絶好のスノーシュースポット冬の美ヶ原へのアクセス方法

Pocket

 
 
 
 
 
冬には絶好のスノーシュースポットとなる美ヶ原へのアクセス方法についてまとめてみました。
 
 
夏場であれば長野県松本市側の林道や、長野県茅野市からのビーナスラインで台上までアクセスすることができる美ヶ原ですが、冬の期間は冬季通行止めとなります。
 
 
 
美ヶ原のシンボルである美しの塔
 
冬の美ヶ原高原の美しの塔
 
 
 

冬の美ヶ原への主なアクセス方法は3パターン

冬の美ヶ原にアクセスする方法は、基本的には以下の3パターンになります。
 
 
①マイカーで和田村役場前から落合までの旧道(県道美ヶ原和田線)を利用する。
 要4WD車&チェーン
 
②王ヶ頭ホテルまたは山本小屋に宿泊し、宿泊者専用バスで台上まで上がる。
 
③長野県松本市側の麓から雪山登山でアクセスする。

 
 
 
冬の美ヶ原への3パターンのアクセス方法について詳しくふれていきます。
 
 
 

冬の美ヶ原へのアクセス方法
①マイカーで和田村役場前から落合までの旧道(県道美ヶ原和田線)を利用する。

自分で通ったことがないので何とも言えない部分もありますが、4WD車でスタットレスタイヤを履き、なおかつ本格的なチェーンを装着しないと冬の美ヶ原までたどり着くのは危険だと思います。
 
冬の長野県で標高2000mまで車で入るとなると、確実に雪の路面、アイスバーンの路面を運転することになります。
 
4WD車でチェーンを装着しているとしても、緊張を強いられる運転をすることになるのは間違いありません。
 
 
 

冬の美ヶ原へのアクセス方法
②王ヶ頭ホテルまたは山本小屋に宿泊し、宿泊者専用バスで台上まで上がる。

 
美ヶ原の台上に立つ王ヶ頭ホテルまたは山本小屋の宿泊者は送迎をしてもらうことができます。
 
王ヶ頭ホテルは標高2000mに立つ高級ホテルのイメージで、山本小屋は旅館よりのイメージです。(僕はどちらも宿泊をしたことがないので詳細はリンク(楽天トラベル)でご確認ください。)
 
 
 

 

 
 
 

冬の美ヶ原へのアクセス方法
③長野県松本市側の麓から完全雪山装備の雪山登山でアクセスする。

 
夏場に松本市から美ヶ原まで車で行くには、よもぎこば林道を使うのが一般的だと思います。
 
冬には、よもぎこば林道の上部は冬季通行止めとなりますが、三城いこいの広場までは冬でも通行することが可能です。
 
三城いこいの広場からは「百曲がり」を登り美ヶ原まで行くことができます。
 
三城いこいの広場から美ヶ原の台上(塩くれ場)までは夏山のコースタイムで2時間ほどです。
 
 
冬の美ヶ原まで三城から登山をする際のポイントはこちら(作成中)
 
 
 

冬の美ヶ原へのアクセス まとめ

 
冬の美ヶ原へアクセスをする3つの方法を振り返ると、下記のとおりです。
 
 
①旧道を使いマイカーでアクセス
 
②王ヶ頭ホテルまたは山本小屋に宿泊し、宿泊者専用バスでアクセス
 
③長野県松本市側の麓から雪山登山でアクセス

 
 
 
アクセス方法はいくつかありますが、
 
冬の美ヶ原は天候に恵まれると、澄んだ青空と広大な白銀の世界を目にすることができます。
 
冬の美ヶ原では、スキー場とは一味違った雪景色を目にすることがができるので、ぜひ一度は足を運んでもらいたい長野県の絶景スポットです。
 
 
 
僕はいつも三城から冬の美ヶ原へと登っています。
 
 
三城へのアクセス方法などはこちらで投稿しています。
 
 
 
 
 
登山のノウハウなどについて過去に投稿した記事の一覧はこちら
 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)