登山口までの車で聴く音楽をご紹介【登山前音楽】


 
 
 
 
 
 
今回は、登山口までの車で聴く音楽について山トークをしていきます、
 
 
 
 
 
 
登山口に向かう車では、ソロ登山者の僕は色々な感情が入り混じります。
 
 
 
ワクワク感
 
 
 
不安
 
 
 
心細さ
 
 
 
恐怖心
 
 
 
やってやるぜという気持ち
 
 
 
※午前0時~2時頃に登山口に向かって運転をしているという要素もあります。
 
 
 
 
 
僕は、プラスの感情も、マイナスの感情も、登山のために必要だと思っています。
 
 
プラスの感情ばかりではなく、不安や恐怖心があるからこそ、事故のない登山を心がけることができます。
 
 
なので、車では、ただひたすらにテンションが上がる曲だけを聴くのではなく、少し、戒めや、影のある音楽を聴くのが良いと思ってます。
 
 
 
 
それでは早速、実際に僕が登山口に向かう車で聴いている音楽を紹介していきます。
 
 
 
 
 
 
登山口までの車で聴く音楽

Sandstorm アーティスト:Darude

テレビでも時々流れる、テンションが上がる定番曲と言えると思います。
 
 
総合格闘技全盛のPRIDEで、絶対王者と言われたヴァンダレイ・シウバ選手が入場曲とした使用していた曲です。
 
 
僕の場合、この曲の音楽的な部分だけでなく、この曲を聴きながら、シウバ選手の入場シーンを思い浮かべることによって最高の登山前音楽となっています。
 
 
鍛え上げた肉体と精神を以って、オラオラモードでリングに向かうシウバ選手の姿。
 
 
怪我をしたり、命を落としかねないリングに向かう時は、恐怖心もあるはずです。(僕は格闘技をやったことはないですが、PRIDE選手だったケビン・ランデルマン選手が言ってました。)
 
 
アドレナリン全開で臨むけど、恐怖心もある状態。
 
 
そんなところが登山と格闘技で重なる部分があると思います。
 
 
恐怖心もあるでしょうが、オラオラでリングへと向かうシウバ選手のようでありたいと思い、聴いている曲です。
 
 
 
 
 
 
Sandstorm アーティスト:Darude
 
楽天市場での検索結果はこちら
 
amazonでの検索結果はこちら

 
 
 
 
 
 
登山口までの車で聴く音楽

welcome home アーティスト:radical face

伝説のクライマー、ウーリー・ステックのテーマ曲です。(←僕が勝手に思ってるだけ。)
 
 
この曲は、ウーリー・ステックがアイガー北壁を、命綱無しでガンガンと登っていくYouTube動画のBGMになってます。
 
 
世界トップレベルの難易度のアイガー北壁を、命綱無しでアイスアックスを使いガンガンと登っていくその姿。
 
 
ウェルカムホームを聴くと、その姿が思い浮かび、勇気をもらうことができます。
 
 
常人離れした登攀技術と高所耐性から、スイスマシーンと呼ばれたウーリー・ステックですが、山で命を落とすこととなりました。
 
 
ウーリーは2017年にヌプツェでトレーニングをしていた際に、1000m滑落して亡くなりました。
 
 
僕の中では、この曲は光と陰がある曲で、厳かに奮い立たせてくれる曲でもあり、ウーリーのように山で命を落としてはならないという戒めの曲でもあります。
 
 
 
 
 
 
welcome home アーティスト:radical face
 
楽天市場での検索結果はこちら
 
amazonでの検索結果はこちら
 
Yahoo!ショッピングでの検索結果はこちら

 
 
 
 
 
 
登山口までの車で聴く音楽

中央競馬G1 ファンファーレ

この曲は、競馬の大きなレースのスタート直前に、演奏隊により奏でられる曲です。
 
 
この曲に合わせ、競馬場に駆けつけた何万人ものファンが掛け声を上げる様は圧巻です。
 
 
ファンのボルテージが最高潮の中、静かにスタートを待つ、鍛え上げられたサラブレッドたち。
 
 
20秒ほどの曲ですが、聴いている方のボルテージも最高潮。
 
 
自分がスタートを待つ馬だと思って聴くと、アドレナリンも出てきます。
 
 
 
 
 
 
中央競馬G1 ファンファーレ
 
楽天市場での検索結果はこちら
 
amazonでの検索結果はこちら
 
Yahoo!ショッピングでの検索結果はこちら

 
 
 
 
 
 
登山口までの車で聴く音楽

ピーターパン アーティスト:優里

 
 
プロランナーの大迫傑選手のYouTubeチャンネルで流れる曲です。
 
 
「いい歳して何やってんの?」
 
 
「何を言われようが関係ないぜ。俺は自分の道を行くんだ。」
 
 
というメッセージが込められた曲だと僕は思ってます。
 
 
誰になんと言われようが、登山がライフワークである僕の応援歌です。
 
 
 
 
 
 
ピーターパン アーティスト:優里
 
楽天市場での検索結果はこちら
 
amazonでの検索結果はこちら
 
Yahoo!ショッピングでの検索結果はこちら

 
 
 
 
 
 
登山口までの車で聴く音楽

プロレスの入場曲

プロレスの入場曲には盛り上がる曲が多いと思います。(総合格闘技ですが、冒頭ではシウバ選手の入場曲をご紹介しました。)
 
 
入場曲に合わせてリングに向かう選手に会場は大盛り上がり。
 
 
曲を聴いているだけでこちらのボルテージも上がってきます。
 
 
 
 
 
長州力の入場曲:パワー・ホール
 
楽天市場での検索結果はこちら
 
amazonでの検索結果はこちら
 
Yahoo!ショッピングでの検索結果はこちら

 
 
 
 
 
橋本真也の入場曲:爆勝宣言
 
楽天市場での検索結果はこちら
 
amazonでの検索結果はこちら
 
Yahoo!ショッピングでの検索結果はこちら

 
 
 
 
 

まとめ 登山口までの車で聴く音楽

登山のために早起きして、ややもすればまた眠くなってしまう登山口までの運転。
 
 
眠気が覚めて、登山への集中力が上がる音楽を聴くことで、良い登山につながると思います。
 
 
アスリートが試合やレース前に音楽を聴くように、登山者には登山前勝負曲です!
 
 
 
 
それではまた次の山トークでお会いしましょう。
 
 
 
 
 
『最速で登山をスタートする方法【金曜日に仕事を終えてから土曜日の朝の登山スタートまで】』について、こちらでブログ投稿しています。
 
 
 
 
 
『日帰り登山のノウハウ』をこちらでブログ投稿しています。日本百名山の完登、毎週末の北アルプス登山で身に着けたノウハウになります。
 
 
 
 
 
『僕の登山装備(登山ウェア含む)』をこちらで一覧で紹介しています。お問い合わせいただくことが多いので。
 
 
 
 
 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)