山旅の記録 詳細」カテゴリーアーカイブ

箱根外輪1周に挑戦するも海賊船でエスケープ(2018年6月9日)

Pocket

 
 
 
蝶ヶ岳にテント泊をして宴会をしようと計画していましたが、
天候が思わしくなかったので、Yさんのホーム?の箱根外輪を歩くことにしました。

箱根外輪は1周すると50キロほどあるようですが・・・、

この日は箱根峠から金時山までの約20キロほど?を歩き、
芦ノ湖へと下りました。

ルート
道の駅箱根峠~三国山~金時山~金時神社~仙石平~バス~芦ノ湖(桃源台)~海賊船(ビールをチャージ)~芦ノ湖(箱根駅伝ミュージアム)~道の駅箱根峠

金時山までの前半はそこそこストイックな山行をすることができましたが、
後半は海賊船からビールを呑ませていただき、完全に観光となりました。

前半に歩いた分を海賊船で一気に戻った行程でした。

前半の箱根峠から金時山までは変わり映えのない景色にアップダウンの連続なので、
登山装備ではなくトレラン装備で走るのに向いたルートだと思いました。
(僕はこの日もいつもどおりの登山装備でした。)

箱根は冬でもそれほど積雪が無さそうなので、
雪が降って北アルプスが遠のいたら、
次こそは箱根外輪1周に挑戦してみようかなと思いました。
 
 
 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

唐沢鉱泉からの赤岳日帰りピストン(2018年6月3日)

Pocket

 
 
 
毎年恒例の唐沢鉱泉からの八ヶ岳登山。

昨年は日本百名山全山日帰り登山に挑戦をしていたため、
百名山登山の中で、美濃戸から赤岳の日帰りピストンをしたのみでした。

今回のルート
唐沢鉱泉~西天狗岳~東天狗岳~根石岳~硫黄岳~横岳~赤岳の日帰りピストン

一昨年の八ヶ岳登山では唐沢鉱泉から阿弥陀岳までを日帰りピストンしました。
阿弥陀岳であった滑落事故で重症を負った登山者がヘリでピックアップされるまで2時間ほど付き添っていました。
唐沢鉱泉から阿弥陀岳まで、2時間のタイムロスをしながらも陽が落ちる前に日帰りピストンをしたのでありました。

今回は、女性トレイルランナーのYさんがまたもやついてきてくれたので、
Yさんのペースに合わせて赤岳までの日帰りピストンとなりました。
(Yさんとは3週連続の登山となります。)

阿弥陀岳までのピストンと比べ行程は短いですが、
それなりの運動強度でありながら山に居る時間が延びているので、
単独登山にも劣らない良い修行になりました。

また、本州では白馬岳と八ヶ岳にしか分布していないと言われるツクモグサがちょうど見ごろで、
写真におさめることができました。

 
 
 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

5月の富士山剣ヶ峰登山(2018年5月27日)

Pocket

 
 
 
富士スバルライン5合目から残雪の中、日本最高峰の富士山剣ヶ峰に登りました。
 
 
ルート
スバルライン5合目~吉田口山頂~お鉢めぐり~剣ヶ峰~お鉢めぐり~7合目くらい~8合目くらい~スバルライン5合目
 
 
4月8日に馬返しから8合目ほどまでの富士山登山をしたので約1ヶ月半ぶりの富士山登山です。
 
その間、燕岳や鳳凰三山に登り富士山を眺めることができましたが、
雪がだいぶ溶けていることを見てとることができました。
 
 
☆4月の富士山登山のブログ投稿☆
 
 
この日の富士山登山は、前の週の鳳凰三山登山に引き続きトレイルランナーのYさんとの登山でした。
 
Yさんはトレラン装備での鳳凰三山登山ではペースが早かったですが、
雪山装備での登山は1年ほどブランクがあったようで始終弱音を吐きながらの登山でした 笑
 
 
富士スバルライン5合目の富士山5合目簡易郵便局。
 

 
 
 
ハイシーズンは登山者と観光客でごった返している場所ですが、
 

 
 
 
5月の午前5時だと静かなもんです。
 

夏は24時間通行可となる富士スバルラインですが、
この時期は午前3時からの営業でした。
 
 
 
富士スバルライン5合目の富士山登山口は通行止めとなっていますが、
左側が通れるようになっています。
 

 
 
 
山中湖に映り込む朝日
 

 
 
 
快晴です。
 

 
 
 
吉田口5合目の佐藤小屋
 

 
 
 
6合目の富士山安全指導センター
 

 
 
 
雪はだいぶ溶けています。
 

 
 
 
4月に登った時は6合目のすぐ先から雪がありました。
 

 
 
 
山中湖と雲海
 

 
 
 
積雪期の富士山登山で目標としている7合目の小屋
 

 
 
 
7合目の花小屋
 

 
 
 
7合目の日の出館
 

 
 
 
7合目のトモエ館
 

 
 
 
自撮り
 

 
 
 
鳥居荘も7合目になるのでしょうか。
 

 
 
 
鳥居荘に到着
 

 
 
 
序盤は山中湖と雲海が印象的な眺めでした。
 

 
 
 
雲海にズーム
 

 
 
 
4月に登った時は完全に雪の斜面でしたが、8合目付近でも無雪期の富士山になっていました。
 

 
 
 
東洋館
 

 
 
 
岩肌ゾーン
 

 
 
 
山頂方向
 

 
 
 
そこそこ風があったので燕が風を切る音が聞こえてきました。
 

 
 
 
山中湖の手前は自衛隊の演習場(北富士演習場)で、
4月に登った時はちょうど野焼きをしていました。
下山をする頃には演習場は野焼きで真っ黒になっていましたが、
わずか1ヶ月半ほどで再び緑色の演習場へと戻っていました。
 

 
 
 
Yさんは最後に雪山登山をしたのが1年ほど前と言うことで、
トレラン装備だった鳳凰三山の時とは比べものにならないほどのスローペースでした 笑
 

 
 
 
吉田ルート右手には小御岳流し(たぶん)
 

 
 
 
この日は山中湖は綺麗に見えていましたが、河口湖が綺麗に見ることができませんでした。
 

 
 
 
白雲荘
まさか復路であんなことになろうとは・・・。
 

 
 
 
冨士山天拝宮
 

 
 
 
冨士山天拝宮の鳥居
 

 
 
 
8合目の元祖室
 

 
 
 
雪が増えてきました。
 

 
 
 
写真中央に鳥居が横に写っています。この鳥居が・・・。
 

 
 
 
吉田ルートの左斜面を何組かの登山者が登っていました。
 

 
 
 
8合目から夏道を外れ、我々も左側の斜面を登りました。
 

 
 
 
キツイキツイ登りでした。
 

 
 
 
誰もかれもが息を切らしながら登っていました。
 

 
 
 
目印にしていた9合目?の鳥居がなかなか近づきませんでした。
 

 
 
 
やっと鳥居に到着
 

 
 
 
雪の斜面と雲
 

 
 
 
雲よりも上におります。
 

 
 
 
吉田口山頂に到着
 

 
 
 
富士登山競争のゴールであります。
今年はエントリー日にアメリカ旅行にいっていたためエントリーをすることができませんでした。
昨年は百名山登山で出場できなかったので、次回出場は5合目コースからの出直しとなります。
 

 
 
 
まだ閉ざされている久須志神社
 

 
 
 
吉田口山頂での自撮り
奥の小屋は雪で閉ざされております。
 

雨の日に富士山を2往復したことがありますが、
疲労からなのか低体温症からなのか、2往復目の山頂付近で両肘から先の手の感覚が無くなってしまいました・・・。

その時に、上の写真で雪に閉ざされている小屋に避難させてもらいました。

温かいココアをいただき、ザックに入れてあった着替えからダウンまでを着こみましたが腕の感覚は元に戻ることはありませんでした。

かなり焦りましたが下山して標高が下がるにつれて腕の感覚は戻っていきました。
 
 
 
雲よりも上におります②
 

 
 
 
本当なのか嘘なのか、弱音ばかりを吐いていたYさんを引っ張るように剣ヶ峰へと向かいました。
 

 
 
 
5月も下旬ですが、火口には氷瀑が。
 

 
 
 
富士山剣ヶ峰へと向かう道中
 

 
 
 
銀明水の石碑の下あたりからは水の流れる音がしました。
 

 
 
 
富士山の火口
 

 
 
 
火口の氷瀑
 

 
 
 
浅間大社奥宮(たぶん)と奥に剣ヶ峰
 

 
 
 
雪山装備だと剣ヶ峰が遠く感じます。
 

 
 
 
浅間大社奥宮(たぶん)
 

 
 
 
何度見ても富士山の火口は見応えがあります。
 

 
 
 
写真ではわからないですが、火口の中へと続いているスノーボードなどのトレースがありました。
(さすがに火口の最下部まで続いているものはありませんでした。)
 

 
 
 
お鉢めぐり中に自撮り
 

 
 
 
左下に、夏には歩けない火口の中を歩いている登山者がいます。
 

 
 
 
雪山装備の身にそびえ立つ剣ヶ峰
 

 
 
 
静岡方面
 

 
 
 
吉田ルートから見おろした雲とは違ったタイプの雲です。
 

 
 
 
わかりづらいですが駿河湾。
富士山のお鉢めぐりをするたびに、学生時代を過ごした静岡へと戻りたくなります。
 

 
 
 
まさに馬ノ背です。
 

 
 
 
日本最高峰の剣ヶ峰まであとわずか。
 

 
 
 
剣ヶ峰の富士山特別地域気象観測所
 

 
 
 
日本最高峰富士山剣ヶ峰に到着
 

 
 
 
日本で一番高い場所です。
 

 
 
 
自撮りはイマイチ
 

 
 
 
二等三角点「富士山」
 

 
 
 
二等三角点「富士山」と日本最高峰富士山剣ヶ峰
 

 
 
 
日本最高峰富士山剣ヶ峰とピッケル
 

 
 
 
日本最高峰富士山剣ヶ峰の奥にある赤ペンキマークが実は日本一高い場所という説も。
 

 
 
 
役目を終え?閉鎖されている気象観測所
 

 
 
 
吉田口山頂から来た道を戻るか、ぐるっと一周お鉢めぐりをするか迷いましたが、
諸々のコンディションを考えるとぐるっと一周したほうが良さそうだったのでお鉢めぐりをすることにしました。
 

剣ヶ峰から、この後に歩いた方向を撮影。
吉田口山頂から御殿場ルート山頂、富士宮ルート山頂と定番の時計回りルートでのお鉢めぐりをしました。須走ルートは吉田ルートと途中で合流するので、各登山口から富士山火口に出る登山道は3つということになります。
 
 
 
火口
 

 
 
 
それほど風も無かったので、そこそこ賑わっていた富士山頂
 

 
 
 
溶けたり凍ったり風に吹かれたりで、こんなことになるのでしょうか。
 

 
 
 
雲海①
 

 
 
 
雲海②
 

 
 
 
離れてゆく剣ヶ峰
 

それにしてもスバルライン5合目からとはいえ、雪山装備での日帰り富士山登山は本当にきついです。
(僕の場合ザックの重さが20kg以上あるのがそもそも・・・。)
 
 
 
お鉢めぐりをして吉田口山頂に戻ってきました。
 

おそらく、冨士山頂上浅間大社奥宮のことを久須志神社と言うのだと思います。
 
 
 
下山道を下りるか登ってきた登山道を下りるか迷いましたが、
下山道は登山者が歩いた形跡がまだないように感じたので、登山道を下りることにしました。
 

 
 
 
登るのは辛い雪の斜面も、下りはあっというまです。
 

Yさんは華麗なシリセードをしていました。
 
 
 
滑り台をすべるように華麗に滑り降りていきました。
 

 
 
 
Yさんは8合目あたりでザックをデポしていたのですが・・・。
 

 
 
 
雪解け水が斜面を流れていました。
 

 
 
 
雲がかかって視界が無くなると世界は一変します。
 

視界が無くなったこともあってか、あろうことかYさんがザックをデポした地点をスルーして下山の歩を進めてしまいました。
ザックのデポ地点の確認をYさん任せにしていた僕もいけないのですが、完全にスルーをしてしまった次第です。
往路復路が完全に同じルートであればスルーのしようもありませんが、残雪期で雪の上を歩いていたのでピストンと言うよりは周遊に近い形でした。登山時は途中まで夏道を歩き、途中から雪の上(冬道)を歩いたわけですが、夏道と冬道の明確な切り替え地点は無い状況でした。

もちろん、スルーしないように注意はしていましたが人の記憶は曖昧なものです。

僕が撮ったデジカメ写真のチェックにより、デポザックをスルーして下山していることに確証を持ちました。

白雲荘でデジカメチェックをしたのですが、往路の白雲荘ではYさんがザックを背負っている姿が写真に写っていました。白雲荘でザックを背負っているということは、白雲荘よりも下にザックをデポしていることは絶対に有り得ません。

ザックのデポはしないのが信条の僕ですが、さすがにザックをデポしてYさんのデポザックを回収しに向かいました。コースタイムで1時間ほどを登り直しましたが、1日に燕岳2往復の成果もあってか、無事にザックを回収することに成功しました。
 
 
 
ザック回収後に白雲荘でお昼のカップヌードル。デポザックスルー事件のおかげで午後3時のお昼となりました。
 

カップヌードルの他にも要保冷材の食材を多数、背負っていましたが、単なる重りと化しました。

本来であれば、午後3時には下山を終了していなければならない時間なので、バーナークッキングのカットは致し方ありません。
 
 
 
冬の白い富士山から夏の赤い富士山へ。
 

 
 
 
白雲荘からは飛ばして下山したので、無事に明るいうちにスバルライン5合目に戻ることができました。
 

白雲荘から下山を開始してしばらくは、富士スバルラインに閉鎖時間があることをすっかり忘れていました・・・。(夏季は24時間営業)

どこまで閉鎖時間をシビアにしているかは不明ですが、最悪の場合、翌日の営業開始時間である午前3時まで車中泊をして、午前3時から帰路についてそのまま仕事という事態もあり得ます。

白雲荘から下山を開始してすぐに閉鎖時間があることに気が付いて、ペースアップして閉鎖前に駐車場を出ることができました。
 
 
 
富士スバルライン5合目でのコーラ。
閉鎖前に駐車場に着くことができ安堵しながら飲むことができました。
 

 
 
 
登ってきた富士山を見上げます。
 

 
 
弱音を吐き続けるYさんに、剣ヶ峰までの登山をあきらめかけましたが、
無事に5月の剣ヶ峰まで登ることができた富士山登山でした。

デポザックスルー事件があったので無事と言って良いのかはわかりませんが。
 
 
 
 

 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

鳳凰三山(地蔵岳・観音岳・薬師岳)の日帰り周遊(2018年5月20日)

Pocket

 
 
 
 
毎年の恒例登山である、鳳凰三山のドンドコ沢ルート(青木鉱泉発)を歩いてきました。
今年は、最近知り合った女性トレイルランナーさん(Yさん)と一緒に歩いてきました。

登山ルート
青木鉱泉~ドンドコ沢ルート~鳳凰小屋~地蔵岳(オベリスク)~観音岳~薬師岳~観音岳~近道~鳳凰小屋~ドンドコ沢ルート~五色滝~青木鉱泉
 
 
南アルプスである鳳凰三山は、
北アルプスよりも雪解けが早いので5月も半ば頃になると雪がほぼ解けます。
(雪解けの時期は年により異なります。僕は毎年、ピッケルと軽アイゼンを携行しています。)

北アルプスで長距離の日帰り登山を満喫することができるようになる少し前に、
鳳凰三山では、ほぼ無雪期の登山道で長距離日帰り登山を満喫することができます。

Yさんよりは僕の方が登山ペースが速く、僕が先を歩く形になりましたが。
今まで一緒に歩いたことがある女性の中ではYさんは一番速かったです。
そして、あそこまで自分を追い込んで僕の後ろをついてくる同行者はYさんが初めてでした。

Yさんとは韮崎で落ち合い僕の車で登山口まで移動しましたが、
落ち合った段階で既に短パン生足の状態で、なかなかにワイルドな登場シーンでした。

観音岳からは白根三山(北岳・間ノ岳・農鳥岳)を眺めることができますが、
往路では白根三山の稜線は雲に隠れていて見ることができませんでした。

登山においては、それまで見えていた山がその後に雲に覆われて見えなくなるということが圧倒的に多いですが、この日は珍しく、復路の時に白根三山を覆っていた雲が晴れ、それまで見えていなかった白根三山を目にすることができました。

僕としては、近道を利用しての周遊登山ではなく、
復路も登り返しのある日帰りピストンをしたかったですが、
Yさんの希望を取り入れ、復路は観音岳~鳳凰小屋は近道を利用しました。

しかしながら、近道には残雪箇所が多く、短パン生足のYさんには厳しいルートでした。

近道には残雪がある可能性があることをしっかりとYさんに伝えてありましたが、
Yさんはその上で近道ルートを決めたので自己責任であります。
(Yさんは雪山経験も豊富なので許されるレベルの選択ミスでした。)

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
昨年の日本百名山全山日帰り登山ではオベリスクすらまともに目にすることができなかった鳳凰三山でしたが、この日の登山ではオベリスクはもちろん、甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳、白根三山(北岳・間ノ岳・農鳥岳)、富士山、八ヶ岳を眺めることができ、女性トレイルランナーさんとの最高の登山となりました。
 
 
☆ひと夏での日本百名山全山日帰り登山での鳳凰三山はこちら☆
 
 
 
☆鳳凰三山の登山口情報☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

残雪の燕岳合戦尾根を2往復(2018年5月13日)

Pocket

 
 
 
燕岳の合戦尾根の2往復は、
2年前だったか3年前にもしたことがありましたが、
その時は登山道から雪が完全に無くたっていた7月でした。

今回は、残雪の合戦尾根の2往復にグレードアップがされました。

そして、前回も雨が降る中での2往復でしたが、
今回は前回以上の大雨となりました。

昨年は爺ヶ岳の柏原新道を2往復しましたが、
2往復登山は基本的には雨の日に行います。

天気予報から、雨が降ることがほぼ確定している時に2往復登山を行います。

雨の中での稜線歩きは危険を伴いますが、
尾根や樹林帯の中の登山であればリスクは低くなると思っております。

もちろん、同じ登山道を2往復するよりも、
稜線を長い距離歩きたいですが、
雨によりそれが叶わないので同じ登山道を2往復するしだいです。

精神的にも肉体的にも相当な負荷がかかりますが、
だからこそ、良いトレーニングになり、最高の登り返し対策になると思っています。
 
 
ハイシーズンはとてつもなく混雑する中房温泉の駐車場ですが、
5月ということと天気予報がイマイチなせいか、予想外に空いていました。
第一駐車場には僕の車を含めて5台ほどしか停められていませんでした。
 

例年、燕山荘の営業開始日に燕岳登山をしていましたが、
転職を果たした結果、例年の登山をすることができなくなってしまいました。
(部署異動が無い限り、燕山荘営業開始日登山はできそうにありません。超繁忙期なのであります。)
 
 
第一ベンチ
 

 
 
第二ベンチ
 

燕岳には4月下旬と11月下旬に冬山重装備で歯を食いしばりながら登ることが多いです。
日帰り装備だと重装備での登山が嘘のようにサクサクと登ることができます。
 
 
富士見ベンチから、
 

 
 
富士山を眺めることができました。
雨予報でしたが、展望のある曇り空でした。
 

 
 
富士見ベンチを過ぎたあたりから、途切れることなく登山道が雪に覆われるようになりました。
 

 
 
富士山の雪もだいぶ溶けたように見えました。
 

 
 
合戦小屋に到着
 

 
 
トイレが解体されていました。
(代わりに仮設トイレがあります。)
 

 
 
合戦小屋を少し登った場所でチェーンスパイクを装着。
記憶では昨年の白馬大雪渓で使って以来です。
 

☆チェーンスパイクのブログ投稿☆

モンベル チェーンスパイク
☆楽天市場での検索結果
☆amazonでの検索結果
☆Yahoo!ショッピングでの検索結果

 
 
ピッケルも使うことにしました。
 

 
 
松本平の向こうに八ヶ岳
 

 
 
たぶん、浅間山
山頂方位盤で確認しようと思っていましたが忘れてしまいました・・・。
 

 
 
展望が全くないパターンも覚悟していましたが、
晴れ間もあり、ひょっとしたら晴れるかもという淡い期待を抱かせてくれる空模様でした。
 

 
 
久々のチェーンスパイクはバッチリと効きました。
 

 
 
槍ヶ岳の登場
 

 
 
松本市方面には黒い雲が。
 

 
 
雲も山も幾重にも重なっていました。
 

 
 
右手前に有明山
 

 
 
青空が雲に浸食されていくようでした。
写真中央奥には富士山が。
 

 
 
松本市の向こうに富士山
 

 
 
安曇野と松本市の田んぼに水がはられているのがよくわかりました。
(写真だとわかりづらいです。)
 

 
 
燕山荘をロックオン
 

 
 
鷲羽岳や水晶岳方向の北アルプス裏銀座。
まだまだ雪化粧をしています。
 

 
 
燕岳山頂方向
 

 
 
この日の登山者の中では1番乗りだったと思いますが、
日曜日の登山だったので、前日の小屋泊組で燕山荘前はにぎわっていました。
 

 
 
燕岳の山頂へと向かいます。
燕山荘を振り返って撮影。
 

 
 
北アルプス表銀座。槍ヶ岳も穂高岳もまだまだ雪化粧をしています。
 

 
 
槍ヶ岳にズーム
 

ゴールデンウィークに登ろうと思っていましたが、天気予報が思わしくなかったので断念しました。
 
 
イルカ岩と槍ヶ岳。何度見ても本当にイルカのような岩です。
 

 
 
残雪の向こうに燕岳のアングル
 

 
 
残雪と燕岳
 

 
 
北アルプス裏銀座の山々。雲が筋になっていました。
 

 
 
燕山荘から燕岳山頂までの稜線では何度か雷鳥に遭遇していますが、
この日は雷鳥は姿を現してくれませんでした。
 

 
 
岩に隠れる太陽
 

 
 
シュカブラの名残でしょうか。面白い雪の模様です。
 

 
 
槍ヶ岳方面
 

 
 
穂高岳にズーム。真ん中奥が奥穂高岳で、左奥のピークが前穂高岳です。
2つのピークを結ぶ稜線が吊り尾根です。
 

 
 
振り返って燕山荘にズーム
 

 
 
燕岳山頂
展望のない稜線も覚悟していましたが、
稜線、北アルプス表銀座、裏銀座を眺めることができてよかったです。
 

 
 
昨年の11月に稜線を歩いたときに無数のケルンがあった場所ですが、
冬の間に風に吹っ飛ばされてしまったのでしょうか。
 

 
 
燕岳山頂①
 

 
 
燕岳山頂②
 

 
 
メガネ岩と槍ヶ岳
 

 
 
北アルプス表銀座
右端に槍ヶ岳、中央に大天井岳
 

 
 
北アルプス裏銀座
 

 
 
大天井岳にズーム
肉眼では稜線上の大天荘を見ることができます。
 

 
 
北燕岳山頂と奥に立山、剱岳方面。
 

 
 
鹿島槍ヶ岳
 

 
 
左奥に立山、中央奥に剱岳だと思います。
 

 
 
燕岳山頂で記念撮影
ヒョウが顔に打ち付けてとてつもなく痛かったです。
 

頭にかぶってるやつの名称はバフでよかったでしょうか。
未だにかぶり方がよくわかりません・・・。
風が強すぎて、帽子が飛ばされそうだったのでバフをかぶりました。
 
 
燕岳を燕山荘とは逆側から撮影。
裏側も画になる燕岳。好きなアングルです。
 

 
 
お気に入りのお立ち台で自撮り。
 

 
 
イワヒバリでしょうか。残念ながら復路でも雷鳥は現れず。
 

 
 
燕山荘に戻ってきました。
 

 
 
燕山荘のテント場。まだまだ雪上テント泊です。
 

 
 
山男の石像と燕岳
 

 
 
燕山荘前の看板での自撮りは失敗
 

 
 
2往復目に向けて燕山荘でコーラを注入
 

 
 
天気予報通り天候が悪化してきました。
槍ヶ岳が見えなくなってきました。
 

 
 
槍ヶ岳では、きっとすさまじい風が吹いていることと思います。
 

 
 
1往復目の下山。
 

看板のとおりに守ってもらいたいです。
 
 
小屋泊組をサクサクと抜かせてもらい登山口に到着。
写真ではさわやかな感じに映っていますが、勢いよく雨が降っておりました。
 

 
 
休憩なしで燕岳合戦尾根の2往復目へと向かいます。
 

2往復登山をする理由としては、
長距離の日帰り縦走やトレランレースには登り返しがつきもので、
燕岳レベルの登山道を2往復することによって、
肉体的にも精神的にも登り返し耐性をつけることができるからです。

あとは、大雨であっても樹林帯であれば僕にとってはほぼ安全で、
「樹林帯~雨の日の危険な稜線」をルートとするのではなく、
「樹林帯~2往復目だけど安全な樹林帯」をルートとして選びます。

前回に燕岳を2往復したときも雨でしたし、
爺ヶ岳の柏原新道を2往復した時も雨でした。
 
 
2往復目はなかなか激しい雨風で、
合戦尾根の段階で進むか戻るか迷いましたが行けるところまで行ってみることにしました。
 

 
 
雪の上で雨風にさらされ、
靴も手袋もびしょ濡れになるというのはなかなか厳しいものがあります。
 

 
 
2往復目の燕山荘前の看板。
 

強風により、あっという間に体温が奪われていきます。
 
 
燕山荘前の山男の石像も雨に濡れています。
そして、奥に見えるはずの燕岳山頂も全くもって見ることができなくなりました。
 

 
 
小屋の中にいるか外にいるかで天国と地獄の違いがあります。
 

この日は悪天候でカップヌードルを食べることができなかったので、
燕山荘に入りコーラを注入しました。

小屋の中といえども濡れた体では体温が奪われていく一方なので、
コーラを飲んだらすぐに外へと戻りチェーンスパイクを装着して下山へと備えました。
だらだらとしていると指が動かなくなりチェーンスパイクを履くこともままならなくなってしまいます。
 
 
1往復目とは打って変わって、
北アルプス表銀座も、北アルプス裏銀座も全く見えなくなりました。
 

本当はこんな日の稜線では雷鳥に遭遇する可能性が高くなりますが、
雷鳥を探して歩く余裕も余力もない状況でした。
 
 
樹林帯に戻るまでは走れるところは小走りで下山しました。
 

 
 
アイゼンで踏まれた枝が痛々しいです。
 

 
 
合戦小屋まで戻ればほぼ安心。
 

 
 
樹林帯では風に吹きさらされることも無く、
雨の合戦尾根を満喫することができました。
 

 
 
下山後の登山口でカップヌードルを食べようと思っていましたが、
 

 
 
ずぶ濡れ状態&大雨だったので車の中で食べることにしました。
 

☆カップヌードルアルバム☆
 
 
 
久しぶりに自分の命を守ることに本気になった燕岳合戦尾根の2往復登山でした。
 
 
 
燕岳の登山口(中房温泉)情報など
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

1日に2回登った恵那山登山(2018年5月5日)

Pocket

 
 
 
1日に2回、恵那山に登ったというのは、
神坂峠登山口~恵那山~広河原登山口~恵那山~神坂峠を日帰りピストンしたことを意味します。

GWは山仲間と槍ヶ岳に登ろうと思っていましたが、
天候がよろしくないようだったので、山仲間が登ったことが無いという理由から恵那山登山に変更をしました。

山仲間とわたくしは、一昨年前のGWの槍ヶ岳で猛吹雪にあった経験がございます。

今回の山仲間は冬山に一緒にでかけることが多い山仲間で、
僕が重装備(30kgほど)、山仲間が一般的な冬山日帰り装備(20kg以下)の状態でちょうどペースが合います。

今回は僕は日帰り装備で登りたかったので、
登山は別行動にすることにしました。
 
 
百名山登山では広河原から登りましたが、この日は山仲間の要望で神坂峠から登ることに。
「縄文時代から通行があった峠」というところにロマンを感じます。
縄文時代と言えば紀元前です。


 
 

登山開始


 
 

空が青く、風は強かったものの心地よい冷たさで、とても爽やかな往路でした。


 
 

まだまだ恵那山までの距離があります。


 
 

登山口から30分ほどで鳥越峠に到着。


 
 

恵那山が少し近づいてきました。(鳥越峠からはだいぶ歩いています。)


 
 

神坂峠からのルート上にはウバナギと天狗ナギの2つの崩落地があるようで、
こちらはウバナギだと思われます。


 
 

右側の影になっている部分がウバナギだったと思います。


 
 

天狗ナギを超えたあたりだったと思いますが登山道が雪に覆われ始めました。


 
 

チェーンスパイクとピッケルを持っていましたがどちらも使用せずでした。


 
 

前宮コースと神坂峠ルートの分岐。
前宮コースは昔ながらの登山道のようです。

僕のペースでここまで約2時間かかりました。
 
 

深田久弥先生は前宮コースを歩かれたと思われます。


 
 

尾根上には無数の恵那神社が建立されています。


 
 

こちらは二乃宮です。六乃宮も建立されていました。


 
 

冷たく強い風が吹いていただけあって、樹氷を見ることができました。
予定通りに槍ヶ岳に登っていたとしたら猛吹雪に見舞われていたと思います。


 
 

登山道に落ちた樹氷


 
 

樹氷にズーム


 
 

恵那山山頂小屋


 
 

百名山登山で来た時同様に、「ビュースポット小屋裏の岩場」につられましたが、


 
 

小屋を見おろすことができるだけで、


 
 

これといった展望は無いように思います。


 
 

トイレ


 
 

恵那神社本宮


 
 

恵那山山頂に到着


 
 

胞山(えなさん)とも書くようです。


 
 

展望の無い展望台から、


 
 

山頂標を見おろします。


 
 

展望はありませんが青空が綺麗です。


 
 

山頂自撮り

このまま神坂峠に下山して富士見台まで歩くか、
別の登山口である広河原まで下山して、再び恵那山山頂まで登り直すか迷いました。

展望を選ぶのであれば富士見台ですが、
修行のためなら広河原まで一度下山し、再び恵那山山頂まで登り直す方を選ぶべきです。

迷いましたが、次の週末は休日出勤と田植えで山に行くことができない週末の予定だったので、
広河原を選び、翌週の分も山を歩き、標高差を稼ぐことにしました。
 
 

広河原へ下山中、山頂方向を振り返って撮影。

百名山登山で歩いた時と違い、とても爽やかでした。
 
 

思っていたよりも下山が長く感じました。
ということは登りはもっと長く感じるのでは?とたじろぎながらの下山でした。

前日にボルダリングをしていたので若干のだるさもありました。
 
 

冷たい川の水でリフレッシュ。


 
 

確かに広河原まで下りてきました。


 
 

さすがに広河原の駐車場まで歩くのは止めておきました。


 
 

恵那山広河原登山口の安全之碑


 
 

証拠写真


 
 

久しぶりに本格的な無雪期の登山道を歩いた気がします。

百名山登山で恵那山に登った時も同じことを思いました。

百名山登山では、西日本の山を登り終えてから恵那山にやってきました。
西日本の百名山(僕の歩いたルート)は階段などなど、人の手がだいぶ入っている印象だったので、
久々に手つかずの登山道を歩いた気がしました。
(登山道になっている時点で厳密には手つかずではありませんが。)

今回は、雪山登山にひと区切りをつけ、
丹沢、高尾山と木道、階段が多い山を歩いてからの恵那山だったので、
久々に手つかずの登山道を歩いた気がしました。
 
 

岩の上を歩く好きなタイプの登山道です。


 
 

広河原から恵那山山頂まではだいたい300m刻みで看板があります。

300mよりも遥かに長い距離を歩いているように思えるのは気のせいでしょうか。
 
 

百名山登山には無かった爽やかさを感じることができました。


 
 

今回、爽やかな恵那山を経験することができたから言えますが、

正直に言うと、恵那山は日本百名山全山日帰り登山を通して、
最も印象の悪い山でした。

理由は、登山道から山頂まで常に虫に付きまとわれたことと、
登山口から山頂まで、見応えのある展望が無かったからです。

今回、虫が発生するギリギリ前?の爽やかな緑の登山道を歩くことができ、
時期を変えて来て見て良かったなと思いました。
 
 

展望はあることはありますが、
ランドマーク的な3000m級の山はよくわからず、
かといって平地を見渡すことができるといったわけでもありません。


 
 

虫がいない、気温がまださほど高くない時期であれば、
爽やかな登山を満喫することができます。


 
 

この日2度目の恵那山山頂


 
 

稜線も展望はないですが、青い空と緑の木々が綺麗です。


 
 

恵那山山頂小屋の中を偵察。
暖炉は緊急時のみ使用するようにと書かれていました。

小屋の外は沢山の登山者で賑わっていましたが、
小屋の中は無人でした。

 
 

快適そうな内装ですが、キンチョールが常備されているということは・・・。


 
 

恵那山から神坂峠に戻っている時に撮影。
恵那山富士見台縦走路

細かいことですが、縦走ではなく従走になっています。
 
 

展望はあるのですが、見どころがありません。
しかしながら、山を歩いている実感は十分に味わうことができます。


 
 

立ち枯れた木々①


 
 

立ち枯れた木々②


 
 

考えてみると、他の山から恵那山を恵那山として見たことがございません。

機会があれば、しっかりと意識して恵那山を探してみたいと思います。
 
 

往路はアドレナリンがでているのであまり気が付きませんが、
体力を消耗している復路では、意外とアップダウンがあることに気付かされます。


 
 

笹の間に登山道が見えます。


 
 

振り返る恵那山。

右側から登って稜線を歩き、左側から広河原に下りました。
そして、再び同じ道を歩き返してここまで戻って参りました。
 
 

大判山

ベンチの端が写っていますが、ペンキ塗りたてと書かれていました。
以前に書かれたものがそのまま放置されているのかと思いきや、
リアルにペンキ塗りたてだったようです。
(山仲間が通った時に登山道整備の方がペンキを塗っていたようです。)
 
 

大判決山で恵那山を眺めながらのカップヌードル


 
 

青と緑が綺麗です。


 
 

振り返ると、登って下りて登って下りての長い道のりでした。


 
 

山と高原地図には無いですが、ヘブンスそのはらスキー場方面へのルートと思われます。


 
 

富士見台高原方向


 
 

うっすらと御嶽山

御嶽山が割と近くに見えるということは、
御嶽山からもしっかりと恵那山方面は見えているはずです。
 
 

神坂峠までの登り返しが意外ときつかったです。


 
 

緑に覆われた富士見台高原方面


 
 

神坂峠の登山口に到着

車で神坂峠に着く前に強清水を通過してきましたが、
強清水から登った方が恵那山が近いように感じました。
(山と高原地図と実際に食い違いがあるような気が・・・。実際のところはよくわかりません。)
 
 

何はともあれ、神坂峠から恵那山山頂までは6.8kmのようです。


 
 

このへん一帯は湯舟沢国有林というようです。


 
 

車に戻ると、山仲間のメモが残されていました。
どうやら2時間ほど前に車に戻り、富士見台高原へと向かったようでした。

僕は実質の恵那山2往復登山で疲れ果て、富士見台高原へと向かうガッツはありませんでした。
 
 
 
日本百名山ワースト1位だった印象はその時の印象として、
今回は、爽やかな恵那山を満喫することができました。

雪が残っている可能性はありますが、
恵那山には4月下旬から5月上旬ごろに登るのが良いのではないかなと思いました。

また、長丁場にはなりますが、広河原ルートよりも神坂峠からのルートが良いと思います。

ちなみに、車で30分ほどまったりしてると、山仲間は富士見台高原から戻ってきました。
 
 
 
☆ひと夏での日本百名山全山日帰り登山での恵那山登山はこちら☆
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

光城山で花見登山(2018年4月15日)

Pocket

 
 
 

4月12日(木)に仕事上のイベントがあり、
そのイベントをもって繁忙期もひと段落と思いきや、
金曜日も引き続き夜遅くまでの激務が待っておりました。

金曜日は早く帰れると勝手に思っていたので、
木曜日の仕事後に2時間ほどランニングをすると、とうに日付が変わっておりました・・・。

体力を使い果たしたところに不意打ちの金曜日激務で体調を崩し、
土曜日は山に行ける状況にあらず。

土曜日の夜には有り難いことに近所の方の紹介によるお見合い(呑み会)がございました。

体調不良のところにお見合いでのお酒のダメージがあり、
日曜日は完全に毎週末登山をつなぐための光城山登山でしたが、
ちょうど桜が咲いているタイミングで登山をすることができました。

実は木曜日のランニングは毎年恒例の松本城夜桜ランニングのつもりで、
松本城へと走ったのであります。

しかしながら、激務に追われているうちに松本城の桜はとうに散っておりました・・・。

それだけに、雨でこそありましたが、嬉しい光城山花見登山となりました。
 
 

松本城の桜は完全に散ってしまっておりましたが、
ホームマウンテンの光城山では桜が咲いておりました。


 
 

花の季節がやってきました。


 
 

登山口付近は桜の散り始めといったところでした。


 
 

ハナモモ


 
 

雨に濡れるハナモモ


 
 

写真の見た目的には春の華やかさはないですが、


 
 

ホームマウンテンの桜を見ることができただけで充分です。


 
 

いつもは登山口~山頂を複数回往復するので何回もタッチをする山頂標ですが、
この日は体調不良のため1回のみのタッチ。


 
 

雨も落ち着き、白馬方面の山が見えました。(写真中央に爺ヶ岳)


 
 

常念岳は見えず。


 
 

オオヤマザクラ


 
 

オオヤマザクラ①


 
 

オオヤマザクラ②


 
 

登山者休憩所を入れての定点撮影


 
 

爺ヶ岳以外は見ることができずでした。
(この写真には爺ヶ岳は写っていません。)


 
 

桜の花びら。


 
 

花見カップヌードル

☆カップヌードルアルバム☆
 
 

桜の向こうに安曇野市。


 
 

毎年、桜と一緒に咲いている花(椿?)


 
 
 
ブログ投稿をしていて気が付きましたが、
今年は毎年恒例の光城山夜桜登山をすることができませんでした・・・。

新たな職場で忙殺されているなか、
ホームマウンテンでの花見登山をできただけでも良しとすることにしました。
 
 
 
☆光城山の登山口情報☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

富士山登山(4月初旬の残雪期)2018年4月8日

Pocket

 
 
 
積雪期の富士山は世界でもトップレベルに危険な山と言われることもありますが、
残雪期の富士山も雪崩や落石などの危険な要素が多い状況であります。

ただ、5合目~6合目まではそれほど危険もなく登ることができ、
それでいて見ごたえ十分な雪景色を眺めることができるので、
5~6合目までの冬の富士山登山は個人的にはおすすめです。

 
ここ2~3年ほど雪の富士山を眺めることができていなかったので、
今年こそ登ろうと思っていましたが、

職場の繁忙期は続くよどこまでも・・・、な状況でした。

平日、激務にも関わらず週末の金曜日は朝4時まで呑み会でした・・・。
(職場の呑み会です。みんなタフすぎです・・・)

土曜日は午後6時まで爆睡。

我が家を夜12時ごろに出発し、吉田口の登山口である馬返しに着いたのが日曜日の午前3時頃。

呑み会による時差ボケと仕事疲れから、馬返しで3時間ほど爆睡してしまいました。
 

登山前のおにぎりを食べているとパトカーがやってきて、
登山に関するひととおりの質問をされました。

冬はそこそこの数の登山者がいる馬返し駐車場ですが、
この日の駐車場には僕の車と後から来た2名1組の車の計2台だけでした。
(冬の富士山は極めて危険なので、大部分の登山者は5合目くらいまでの登山だと思います。)
 
 

馬返しの登山口

ここまでも、ここからも富士登山競争のコースです。

富士登山競争は富士吉田市役所をスタートし、
富士山頂(吉田口山頂)までの約21キロを一気に駆け抜けるレースです。

山と高原地図のコースタイムでは12時間30分ほどのルートです。

本当は毎年出場したいレースですが、
約21キロを駆け上がる山頂コースにはまだ1度しか出場をしたことがありません。
(ちなみにその時の完走タイムは3時間40分でした。)

今年は富士登山競争のエントリー日にアメリカ旅行に出かけていたため、
エントリーをすることができませんでした・・・。

富士吉田市役所をスタートし、馬返しまでの登りロードが個人的には苦しくて嫌いな区間ですが、
エントリーをしていないため、今年はその苦しさを味わうことができない寂しさを感じながら馬返しまで車を運転しました。
 
 

馬返しでは狛犬ではなく猿が出迎えてくれます。


 
 

富士山山頂まで512分(おそらく、日本最高峰の剣ヶ峰までではなく、吉田口山頂までの時間)


 
 

1合目までは15分もかかりません。


 
 

富士登山競争では、苦しいロードを終え、登山を開始することができる嬉しい区間です。


 
 

4月の初旬でも普通に氷が張っています。


 
 

勢いよく足で踏んだら、下は深い水たまりでした・・・。
冬靴なので問題ないですが。


 
 

角度のあるスケートリンク状態です。


 
 

河口湖

河口湖大橋もしっかりと目にすることができます。
 
 

4合目に入る頃には登山道はほぼ雪に覆われます。

雪が溶けるころには富士登山競争の試走をするランナーで大賑わいな吉田ルートですが、
さすがにまだトレイルランナーの姿はありません。

というか、登山者の姿すらありませんでした。
 
 

表面が全面的に凍っている登山道。


 
 

雪解け水が登山道を削る様子がよくわかりました。


 
 

5合目付近

道路は完全にスケートリンクです。
(夏でも作業用車両のみが通れる道路です。)
 
 

スバルライン5合目が見えました。(スバルラインはこの日の時点では4合目までの開通でした。)

一度、人っ子一人いないスバルライン5合目に行ってみたい気もします。
 
 

落石が起きています。

この時期は雪解け水で山の斜面が削られるので落石に注意をしないといけません。

そして、雪の上を転がる石は音がしないので非常に危険なのであります。
 
 

ワイルドな車の停め方です。


 
 

冬の間は平地でタイヤを使っているのでしょうか。


 
 

5合目佐藤小屋

佐藤小屋で12本爪アイゼンを装着しピッケルを持ちました。
 
 

入口は完全に閉ざされていました。

冬も一時的に営業しているような気もしましたが。(要事前連絡)
 
 

山頂方向は雲に覆われていました。

凄まじい風が吹いていることが予想されましたが、
とりあえず、危険が無く行けるところまで行くことにしました。
 
 

山頂方向を覆うように雲が流れ続けていました。


 
 

六角堂

5合目から6合目までの登りも地味にきついです。
 
 

ハイシーズンは大賑わいの6合目の富士山安全指導センター


 
 

山中湖と、手前は陸上自衛隊北富士演習場


 
 

広大な演習場ですが、全面的に野焼きをしていました。


 
 

雪はあるもののどことなく暖かみがある雪です。


 
 

雪に覆われた夏道を登ります。


 
 

吉田ルートの登山道と下山道が出合う場所。


 
 

本当にすごい勢いで野焼きをしていました。

さすがに肉眼では見えませんでしたが、
自衛隊だけに火炎放射器などをつかっているのでしょうか。

そして、延焼させない技術に感心いたしました。
 
 

馬返しから約30キロの重装備で登っているので、
とりあえずの目標であるトモエ館?がなかなか近づきませんでした。


 
 

やっと目標としていた建屋が近づいてきました。


 
 

雪に埋まる山小屋


 
 

次に目指すは鳥居荘


 
 

鳥居を通過します


 
 

雪がある時期は、小屋の周辺が雪の急斜面になっているので危険です。


 
 

雲の中に入りましたが意外にも風は無いに等しい状況でした。


 
 

不本意ながら、ザックをデポして行けるところまで登ることにしました。


 
 

うしろに1組だけ登山者がいましたが、7合目まで登ることなく引き返していました。


 
 

残雪期の富士山で、雲に覆われた状態で一人ぼっちというのはなかなかなスリルでした。


 
 

何度か経験している強風の厳冬期乗鞍岳1人ぼっちの状況と同じようなスリルと緊張感です。


 
 

気温も高く風もほとんどありませんでした。


 
 

時間さえあれば吉田口山頂まで行けそうな気がしましたが、


 
 

次の日も激務が待っていること間違いなしな状況だったので、

11時を過ぎた頃に引き返すことにしました。
 
 

雪に亀裂が。

斜面上部だったとしたら非常にマズイものだと思いますが、
山小屋の屋根のすぐ上にあったので、危険はないと判断しました。
 
 

山頂方向


 
 

この日の雲よりは高い場所まで登りました。


 
 

山頂方向は雲の動きが活発です。


 
 

気が抜けない下山①


 
 

気が抜けない下山②


 
 

燃え続ける自衛隊の演習場


 
 

野焼きによって黒く焼けた部分がよくわかります。


 
 

たぶん小御岳流しと思われる場所。


 
 

ピッケルの記念撮影


 
 

夏道を外れて小御岳流しに出てみました。

最高のゲレンデのように思えます。
 
 

以前、冬の富士山で出会った方は小御岳流しを直登していました。
富士吉田に在住の地元の方でしたが、小御岳流しは落石のリスクが高いと言われていました。


 
 

小御岳流し①


 
 

小御岳流し②


 
 

約30キロのザックを背負っての1合目からの富士登山は非常によい修行です。


 
 

石が転がってきた痕跡が雪に残っていました。


 
 

野焼きが完了したようで、やっと山中湖が見えるようになりました。


 
 

1合目~5合目まで点在する朽ち果てて倒壊した小屋

勝手な想像ですが、
富士スバルラインが開通する前は吉田口1合目からの富士登山が主流で、
沢山の登山者で吉田ルート1合目~5合目は大賑わいだったのではないかなと思っています。

時期としては昭和前半くらいまでといったところでしょうか。勝手な想像ですが。
 
 

2~3年前までは辛うじて原型をとどめていた建物も倒壊しております。
右側の鳥居のすぐ前まで小屋が建っていました。


 
 

無事に下山し、帰りの双葉サービスエリアの展望台から眺めた富士山。


 
 

今年は残雪期に山頂まで登りたいと思っています。

あとは、海抜0mからの日帰り富士登山(80kmくらい?)にも興味がありますが、
たぶん70kmくらいは登山ではなくロードなので、どうしたもんかなと思っているところでございます。
 
 

同じく双葉からの甲斐駒ヶ岳。


 
 
昨年は日本百名山全山日帰り登山に挑戦していたため、
富士スバルライン5合目からの日帰り富士登山をしたのみでしたが、

今年は5~6月の残雪期に剣ヶ峰まで登り、
夏には毎年恒例の金鳥居からの日帰り富士登山(往復約40km)をしたいと思います。

海抜0mからの日帰り富士登山は検討の余地ありです。
 
 
 
☆富士山登山の登山口情報(吉田口馬返し)☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

丹沢日帰り登山(大倉~塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳~臼ヶ岳の日帰りピストン)2018年4月

Pocket

 
 
 

仕事が超繁忙期で毎日22時まで仕事からの土曜日も1日出勤してからの丹沢登山。

若干仕事に支障が出ている気もしますが・・・、
意地でも仕事後のランニングは続けています。

ランニングを終えて家に戻ると日付が変わっていることが多々あります。

 
丹沢登山の日は、土曜日に仕事を終えてから用事を済ませ、
そのまま登山口となる大倉へと向かいました。

丹沢登山の際にいつも車を停めているコインパーキングで3時間ほど寝てから登山開始。

5時15分頃に登山開始
 
 

大きく明るい月


 
 

丹沢大山国定公園


 
 

丹沢クリステルさんの、


 
 

お出迎えを受けます。


 
 

この時期はヒルの脅威に怯えることなる丹沢を満喫することができます。

看板によるとヒルの活動時期は5月から10月
 
 

凄まじい繁殖能力です。


 
 

大倉尾根の好きな光景


 
 

太陽が昇ってきました。

本当は暗いうちから登山を開始したいのですが、
我が家から丹沢の登山口まで2時間30分ほどかかることもあり、
どうしても登山開始が5時を過ぎてしまいます。
 
 

見晴茶屋から、


 
 

本格的な登りが始まります。


 
 

山桜でしょうか。


 
 

もみじの下を歩く木道


 
 

大倉尾根もみじの道づくり事業により植樹されたもみじだそうです。


 
 

駒止茶屋


 
 

大倉尾根で好きな登山道の光景


 
 

戸沢方面も気になりますが、大倉尾根ルート一筋です。


 
 

戸沢との分岐(上の写真と同じ場所)で雪が出てきました。


 
 

大倉尾根名物?の階段。

個人的には階段は得意な方です。
 
 

階段を登り切ると花立山荘に到着です。

いつもは土曜日の早朝に通過するせいか、
往路では営業していないことが多いですが、日曜日の登山だったので営業していました。
 
 

奥に富士山が見えますが霞んでます。


 
 

富士山にズーム


 
 

秦野市とその向こうに海ですが、やはり霞んでいます。

11月にフォロワーさんと登った時には伊豆大島などを本当に綺麗に見ることができました。
 
 

鍋焼きうどんで有名な鍋割山との分岐の金冷し


 
 

塔ノ岳山頂に到着

日曜日だと、登山口からは一番乗りでも山頂独り占めと言うわけにはいきませんでした。
(小屋泊をされた登山者で山頂は既に賑わっていました。)

あと、僕よりも先に登っていたトレイルランナーさんが実はいたっぽいです。
 
 

塔の岳の山頂標。個人的には塔と岳の間は「の」ではなく「ノ」派です。


 
 

自撮り


 
 

目指す蛭ヶ岳(左側)


 
 

塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳と丹沢主脈線を歩きます。


 
 

丹沢登山1年目、2年目は天候に恵まれず展望の無い雨の中を歩きました。
その思い出が印象強いので、展望のある丹沢登山にとても喜びを覚えます。


 
 

富士山


 
 

たぶん大山だと思います。


 
 

カモシカの毛でしょうか。(塔ノ岳~丹沢山には生息していないかもしれませんが。)


 
 

丹沢山に到着


 
 

みやま山荘でコーラをがぶ飲みとポカリをボトルに補給しました。

みやま山荘が丹沢登山での補給ポイントとなっています。
 
 

玄倉林道の斜面崩落に伴う通行止めのお知らせ


 
 

丹沢山から蛭ヶ岳までは3.4km


 
 

河原のような場所はユーシン?


 
 

富士山


 
 

丹沢山から塔ノ岳に向かう登山道は笹の緑が綺麗です。


 
 

振り返って、真ん中のピークが塔ノ岳です。肉眼では尊仏山荘が見えます。


 
 

たぶん、檜洞丸と手前に岩肌が見えている山が臼ヶ岳


 
 

鬼ヶ岩から見る蛭ヶ岳


 
 

蛭ヶ岳の山頂標と富士山


 
 

昨年の、日本百名山全山日帰り登山の旅(146日間で踏破)は蛭ヶ岳からスタートしました。
100座目に登った雨飾山から、約半年ぶりに1座目に登った丹沢(蛭ヶ岳)に戻ってきました。

☆ひと夏での日本百名山全山日帰り登山(146日間で達成)1座目の丹沢登山☆
 
 

富士山を指さして自撮り


 
 

丹沢に登り始めた当初から大倉~蛭ヶ岳~檜洞丸(ひのきぼらまる)の日帰りピストンを目標としていましたが、
いつの間にやら、大倉~蛭ヶ岳で満足をするようになっていました。
(前述したとおり、天候に恵まれない年が序盤に続いたというのもあり・・・。)

ここ数回の丹沢登山では檜洞丸までの代わりに、
大倉~蛭ヶ岳の復路に、金冷やし~鍋割山のピストンを加えるようになっていましたが、
この日は檜洞丸方面に足を伸ばしてみることにしました。
 
 

蛭ヶ岳から檜洞丸まではアップダウンが続く4.6km

往復9km以上なので、とりあえず途中の臼ヶ岳まで行ってみることにしました。
(仕事の疲れが溜まっている&寝不足なので無理をせずに。)
 
 

蛭ヶ岳からミカゲ沢ノ頭方面は、急坂を下る登山道

山と高原地図に危険マークが付いているだけあって、
高度感はないものの注意が必要な急斜面でした。
(蛭ヶ岳から下ってきた登山道を振り返って撮影。鎖もあります。)

そして、急斜面を下ったということは、復路では急斜面を登るということを意味いたします・・・。
 
 

塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳と進めば進むほど登山者は減りますが、
その更に先の、蛭ヶ岳~臼ヶ岳はとても静かな登山道でした。


 
 

せっかくなので、臼ヶ岳でも懐かしのカードで記念撮影。

おそらく、臼ヶ岳~檜洞丸もアップダウンがあってきついのでしょうが、
仕事疲れの無い万全の態勢であれば大倉~檜洞丸の日帰りピストンもいけそうな感触をつかむことができました。

この日は、臼ヶ岳までで止めておきました。
 
 

臼ヶ岳側から見た蛭ヶ岳

登り返さないといけない蛭ヶ岳は本当にそびえ立っていました。

今まででトップレベルにそびえ立っていた登り返しは、
唐沢鉱泉~天狗岳~硫黄岳~横岳~赤岳~阿弥陀岳を日帰りピストンした時の、
復路で登り返した赤岳でしたが、

この時の蛭ヶ岳も赤岳に匹敵するレベルの貫禄でした。
(赤岳の方が蛭ヶ岳よりも1000m近く高いですが。)
 
 

臼ヶ岳から蛭ヶ岳の戻りも静かな登山道でした。


 
 

丹沢の静かな一面を見ることができました。


 
 

蛭ヶ岳への登り返し。

普通、鎖場などは写真に撮ると実際よりも大したことが無いように写ることが多いですが、
この場所は実際よりも写真で見た方が危険個所のように写っています。
 
 

富士山と檜洞丸(たぶん)

檜洞丸と思われる山の山頂付近に青い屋根の小屋が見えていました。
 
 

登り返しが大変でしたが、蛭ヶ岳に戻ってカップヌードル。

☆カップヌードルアルバム☆
 
 

姫次方面も行ってみたいところですが、この先も多分行くことはないでしょう。


 
 

蛭ヶ岳山荘


 
 

宮ヶ瀬湖でしょうか。


 
 

蛭ヶ岳から見ると遥か彼方に見える尊仏山荘。

そして、尊仏山荘はゴールではないという事実。
 
 

蛭ヶ岳~丹沢山の稜線で鷲?が集団で飛んでいた場所がありました。

1羽を写真におさめるだけで精いっぱいでした。
 
 

雪が溶けてぐちゃぐちやな登山道。

この時期らしい光景です。
 
 

少し離れた場所から撮った鬼ヶ岩


 
 

鬼ヶ岩方面から振り返って撮った蛭ヶ岳


 
 

鬼ヶ岩


 
 

蛭ヶ岳と丹沢山の間にある不動ノ峰


 
 

不動ノ峰はこんな感じ。


 
 

不動ノ峰休憩所


 
 

笹の緑が綺麗な丹沢①


 
 

笹の緑が綺麗な丹沢②


 
 

笹の緑が綺麗な丹沢③


 
 

丹沢山の山頂標を独り占め


 
 

個人的にとても縁起の良い数字です。


 
 

たぶん、大山

鳥取の大山(だいせん)と丹沢の大山(おおやま)

「大山&鳥取」のgoogle検索数は約94万5千件で、
「大山&丹沢」のgoogle検索数は約41万件ほどでした。

ちなみに「丹沢」だけの検索数は約245万件でした。

検索数が全てではありませんが。
 
 

塔ノ岳から遥か彼方に蛭ヶ岳(中央奥)


 
 

かすかに蛭ヶ岳山荘が見えています。

そして、下って登った蛭ヶ岳の左斜面を感慨深く眺めました。
 
 

賑わいを増している塔ノ岳山頂


 
 

塔ノ岳山頂の日時計が示す通り、時間は12時30分でした。


 
 

大山方向


 
 

平地は霞んでおります。


 
 

賑わう塔ノ岳山頂を後にしましたが、


 
 

やっぱりもう一度戻って、蛭ヶ岳から臼ヶ岳の稜線に目をやりました。

やはり自分で歩いた場所、きつかった場所は景色に重みが増します。
 
 

左の方が大倉尾根方面で右の方が鍋割山方面のはずです。


 
 

直近2回の大倉~蛭ヶ岳登山では復路に金冷し~鍋割山のピストンをしましたが今回はスルー。


 
 

暑いくらいだったので、花立山荘のかき氷が食べたかったです。


 
 

復路は大観望ルートを歩きました。


 
 

大倉高原山の家のテント場


 
 

大観望からの景色


 
 

行政的には閉鎖されている大倉高原山の家


 
 

毎年、目にする椿?の花。


 
 

無事に下山


 
 

丹沢から下山して、登山口である秦野戸川公園のチューリップと、


 
 

桜を見て、毎年、春を感じています。


 
 

丹沢賛歌


 
 

どんぐりハウスは廃業したのでしょうか。


 
 
 
今年も春の丹沢を満喫することができました。

そして、次回こそは大倉~檜洞丸の日帰りピストンに臨みたいと思いました。
 
 
 
☆丹沢登山の登山口情報☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

光城山・長峰山5往復トレーニング

Pocket

 
 
 

3月17日から21日にかけて3泊5日でアメリカに行った後、
仕事をはさんで丸3日間が経過してからの登山。

アメリアと日本の時差が12時間近くあったので体はなんとなくフワフワとしていました。

フワフワを解消するためにホームマウンテンの光城山・長峰山でトレーニングをしました。

 
この時期でも5時30分では一番乗りには遅いようでした。
常連と思われる方の車が2台ほど既に停められていました。


 

光城山山頂の登山者休憩所を定点撮影。

数日前に降ったこの時期に特有の重たい雪が少し残っていました。
 

光城山山頂

この日はここに5回タッチをしました。
 

朝焼けに染まる北アルプス

尖っている山が常念岳
 

朝焼けに染まる常念岳にズーム。

右側に本当にかすかに槍ヶ岳が写っております。
 

長峰山の展望台


 

長峰山展望台のライブカメラ

以前、ツイッターのフォロワーさんがこのカメラをとおしてわたくしをリアルタイムで見ていたようです。
 

長峰山で自撮り


 

常念岳

まだ陽が登り切っておらず、安曇野の半分が山の日陰になっています。
 

餓鬼岳


 

有明山(信濃富士)とその後ろに燕岳の稜線


 

中央に蝶ヶ岳と右側に常念岳


 

常念岳と槍ヶ岳


 

上の写真の山景色


 

この日の中では最も槍ヶ岳が見やすく撮れている写真だと思います。

それでもわかりづらいですが。
 

登山道もすっかり春らしくなりました。


 

何往復かしているうちに太陽が昇り切りました。


 

天気は良いですが常念岳には雪煙が。

常念岳登山をするにはそうとうハードなコンディションだと思われます。
 

常念岳から有明山まで。


 

蝶ヶ岳を主役に撮影


 

光城山山頂の古峯神社

週末に登山ができない時、毎週登山をつなぐために、
平日の光城山に夜間登山に来ることがありますが、暗い中で見る古峯神社は不気味です。
 

古峯神社のムーディーな電灯

映像でしょうか?夜になると火がゆらゆらと燃えているように見えるタイプです。
 

だいぶ春らしくなりましたが、朝のうちはうっすらと氷が張っていました。


 

3往復目の長峰山山頂


 

常念岳を中心に


 

長峰山展望台で額縁におさめられたかのような北アルプス


 

冬の面影が一切ない登山道


 

光城山~長峰山の冬季通行止めも解除されていました。


 

4往復目の長峰山山頂


 

北アルプスと安曇野市


 

針ノ木岳(左)と蓮華岳


 

白馬方面

爺ヶ岳(左の双耳峰)、鹿島槍ヶ岳(中央の双耳峰)、五竜岳、
右端に白馬三山(白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳)
 

長峰山のパラグライダー発地点からの北アルプスと安曇野市


 

北アルプスと安曇野市を眺めながらのカップヌードル

☆山頂カップヌードルアルバム☆
 

北穂高岳と南岳


 

上の案内板の景色

北穂高岳と南岳の間には大キレットがありますが、長峰山からだと北穂と南岳の間の距離がとても短く見えます。
 

5往復目の長峰山にはハンググライダーが。


 

飛び立つ場面は見ることができませんでした。

北アルプスに向かって飛び立つことができる最高の発地点だと思います。
 

白馬方面の北アルプス


 

5往復目の長峰山で山仲間(右側)を発見。


 

邪魔しちゃ悪いので、後ろからこっそりツーショットを撮影しておきました。

以前、丹沢の鍋割山でバッタリと遭遇したことがある山仲間で、
これで2度目の偶然の遭遇です。
 

僕が勝手に言っているだけですが、常念ベンチ


 

朝の常念ベンチと、


 

昼の常念ベンチ


 

光城山~長峰山5往復トレ完了。

 
5往復している中で光城山の常連さんが声をかけてくれ、
先日、光城山登山口~光城山山頂を9往復している登山者がいたと教えてくれました。

どうやら、わたくしの8往復の記録が抜かれてしまったようです。

秋にでも10往復をしたいと思います。

8往復でも十分にまともじゃないと思いますが、
それ以上にまともでは無い方がいたようで、なんだか嬉しくなりました。

 

 
 
 
☆光城山の登山口情報☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket