ホワイトアウトに見舞われた冬の美ヶ原登山

Pocket

 
 
 
 
 
牛伏山の山頂からホワイトアウトに見舞われ冗談抜きに死ぬかと思った美ヶ原登山。
 
 
 
この日のルート
 
三城~百曲がり~美しの塔~牛伏山~美しの塔~王ヶ頭~美しの塔~百曲がり~三城
 
 
 
午前3時に三城から登り始め、美しの塔~牛伏山に行ったまでは綺麗に星空が見えていた。
 
 
牛伏山の山頂にたどり着くと突然のホワイトアウトと氷点下の猛烈な風に吹きさらされる状況に。
 
 
日の出前の暗闇にホワイトアウトに猛烈な風という最悪の事態・・・。
 
 
何とか、来た道を戻ることができたものの、一歩間違えると危ない状況だった。
 
 
牛伏山~王ヶ頭ホテルも視界のない状況だったものの、牧場内は柵があることと、それほど風は強くなかったので歩くことが可能な状況だった。
 
 
 

美ヶ原ホワイトアウト登山の教訓

 
・晴天(星空)から突如ホワイトアウトになることがある。
 
・夜明け前の暗闇&ホワイトアウトはとてつもなく危険。

 
 
 
 
午前3時に三城を出発
 

 
 
 
 
雪山重装備なので、美ヶ原の台上に登るまでに1時間以上を要した。
 
 
ラーメン屋のような山本小屋の看板
めちゃくちゃ美味しいラーメンが出てきそう。
 

 
 
 
 
牛伏山山頂では突如のホワイトアウトに見舞われる。
暗闇も相まって、一歩間違えたら危なかった・・・。
 

 
 
 
 
空気が澄んでいれば松本市の平地からでも見える王ヶ頭ホテルの灯り。
ホワイトアウト状態だと、数十メートルまで近づかないと灯りを目にすることができず。
 

 
 
 
 
王ヶ頭ホテルの前にはライトアップされた樹氷が。
 

 
 
 
 
晴れていれば王ヶ頭の石碑の向こうには松本平を眺めることができる。
 

 
 
 
 
 
ホワイトアウトをした美ヶ原の台上を歩く。
黄泉の国に来てしまったのではないかという感覚に。
 

 
 
 
 
完全雪山装備での美ヶ原登山。食料も2日分ほどを携行。
 

 
 
 
 
まだまだ雪は少ない美ヶ原。
 

 
 
 
 
視界が無いコンディションで、柵がない台地に足を踏み入れたら、僕の実力では戻るのは困難。
 

 
 
 
 
一歩足を踏み入れたら戻ることができない世界のように感じる。
 

 
 
 
 
美しの塔も寒々しい
 

 
 
 
 
ザックと記念撮影
 

 
スノーシューについてのブログ投稿はこちら
 
 
 
茶臼山まで歩く予定は却下。ここから先は行ってはダメだと柵が強く言っているように感じた。
 

 
 
 
 
一足早い天然クリスマスツリー。ホワイトアウトクリスマス。
 

 
 
 
 
ザックに外付けのボトルでは、
 

 
 
 
 
今年の初氷を観測。
ピッケルで氷を砕いて水を飲むスタイル。
 

 
 
 
 
木の枝を覆い尽くすカチコチの氷。
 

 
 
 
 
ホワイトアウト状態の台上ではカップヌードルを食べれる状況ではなかったので車に着いてから。
 

 
登山中に食べたカップヌードルのアルバムはこちら
 
 
 
ホワイトアウトに見舞われた美ヶ原。
美ヶ原の厳しい一面を垣間見ることができた初冬の登山でした。
 
 
 

 
 
 
登山ノウハウ・登山ルート紹介のブログ投稿一覧はこちら
 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)