カシオのプロトレックPRWを登山で使い倒してます

Pocket

 
 
 
僕はプロトレックPRW3100(カシオ)を登山用の時計として、2015年の10月に購入しました。
 
 
2020年5月現在、プロトレックPRWを登山で使い始めて、丸5年目になっています。
 
 
このブログ投稿では、プロトレックPRWをかれこれ5年間、登山で使ってみた感想などを書きたいと思います。
 
 
 
 
手っ取り早く結論から言いますと、
 
 
プロトレックPRWは、耐久性抜群、電池交換、時計合わせが不要な、最高のアウトドアウォッチです。(ここ5年間の実績です。)
 
 
山というハードなフィールドでハードに使用しても、プロトレックPRWは何の問題もありません。
 
 
登山とランニングで愛用している腕時計カシオのプロトレックPRW
 
 
 
 

プロトレックPRWの使用状況

まず、僕がどういう登山をしているかですが、この5年間は以下のような登山をしました。
 
 
・北アルプス登山(夏はほぼ毎週末)
 
・日本百名山を146日間で完登
 
・厳冬期の雪山登山(北アルプス乗鞍岳など)
 
 
一般登山者の中では山に入る頻度は多い方で、雨風でも登山をします。
 
また、氷点下10度にもなるような冬山登山もしています。
 
そんなわけで、プロトレックPRWは、山というハードな環境で、ハードに使われていることになります。
 
 
さらに、僕は登山だけでなく、日々のランニングでもプロトレックPRWを使用しています。(月曜~木曜はほぼ毎日走っています。)
 
ランニングでは主にストップウォッチ機能とバックライトを使用しています。
 
僕は暗い時間帯にランニングをすることが多いので、ボタンを押すことによって暗い中でも文字盤を見ることができるバックライト機能が大活躍しています。
 
 
 
 
 

プロトレックPRWの重量について

プロトレックPRW3100の重量は68gです。
 
さすがにランニング用の腕時計に比べると若干の重量はありますが、さほど気にならないレベルです。
 
僕は1km4分を切るハイペースで走るときもプロトレックPRWをつけています。
 
また、距離が70km以上になるようなトレイルランニングのレースでもプロトレックPRWをつけています。
 
PRW3100の重量は、登山でも、日々のランニングでも、レースでも、十分に使える重量に抑えられています。
 
 
 
 

プロトレックPRWは手がかからない

冒頭にも書きましたが、僕が登山とランニングでプロトレックPRWを使い始めてかれこれ5年がたちます。
 
この5年間で、1度も電池交換をしたことがありません。(タフソーラーというカシオ独自のソーラー充電システムで充電。蛍光灯などの光も動力に変換。)
 
また、時間合わせをしたことも1度もありません。(マルチバンド6と言われるシステムで、標準電波を受信し時間を自動修正。)
 
使っていて調子が悪くなってしまったということも全くありません。
 
 
僕はプロトレックPRWをハードに使っていますが、まったく手がかからない時計です。
 
 
 
 
 

まとめ プロトレックPRWの使い勝手

以上、僕が登山とランニングで愛用しているプロトレックPRWについてお話しをしてきました。
 
僕はプロトレックPRWを北アルプス、日本百名山、厳冬期の雪山とありとあらゆる山で使っています。
 
日々のランニングも、レースもプロトレックPRWを使っています。
 
かれこれ5年近くプロトレックPRWを使っていますが、電池交換も時計合わせも一度もしたことがありません。
 
 
ハードに使っても全く手のかからないプロトレックPRW。
 
 
プロ登山家の竹内洋岳さんもプロトレックを使われています。
 
竹内さんは、日本人で唯一、世界に14座ある標高8000mの山々を全て登頂されています。
(14座完全登頂達成のダウラギリでもプロトレックを使われていました。)
 
 
僕も引き続き、登山にランニングにとプロトレックPRWを使っていきます。
 
 
プロトレックPRWは登山にもランニングにも自信をもっておすすめできる時計です。
 
 
 
 
カシオ プロトレックPRW3100
 
楽天市場での検索結果はこちら
 
Amazonでの検索結果はこちら
 
Yahoo!ショッピングでの検索結果はこちら

 
 
登山のノウハウなどについて過去に投稿した記事の一覧はこちら
 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)