山荘外の蛇口から水を補給することができた。
(テント場の水場は雪渓が解け次第なくなると思われる。小屋の外の水場も常時あるのか不明。)
 
 

復路

笠ヶ岳山荘またはテント場で必ず水を補給する。
この日は、3000m級の稜線といえども灼熱で、笠新道も高温だった。
道中に水場は無いので笠ヶ岳山荘で水を補給しておかないと脱水症状、熱中症になる危険がある。
抜戸岳~杓子平で1ヶ所だけ細い水の流れがあったので、バフに水をしみこませ首の後ろなどを冷やした。(飲用可否は不明。)
 
 

全体をとおして

杓子平から見る笠ヶ岳の山容、これから登る笠ヶ岳と振り返れば槍穂高を目にしながらの稜線歩き。灼熱ではありましたが、好天のもと、山仲間との山行を満期することができました。
 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

火打山2往復登山の高山植物アルバム(2018年7月29日)

Pocket

 
 
 
 
 
火打山登山では、
池塘に咲くワタスゲやハクサンコザクラなどをはじめとした高山植物が見ごろでした。
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
ワタスゲ
 

 
 
 
 
ワタスゲ
 

 
 
 
 
ハクサンコザクラ
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
☆火打山2往復登山のブログ投稿はこちら☆
 
 
 
☆高山植物を撮影したオリンパスのToughカメラ☆
 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

火打山2往復登山(2018年7月29日)

Pocket

 
 
 
 
 
笹ヶ峰の駐車場から意外と時間がかかる火打山。
昨年の日本百名山全山日帰り登山で色々とあって印象に残っている山です。

 
☆日本百名山全山日帰り登山での火打山登山のブログ投稿はこちら☆
 
 
アメリカに留学中の山仲間が日本に一時帰国中なので、
他の山仲間も集まってのグループ登山でした。
 
集合時間が6時30分と遅めだったので、一人で先に登れるところまで登り、
6時30分までに笹ヶ峰の駐車場に下山する作戦でした・・・。

しかしながら、そこそこ長い木道歩きと、なかなかきつい富士見平までの登り。

しまいには、雨風が出てきて、展望もない状況だったので、
グループ登山の中止も有り得ると思い、下山せずに山頂を目指すことにしました。
 
高谷池ヒュッテ前で携帯の電波状況を見ると圏外になったり圏内になったりの状態だったので、
とりあえず、高谷池ヒュッテ周辺の天候と、下山せずに山頂を目指すことをLINEしました。

高谷池ヒュッテから先は雨風が強まりましたが、
雪山のことを思えば問題ないレベルの風だったので山頂を目指しました。

両脇に樹林が迫った登山道なのですが、樹林が風で凄まじくワサワサと揺らされていたので平衡感覚が狂いました・・・。
 
荒天で誰もいない登山道と火打山山頂を満喫し、山仲間達が登山を中止したのか続行したのかが定かでは無い中、下山をしていると、富士見平付近で山仲間達と会うことができ、2往復目の火打山へと向かったのでした。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

剱岳早月尾根の高山植物アルバム2018

Pocket

 
 
 
 
 
人が立ち入ることができない断崖絶壁にも、
沢山の高山植物が咲いていたのが印象的な剱岳早月尾根でした。
(このページの高山植物アルバムは登山ルート上の花々です。)
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
☆剱岳早月尾根の日帰り登山のブログ投稿☆
 
 
 
 
☆高山植物を撮影したオリンパスのToughカメラ☆
 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

山専ボトルで山カップヌードルのアルバム

Pocket

 

僕の山旅では、

サーモスの山専ボトルのお湯で、

カップヌードルを作って食べるのがとても大事なイベントです☆

 
 
 
サーモス 山専ボトル FEK-500  500ml

☆楽天市場での検索結果

☆amazonでの検索結果

☆ヤフーショッピングでの検索結果
 
 
 

☆山専ボトルについてのブログ投稿はこちら☆


 

僕の山旅の山カップヌードルアルバムです。

 
 

2018年9月16日(日) 天城山登山

天城山登山(万二郎岳・万三郎岳)

 
天城山の万三郎岳山頂でカップヌードル。
 
天城山の万三郎岳で食べるカップヌードル
 
 
 
 
天城山の万三郎岳で、雲の上のカップヌードル。
 
天城山の万三郎岳で雲の上で食べるカップラーメン
 
 
続きを読む

スポンサーリンク

Pocket

槍ヶ岳・大キレットの日帰り周遊登山の高山植物アルバム

Pocket

 
 
 
 
新穂高~飛騨沢カール~槍ヶ岳~大キレット~北穂高岳~穂高岳山荘~白出沢~新穂高と、長丁場の登山だったので沢山の高山植物をみることができましたが、長丁場の登山のため、先を急ぐ必要があったためじっくりと高山植物を撮影することができませんでした・・・。

特に、南岳~大キレット~北穂高岳~涸沢岳は難ルートのため緊張しましたが、チングルマやミヤマキンポウゲをはじめとした稜線に咲く花々が緊張をやわらげてくれました。
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
☆槍ヶ岳・大キレット・北穂高岳・穂高岳山荘の日帰り周遊登山のブログ投稿はこちら☆
 
 
 
☆高山植物を撮影したオリンパスのToughカメラ☆
 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

毎年恒例の剱岳早月尾根の日帰り登山(2018年7月21日)

Pocket

 
 
 
 
毎年恒例の剱岳早月尾根の日帰り登山。
宿をとって前泊をしての登山です。
前日にはTJAR(トランスジャパンアルプスレース)のスタートである魚津市のミラージュランドに立ち寄って観覧車に乗るのが剱岳登山前の恒例の儀式です。
今年は山仲間と登ってきました。
 
灼熱の早月尾根前半部分(馬場島から早月小屋くらいまで)を回避するため、午前3時に登山開始。
復路ではちょうど良い具合に太陽が雲で隠れており、暑さにあえぐことなく下山をすることができました。
 
前の週に新穂高発着で槍ヶ岳・大キレット・北穂高岳を日帰り周遊した疲れからか若干、体調を崩していましたが、今年も無事に剱岳早月尾根の日帰りを達成することができました。
 
今回の山行では、山仲間が登山中に携帯電話を落とすというハプニングが・・・。
(あと少しで早月小屋という地点で携帯電話を落としたことが判明しました。)

最後に確実に携帯電話があった地点まで捜索のため、わたくしが下山を開始しましたが、
15分ほど下山したところで下から登ってきた登山者が運び上げてくれていました。
おそらく早月小屋に届けてくれようとしていたのだと思います。
今回のように、確実に先行する登山者が落としたものだということがわかる場合には、拾って上部の山小屋に届けるというのが落とし物をした登山者には最も助かることだと実感しました。
 
2ヶ所で雷鳥に会うことができましたが、早月尾根の雷鳥はなかなかシャッターチャンスを与えてくれません・・・。
(早月尾根は急峻なので、こちらが写真をとる態勢を整えられないケースが多いです。)
 
 
 
 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

槍ヶ岳・大キレット・北穂高岳の日帰り周遊
(新穂高発着2018年7月15日)

Pocket

 
 
 
 
新穂高を発着での槍ヶ岳・大キレット・北穂高岳・穂高岳山荘の日帰り周遊をしてきました。
疲労が蓄積した中でアップダウンのある難所を通過するため、今までの登山歴の中でも最高難易度レベルの日帰り登山だったと思います。
 

今回の日帰り周遊ルート

新穂高~右俣林道~飛騨沢カール~槍ヶ岳~大喰岳~中岳~南岳~大キレット~北穂高岳~涸沢岳~穂高岳山荘~白出沢~右俣林道~新穂高
 
 

新穂高~槍ヶ岳山荘

前日は新穂高の駐車場に車中泊。
午前2時に新穂高をスタートしたので、槍平あたりまでは暗闇の登山道をヘッドライトでの登山となりました。
例年は、滝谷の渡渉地点に木の橋がかけられてから槍ヶ岳登山をしますが、今年は初めて木の橋がかけられていない時期に滝谷を渡渉しました。
降雨直後というわけではありませんでしたが、橋が無い状態での渡渉では、ひざ下くらいまでが水につかり、トレランシューズはびしょぬれとなりました。(暗闇の中での滝谷の渡渉は非常に精神力を使いました。)
今まで、トレランシューズが濡れた状態での登山を幾度となく経験していましたが、この日は、14時間近い長丁場の登山だったので、足がふやけて痛みがでました。
好天で高温の中の登山だったので、登山中に靴が乾くと思っていましたが、乾くことはありませんでした。
あのコンディションでも靴が乾かないということは、一度濡れたトレランシューズは脱ぐことなしに乾かすことはできないということだと思います。

槍平のテント場は今まで見た中で最もにぎわっており、川辺のテント場だけでなく、槍平小屋の前のウッドデッキの上にも複数のテントが張られていました。(槍平の水場使用可。蛇口から豊富な水量が常に流れています。)

 
 

槍ヶ岳山荘~槍ヶ岳山頂

夏山シーズン序盤の7月といえども、連休中日の槍ヶ岳山荘~槍ヶ岳は大混雑をしていました。
槍ヶ岳山荘に宿泊した登山者が穂先を目指す時間(朝食後の時間)と僕が穂先を目指す時間が重なってしまい、穂先までの登り下りに約1時間を要しました。
7月といえども、3000m級の日陰で風に吹かれると一気に体温を奪われるので、軽装での渋滞待ちとなった登山者は寒さに震えていました。(僕もウェアを羽織るタイミングを逃してしまい、寒さに震えました・・・)
 
 

槍ヶ岳~南岳

ほどよいアップダウンのある稜線。
ついさっき登った槍ヶ岳を振り返りながらの登山。
大喰岳~中岳から見る槍ヶ岳はとても荘厳です。
 
 

南岳~大キレット~北穂高岳

南岳小屋で水を補給。
初めて大キレットに足を踏み入れた時は、南岳からの下降箇所ですら緊張しましたが、今回は、長谷川ピークまでは緊張することなく進むことができました。
長谷川ピークを越えてから、ナイフリッジの上を長野県側、岐阜県側に乗り換える箇所があったりと、緊張する箇所があります。(平気な人は平気なようですが。)
また、スリップ等をすると数十メートル~数百メートルを滑落する箇所があるのでそのような箇所は特に気が抜けません。
(特に岐阜県側に移ってから)
体力的には、新穂高から槍ヶ岳まで登り、槍ヶ岳から南岳までを縦走した後の大キレットだったので、北穂高岳へ向けての登りが非常にきつかったです。
また、北穂への登りでは落石を起こしている登山者がいました。
どんなに注意をしても落石が起こり得るルートなので、要ヘルメットです。
道中では、飛騨泣き付近で雷鳥に会うことができましたが、鎖場の道中だったのでしっかりと写真におさめることができませんでした。
 
 

北穂高岳~涸沢岳~穂高岳山荘

今回の山行では、長丁場の中での岩場、鎖場、アップダウン、山と高原地図での危険個所表示を歩いたので、涸沢岳への登りは精神的にも肉体的にも非常にきついものがありました。
南岳~穂高岳山荘の区間は、前半の大キレット(南岳~北穂高岳)と、後半の北穂高岳~涸沢岳の区間に分かれ、どちらも難所と言われています。
どちらが危険か、どちらの方が神経を使うかは、山仲間に聞いても、人それぞれです。
個人的には前半の大キレットの方が緊張します。
 
 

穂高岳山荘~白出沢~新穂高

トレランレース以外ではサプリ等を口にすることは滅多にありませんが、今回の山行では終盤にベスパとアミノバイタルを補給しました。
白出沢ルート(新穂高~奥穂高岳)は道中から稜線までガレ場がひたすら続くルートですが、ペンキマークが不明瞭です。(冬季の積雪、春の雪解けなどで、ペンキが塗られた岩が動いていると思われます。)
また、浮石も多数なため、初見で下山をするのは体力的、精神的に上級レベルにあると思います。
今回は、下山ルートで白出沢を歩きましたが、久々の白出沢ルートだったので、歩いている道が正しいか不安になりました・・・。(目印をスルーして、歩いてはいけない方に歩いているんじゃないかと不安になりました・・・。)
また、夏の日差しがガレ場の岩で照り返され、とても暑い中での下山となりました。(鉱石沢付近で沢の水で顔を洗ったりができます。飲用可否は不明。)
 
 

白出沢出合~新穂高

往路では暗い時間帯に右俣林道を歩くのでそれほど長さを感じません。
登山の疲れもあるため、復路の右股林道は長く感じます・・・。
(毎度のことですが。)
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket