山旅の記録 詳細」カテゴリーアーカイブ

快晴の常念岳登山(2018年10月13日)

Pocket

 
 
 
 
 
毎年登っている常念岳。
今年は山仲間と登りました。
紅葉は既に終わり、沢にかけられた木の橋には霜が降りており、
晩秋を感じさせる登山となりました。
今年は本当に天候に恵まれることが少ない週末でしたが、
この日は秋晴れの空のもと、槍ヶ岳~大キレット~穂高岳の稜線や裏銀座方面を、常念乗越~常念岳山頂から見渡すことができました。
夏に歩いた山々の稜線を眺めることができ、
今年の夏山登山に思いを馳せることができました。
個人的に常念乗越の光景がとても好きですが、乗越の光景にアクセントを与えてくれていた道標が倒れてしまっていたのが残念でした。
僕の身長以上の高さのあるずっしりとした道標でしたが、稜線の過酷な自然状況によって倒されたのだと思います。
 
 
常念小屋は来年が100周年のようです。
100周年にあわせて道標も復旧すればよいなと思いました。
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

紅葉見ごろの焼岳登山(2018年10月6日 新中の湯ルート )

Pocket

 
 
 
 
山仲間との焼岳登山。
雨予報の日の登山を好まない山仲間との山行だったので、それほどコースタイムが長くない焼岳をチョイス。
展望が一切ない登山も覚悟していましたが、幸運にも焼岳北峰山頂では時々、雲が切れ、槍ヶ岳や笠ヶ岳を眺めることができました。
そして、焼岳北峰山頂では、昨年の日本百名山全山日帰り登山の後方羊蹄山(北海道)以来のブロッケン現象を見ることができました。
紅葉も見ごろで、一面の笹の緑色の上に赤色に色づいた木々が印象的でした。
山頂直下の噴気孔はいつもながらに硫黄のにおいがしましたが、見た目にはいつもよりも大人しい感じ。
新中の湯ルートからの焼岳登山というと、大量発生の羽虫が印象的ですが、10月に入っているせいか、その姿は全くありませんでした。
 
 
 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

夜明け前に下山完了した光城山登山(2018年9月30日)

Pocket

 
 
 
この日はかねてからトレーニングをしてきた成果を発揮するはずの松本マラソン(フルマラソン)のはずでしたが、台風の影響でまさかの中止に・・・。残念で仕方ありませんが、まあ、こればかりは仕方のないことです。
この週末は、松本マラソンに出場つもりだったので元々、ノーマウンテンな週末の予定でした。
(あわよくばフルマラソンを完走した後に光城山に登ろうなどとは思っていましたが。)
松本マラソン出場に意識を向けており、山に向けての心の準備ができていなかったので、
朝から平地で色々と用事を済ます週末にしようと思いましたが・・・。
やはり毎週末登山を習慣としていると、週末は自然と体が山に向かってしまいます。
朝8時から予定を入れていたので、午前3時に起きて予定時間前に光城山に登ることにしました。
結果、午前5時には暗闇の中、無事に光城山を下山することができたました。
仕事後の夜に光城山に向かい、暗い時間に登り暗い時間に下りてくると言うことはありましたが、
夜明け前に登り夜明け前に下山をするという登山は初めての経験でした。
ただ、雨の中の暗闇の登山といえども常連さんが多い光城山では、
下山をしている時に、懐中電灯を持った地元民と思われる方が登ってこられました。
他に印象的だったのは、登山開始時に駐車場に着くと、鹿の親子がいたのと、うさぎがいました。
光城山の山中ではカモシカを見たこともありますが、住宅街からほど近い場所にある駐車場に鹿が居たのは驚きでした。
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

上高地発着での前穂高岳・奥穂高岳・涸沢の日帰り周遊登山
(2018年9月22日)

Pocket

 
 
 
 
毎年9月最終週に予定している上高地発着での穂高岳~涸沢~横尾の日帰り周遊ですが、
今年は9月最終週に開催される松本マラソンにエントリーしていたため例年よりも1週前に歩いてきました。
 
 
紅葉の北アルプス涸沢カールと涸沢槍
 
 
 

上高地~岳沢

 
雨の上高地といえども、3連休ということもあってか登山者で賑わっていた上高地のバスターミナル。
中国地方在住のツイッター仲間とまさかの遭遇。
登山開始から大雨で、登山道は川と化していた。
水が流れているところを見たことが無かった岳沢もこの日は物凄い勢いで水が流れており、渡渉をためらう登山者が続出。(結果的にどうしたかは不明。)
僕も引き返そうかと思ったが、よくよく考えると、岳沢を渡るのは岳沢小屋に行くためだけであって、重太郎新道に進むには沢を渡る必要は無く、沢を遡上すればよいことに気が付く。
結果的に、岳沢小屋をスルー(渡渉回避)して先へと進むことができた。
 
 
 

岳沢~重太郎新道~紀美子平

 
雨の中、鎖場、ハシゴ、岩場を慎重に進む。
風がそれほど無かったので、進むことを決断。
万が一、戻る場合はスリッピーな登山道を神経を使いながら下山する必要があり、
進んだ場合にはエスケープルートは無いという状況。
カモシカの立場と雷鳥広場の間で雷鳥に会うことができた。
珍しく単独の雷鳥だった。
他の登山者は僕と同じく前穂高岳方面へと進む2組のみだった。
 
 
 

紀美子平~前穂高岳山頂~紀美子平

 
雨の中、紀美子平~前穂高岳山頂を歩くかどうか迷うも風がそれほどなかったので、行けるところまで行ってみることに。
晴れていれば無数のデポザックが置かれている紀美子平もさすがにデポザックは全くなし。
道中に1箇所ある、晴れていても神経を使う岩場で進むか戻るか1分ほど迷うも結局登ることに。(戻れなくなったらどうしようという不安でいっぱいだった・・・)
前穂高岳山頂は展望は一切なく、紀美子平からの登下山を含め他の登山者は誰もいなかった。
途中で一瞬、雲の向こうに太陽の姿を確認することができた。
 
 
 

紀美子平~吊尾根~奥穂高岳

 
最低コルからの登り返しが少しきつい吊尾根。
重太郎新道で少しお話しをした方が、前穂高岳をスルーして先に歩いていたようで再び遭遇。
低体温症になりそうだとレインウェアの下にダウンを着こんでいた。
もう少しで奥穂高岳山頂ですよと伝えると元気を回復していたようで安心。
奥穂高岳山頂は登山者全くおらず。少し待っていると、先ほどの方が登ってきたのでひと安心。
二人で写真を撮り合った。
軽快に歩いていた登山者だったので小屋泊かと思いきや、テント泊とのこと。
北アルプスを4泊の日程で縦走したこともあると話をしてくれ、雨の重太郎新道~吊尾根~穂高岳に突入するだけのことはあると納得。ジャンダルムを視野に入れた山行計画をたてられていた。
 
 
 

奥穂高岳~穂高岳山荘~涸沢岳

 
上高地を出発してから奥穂高岳山頂まで雨風の中の登山で展望は無いに等しかったが、奥穂高岳山頂をあとにするとまさかの好転。
標高が上がることにより雲の層を抜けて晴れるということは時々あるが、稜線歩きで標高がさほど変わらない状況でここまで天気が急変するのは珍しい。
さすがにこのままザイテングラートを下りるのは悔しいので、涸沢岳の山頂に立つことに。
涸沢岳山頂からは幻ではないかと思える快晴のもと、槍穂高の眺めを満喫することができた。
奥穂から穂高岳山荘に向かっている時には雷鳥親子に会うことができた。
昨年の日本百名山全山日帰り登山では、何故かトイレに行きたくなるタイプの腹痛に襲われ、重太郎新道から悶絶しながらやっとのことで穂高岳山荘のトイレへとたどり着いた記憶がよみがえった。
 
 
 

涸沢岳~穂高岳山荘~ザイテングラート~涸沢

 
連休だけあって沢山の登山者が登ってきた。
涸沢は相変わらずの賑わいで、毎回毎回思うが、涸沢ヒュッテのテラスでくつろいでいる登山者が本当にうらやましく、毎度のごとく後ろ髪をひかれる思いで涸沢を後にした。
色づき始めた涸沢カールの紅葉と、その奥に見える涸沢槍をはじめとした穂高岳の稜線が綺麗だった。
 
 
 

涸沢~横尾

 
毎度のことながら物凄い数の登山者とすれ違った。
500人以上くらい?
 
 
 

横尾~上高地

 
横尾から上高地は本当に長い。
最終バスを気にしながらの早歩き。
ここでも毎度のごとく、キャリーバックをひいた登山者とすれ違った。
どう考えても担いだ方が楽だと思いますが・・・。
 
 
少し早いとはいえ紅葉の始まった涸沢カールを眺めることができ、
山行前半からすると信じられない青空が広がり、
今年もまたお気に入りのルートを歩くことができて良かった。
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

天城山日帰り登山からの伊豆でビール(2018年9月16日)

Pocket

 
 
 
昨年の「ひと夏での日本百名山全山日帰り登山」で丹沢に次いで2座目に登った思い出深い天城山。
まさか、こんなに早く再び登ることになるとは思っていませんでした。

昨年の登山では、野犬?についてこられ、冷や汗をかきながらの登山となったことを鮮明に覚えています。

☆ひと夏での日本百名山全山日帰り登山 天城山登山のブログ投稿はこちら☆
 
 
昨年に登った時も思いましたが、
思っている以上にきつい天城山。

今年もまた思っていた以上にきつい天城山登山でした。

緑が眩しく、稜線からは富士山の山頂を眺めることもでき、
昨年よりも天候が良い中で天城山登山をすることができました。

眼下に眺めることができる天城高原ゴルフコースも見応えがありました。
 
山仲間との山行で、運転をお任せすることができたので、
帰りには伊豆の温泉&道の駅をビール片手に満喫させてもらうことができました。
 
 
 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
赤沢温泉
 
日帰り入浴が2000円ほどしましたが、それだけの価値がある絶景温泉でした。
露天風呂から太平洋を一望することができます。

 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

金鳥居からの日帰り富士山剣ヶ峰登山(2018年9月9日)

Pocket

 
 
 
 
 
金鳥居からの日帰り富士山剣ヶ峰登山は、標高差約3000m(累積標高差6000m)、距離は往復約42kmと気が遠くなるものがあります。
 
 

 
 
 
気が遠くなるような日本一高い場所への道のりをひたすら突き進むところに金鳥居からの日帰り富士山登山の魅力があるのだと思います。
 
日本一過酷とも言われる富士登山競争が人気のレースとなっているのは、そんなわけもあるのではないでしょうか。
(富士登山競争は富士吉田市役所~金鳥居~吉田口山頂がレースコースです。)
 
 
 

金鳥居~北口本宮富士浅間神社~吉田遊歩道~馬返し

午前1時30分頃に金鳥居近くのコインパーキングを出発。
富士登山競争コースの1本右側の暗闇の吉田遊歩道を歩く。
途中から雨が降り始めるも気温が高かったためレインウェアは使用せず。
 
 

馬返し~5合目佐藤小屋

金鳥居から馬返しの遊歩道はとても長く感じるが、
馬返しから先は登山道となり気持ちよく登れる。
5合目が近づくころに徐々に明るくなってきたのでご来光に間に合うようにペースを上げた。
道中で、ヘッドライトを付けたトレイルランナー?が下山してきたのでどんな行程だったのか不思議に感じた。
 
 

5合目佐藤小屋~吉田口山頂

佐藤小屋を過ぎるとちらほらと登山者と会うようになった。
天気予報からして、諦め半分、期待半分だったが、幸運にもご来光を拝むことができた。
6合目から上は小屋泊組の登山者が大勢いる区間と、
登山者が全くいない区間とがあった。
8合目以上の小屋に泊まり山頂を目指している登山者が多いように感じた。
欧米系、アジア系ともに外国人が多く、
相変わらず日本人よりも、外国人の方が多いように思う。
異国の地で登山をするとなると、言語が違う中で登山口まで辿り着くだけでも一苦労だと思うので、
外国人の行動力を見習わねばと思った。
標高が高くなるにつれて風が強くなり、8合目から上はバランスを体のバランスを崩すレベルの風が吹いていた。
7月下旬の富士登山競争の前は試走をするランナー、トレイルランナーが沢山いるが、9月のせいかトレイルランナーは2人ほどしかいなかった。
ほとんどの山小屋はこの週末が小屋閉めのようで、意外にも9月に入ってもいても8~9割の山小屋が営業をしていた。
 
 

吉田口山頂~お鉢巡り(時計回り)~日本最高峰富士山剣ヶ峰

風が強く、特に序盤は体を持っていかれるレベルの強風だった。
体感温度がぐっと下がり、寒さを感じたので上下ともにレインを着用。
強風のためか、お鉢巡り~剣ヶ峰は登山者がそれほどいなかった。
今年がたまたまなのか、初めて雪のない富士山の火口を見た。
 
 

日本最高峰富士山剣ヶ峰~吉田口山頂~下山道~5合目佐藤小屋~馬返し

6合目までは見ごたえのある雲を目にしながらサクサクと下山。
ブルドーザーが1台と、人を乗せた馬1頭がブルドーザー道を上がっていった。
6合目から馬返しまでもサクサクと下山。
スバルライン5合目から登る登山者が圧倒的に多い中、昔ながらの吉田ルートを登る登山者もちらほらといることがなんだか嬉しかった。
スバルラインが開通する前はおそらく相当数の登山者が登っていた吉田ルート。
吉田ルートには、朽ち果てて倒壊した山小屋などがちらほらとあり、江戸時代ごろ?から使われていた登山道にロマンを感じながら歩くことができる。
往路では暗闇の中だったため登山道の風景を見ることができなかったが、復路ではしっかりとロマンを感じることができた。馬返しのボランティア?のお休みどころでは、温かい味噌汁で、温かく迎え入れていただいた。ボランティアの方いわく、富士登山競争を2連覇している五郎谷選手が前日に練習をしていたとのこと。
 
 

馬返し~金鳥居

復路の吉田遊歩道はとにかく長く感じる・・・。
だいたい例年と同じく、12時間30分ほどでコインパーキングに到着。
 
 
 
 
 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

猫が出迎えてくれた金時山登山(2018年9月1日)

Pocket

 
 
 
 
 
土日で関東に行く用事があった週末だったので、
関東に行きながら金時山に登りました。

箱根外輪の一部と絡めて登った前回は金時山から芦ノ湖などを見渡すことができましたが、
今回は残念ながら全く展望はなし。

山頂では猫が出迎えてくれました。

前の週は新穂高から鷲羽岳・水晶岳を日帰りした超ロングトレイルだったので、
往路では復路での登り返しに備えペースをセーブしながら登りましたが、
この日は往路を全力で登ることができたのでとても心地の良い登山でした。
 
 
 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

新穂高からの鷲羽岳・水晶岳日帰り登山2018(2018年8月26日)

Pocket

 
 
 
 
今回で4~5回目となる新穂高からの鷲羽岳・水晶岳の日帰り登山。
日本百名山の中でも屈指の超ロングトレイル。
日常的に鍛えていなければ踏破するのは無理な行程ですが、北アルプスの山景色と踏破後の達成感は他のルートには無いものがあります。
 
 
 

往路

新穂高~わさび平ら小屋

新穂高の駐車場に前日入りして車中泊するも駐車場はガラガラ。
(前日土曜日の天気が悪かったため?お盆明けだから?)
この日は午前2時から登山を開始したのは僕だけだった。
わさび平小屋までの道中も先行する登山者はいないようだった。
この日は微妙な天気予報だったので、時々空を見上げながら歩いた。
(時々、晴れ間(星空)が雲の間にのぞいていたけれど・・・。)
わさび平小屋を通過する際も、小屋の外には登山準備をする登山者はおらず。
 
 
 

わさび平小屋~鏡平

夜中~明け方でも暑く、大量の汗をかいた。所々で流れている沢の水を腕にかけた。
明らかにヘッドライトの灯りではない灯りが前方に見えたので、恐る恐る進むと、秩父沢でテント泊をしている登山者の灯りだった。(秩父沢はキャンプ指定地外)
鏡平の鏡池越しに見る槍穂高を毎年楽しみに登るが、この日は曇っており全く見えず・・・。
鏡平小屋の外にも登山者は全くいなかった。
 
 
 

鏡平~双六小屋

弓折乗越の手前でヘッドライトを消した。
弓折乗越に1組3名の登山者が日の出を待ち構えていたがこの日は残念ながら・・・。
 
 
 

双六小屋~双六岳~三俣蓮華岳~三俣山荘

ここまでの山行で空の様子から天気が思わしくないことが分かっていたが、双六小屋に到着し、鷲羽岳方面を見ると雨は降らなそうな空模様だったのでとりあえず鷲羽岳まで行くことを決断。(双六小屋の水場で水を補給。)
双六小屋~三俣蓮華岳は霧で展望が無く、風もあったため低温の中のハードな登山となった。荒天のため登山者のいない稜線では2組の雷鳥親子を見ることができた。
三俣蓮華岳から三俣山荘はそれまでと一転し、暑さを感じる中での登山となった。
 
 
 

三俣山荘~鷲羽岳~ワリモ岳~水晶小屋~水晶岳

新穂高からここまでの山行で疲労が蓄積している中、非常にきつい鷲羽岳の急登。
日差しがあったものの風が強くハードな登山となった。
鷲羽岳から水晶岳もアップダウンがきつく、風に吹きさらされハードな登山となった。
天候からして水晶岳を目指す登山者はほぼいないだろうと思っていたが、水晶小屋~水晶岳の往復で意外にも15組ほどの登山者とすれ違った。
 
 
 

水晶岳からの復路の登り返し

ワリモ岳、鷲羽岳、三俣山荘から巻道まで、巻道の終盤、双六小屋から弓折乗越まで。往路で疲労が蓄積している中での登り返しは本当にきついなんてもんではありません・・・。
それがまた良いと言えばよいのですが 笑
 
 
 

全体をとおして

過去の新穂高からの鷲羽岳・水晶岳の日帰り登山では天候に恵まれ、稜線の景色や槍穂高を目にしながらの登山を満喫することができましたが、今回は、展望に恵まれない中での登山となりました。また、低温、高温、強風と、コンディションが頻繁に変化したので非常にハードな登山となりました。ハードなコンディションの中でも鷲羽岳・水晶岳の日帰り登山をすることができたのは良い経験となりました。
 
 
 
 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

黒菱第3リフトからの唐松岳日帰り登山(2018年8月18日)

Pocket

 
 
 
 
 
黒菱第3リフト駐車場からのノーリフトでの唐松岳日帰り登山
 
山仲間とのノーリフトでの唐松岳登山。
登山に全く興味が無かった中学生のころ、学校登山で登った唐松岳ですが一切記憶がありません・・・。
 
昨年の日本百名山全山日帰り登山では、黒菱第3リフトから八方尾根~唐松岳頂上山荘~五竜岳を日帰りピストンしましたが、今回は山仲間とゆっくりと唐松岳に登りました。
 
夜明け前からの登山だったので、八方尾根から日の出を眺めることができました。
 
天候に恵まれ、稜線からの絶景はもちろん、
八方池では池に映り込む白馬三山を、唐松岳頂上山頂~牛首の鎖場では雷鳥親子と複数回のヘリの荷揚げを、八方尾根では沢山の高山植物を見ることができました。
 
往路では、リフトを利用して登ってきたすごい数の登山者&観光者とすれ違いました。
今までの登山歴の中で、過去最高の数の人々とすれ違ったかもしれません。
 
人々を呼び寄せる魅力を実感し、満喫をすることができた唐松岳登山でした。
 
ちなみに、8月も下旬が近づいてきた八方尾根は木道に霜が降りていました。
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 


 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

 

スポンサーリンク

Pocket

蝶ヶ岳ヒュッテテント泊(ビール泊) 2018年8月11・12日

Pocket

 
 
 
 
 
毎年恒例の蝶ヶ岳ヒュッテテント場泊。
 
 
槍穂高を眺めることができる最高の絶景。

ビールの自動販売機と外トイレが完備されている蝶ヶ岳ヒュッテ。

山好き&ビール飲みにとっては蝶ヶ岳ヒュッテテント場は本当にパラダイスです。
 
 
缶ビールは500ml缶が800円と平地に比べるとだいぶ割高ですがこれは必要経費。
今回の蝶ヶ岳ビール泊では11本の500ml缶を買い、10本(5ℓ)飲みました。
例によって呑みきれないビールが発生し、1本はザックに入れて持ち帰ることに・・・。
 
昨年は日本百名山全山日帰り登山の旅に出ていたので蝶ヶ岳に登ることができませんでしたが、
1年振りの蝶ヶ岳テント場泊はやはり最高でした。

今年の蝶ヶ岳は、一緒に宴会をしたいという山仲間と登りました。
実は結構前から蝶ヶ岳ビール泊を計画していましたが天候に恵まれず・・・、
かれこれ3回ほど延期となっていたのでありました。
 
僕自身は蝶ヶ岳とは相性が良いはずなのですが・・・。
 
山仲間と二人の蝶ヶ岳ビール泊を計画すると・・・。
 
計画を決行した時も天気予報では太陽マークは出ておりませんでした。
 
今回の蝶ヶ岳山行で初めて槍穂高の全景を目にすることができませんでしたが、
2日目の朝にはご来光を見ることもでき、久々に稜線でビールを浴びるほど飲むことができたので、全体的には良い山行となりました。
 
 
ちなみに、2018年8月現在、三股駐車場へと続く林道が崩落しており、
三股駐車場から約800m下の臨時の駐車場に車を停めることとなります。
(収容台数はそこそこあります。仮設トイレもあり。)
 
上記駐車場からさらに1kmほど?下にも「臨時駐車場」と書かれた駐車場があります。
 
我々も初めはそこに車を停めましたが後から来た車が数台、林道をさらに進んで戻ってこなかったので、さらに上に駐車場があるのでは?と思い、本当の臨時駐車場に車を停めることができました。
 
 
 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket