蝶ヶ岳登山で出会えた雷鳥たち

Pocket

 
 
 
蝶ヶ岳登山で5羽以上の雷鳥と出会ることができました。(2020年6月15日)
 
 
この日の蝶ヶ岳登山では山頂~蝶槍の稜線を3往復。
 
 
山頂~蝶槍を行ったり来たりしている際に雷鳥に会うことができました。
 
 
 
通常モードの雷鳥
 

 
 
 
 
羽を膨らませた雷鳥
 

 
 
 
 
岩のお立ち台に立つ雷鳥
 

 
 
 
 
鳴きながら飛ぶ雷鳥
 

 
 
 
 
飛ぶ雷鳥
 

 
 
 
 
メス雷鳥にアプローチするオス雷鳥(ずっと右側のメスにアプローチをかけてました)。この時は、右側にメスがいるのに気が付いてないぽっかったです。
 

 
 
 
 
メス雷鳥。メスの雷鳥は目の周りは赤くありません。
 

 
 
 
 
オスの雷鳥の目の周りは赤く、肉冠(にくかん)があります。
 

 
 
 
 
雷鳥の気を付けと、
 

 
 
 
 
雷鳥の休めといったところでしょうか。
 

 
 
 
 
雷鳥の立ち姿。奥に上高地の梓川。
 

 
 
 
 
雷鳥と大キレット
 

 
 
 
 
槍ヶ岳~穂高岳の稜線を眺める雷鳥①
 

 
 
 
 
槍ヶ岳~穂高岳の稜線を眺める雷鳥②
 

 
 
 
 
ときどき、僕のことも眺める雷鳥
 

 
 
 
 
つぶらな瞳です。
 

 
 
 
 
雷鳥と槍ヶ岳①
 

 
 
 
 
雷鳥と槍ヶ岳②
 

 
 
 
 
穂高岳を眺める雷鳥。左から前穂高岳、奥穂高岳、北穂高岳。中央の雪渓は涸沢カール
 

 
 
 
 
雷鳥が山肌に溶け込んでいるように思えます。
 

 
 
 
 
羽ばたく雷鳥①
 

 
 
 
 
羽ばたく雷鳥②
 

 
写真は全てオリンパスタフで撮影しています。
 
オリンパスタフについてはこちらでブログ投稿をしています。
 
 
 
 
沢山の雷鳥と出会うことができた蝶ヶ岳登山でした。
 
 
 
 
雷鳥に会うためのポイントはこちらでブログ投稿をしています。
 
 
 
過去の登山で出会うことができた雷鳥たちのアルバムはこちら。

 
 
 

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)