登山での出会いについて【恋愛対象との出会い】


 
 
 
 
 
松本市の山男です。
 
 
 
 
 
今回は、登山での女子との出会いについて山トークをしていきます。
 
 
※この記事の後半は、男子の立場からの、女子との出会いに限らず、女子の立場からの男子との出会い、男子と男子、女子と女子の出会いにも読み替えていただくこともできます。
 
 
 
 
 
登山に出会いはあるのか?
 
 
※恋愛対象との出会い
 
 
 
 
結論から言うと、僕の場合は99%ありませんでした。
 
 
毎週のように北アルプスに登っても、日本百名山を完登した時に日本中の山を登山しても。
 
 
登山中に女子との出会いはありませんでした。
 
 
厳密に言うと、100%無かったわけではありませんが・・・。
 
 
僕は積極的に、登山での出会いを求めてきませんでした。
 
 
 
 
そんな僕がいうのもなんですが、登山には、女子と出会える機会が十分にあります。
 
 
 
 
今回は、登山での女子との出会いについて、以下の項目で山トークをしていきます。
 
 
 
 
①なぜ僕は登山で出会いがなかったか
 
②数少ない、登山で出会えたケース
 
③登山で出会いがある場所
 
④声をかけ、つながる
 
⑤山ガールと山女

 
 
 
 
 
 
登山での女子との出会いについて

①なぜ僕は登山で出会いがなかったか

僕に出会いがなかった理由は以下の通りだと思ってます。
 
 
逆のことをすれば、出会いが広がる可能性があると思います。
 
 
登山での出会いがなかった理由
 
・夜明け前、女子がいない時間帯から登るから。
 
 →女子は登っていないに等しいです。
 
 
・休憩なしでハイペースで登る
 
 →そもそも女子がいない時間帯、ハイペースで登り、女子がいる可能性がある休憩スポットもスルー。(山泊して下山中の女子が休憩してる可能性あり。)
 
 
・山頂到着は女子が少ない時間帯
 
 →休憩なし、ハイペースで登るのでそうなります。
 
 →下山もハイペースな日帰り登山。
 
 
・女子が登らない山に登る
 
 →女子が全く登っていないと言うわけではないですが、僕がよく登る北アルプス3000m級の山々は、女子が多いとは言えない山域だと思います。
 
 
 
 
以上のとおり、
 
 
女子と出会う気あるんかい?
 
 
という感じの登山を僕はしてきましたw
 
 
 
 
自分がライフワークとして、ストイックに臨んできた登山。
 
 
自分の登山スタイルを曲げてまで、登山中に出会いを求めるということは僕にはできませんでした。
 
 
自分の登山スタイルを変えずに、登山中に自然と女子と出会うというのは、僕の場合、相当に低い確率だと思います。
 
 
 
 
 
 
登山での女子との出会いについて

②数少ない、登山で出会えたケース

 
 
一度だけ、登山中に出会い、その後、何度も一緒に登山をした女性(Aさん)がいます。
 
 
既婚女性でしたがw
 
 
Aさんは、登山のために車を自分で数百キロ運転し、車中泊は当たり前。
 
 
厳冬期の山、難ルート、マイナールートを1人で歩くこともある筋金入りの山好きでした。
 
 
Aさんとの出会いは、下山時に僕が林道を歩いていた時に、Aさんから声をかけてきてくれました。
 
 
自然と山トークで盛り上がり、林道を一緒に歩き、別れ際に連絡先を交換しました。
 
 
そして、その後、一緒に山に登るようになりました。
 
 
山友として、本当に良い間柄でした。(男女の仲にはなってません。)
 
 
僕が下界で婚活を本格化させた頃から、連絡を取り合うことも無くなりました。
 
 
Aさんが既婚女性じゃなく、未婚で若くてカワイイ女子だったら良かったのにな〜とつくづく思ったもんですw
 
 
 
 
 
 
登山での女子との出会いについて

③登山で出会いがある場所

女子が登る山に、女子がいる時間帯に、ほどよいペースで登ると、女子と出会える確率も上がると思います。
 
 
また、山小屋泊やテント泊にも出会いの場はあります。
 
 
僕は過去に2回だけ山小屋に泊まったことがありますが、そのうちの1回で、2人の女子と仲良くなりました。
 
 
そのうちの1人とは、その後、SNSでやり取りをしました。
 
 
仲良くなったきっかけは、小屋の廊下のザック置き場でザックの中を整理していた時、気が付いたら2人の女子と僕との3人で山トークをしてましたw
 
 
僕の登山歴の中で、2回しか泊まったことがない山小屋。
 
 
そのうちの1回で女子と出会えたということは、山小屋に泊まればかなりの高確率で、女子と出会えるチャンスがあるということだと思ってます。
 
 
また、テント泊では、隣のテントが女子になれば、仲良くなれることもあるんじゃないかと思います。
 
 
 
 
 
 
登山での女子との出会いについて

④声をかけ、つながる

本当の意味で登山中に出会うということは、単に二言三言を交わすだけでなく、連絡先を交換するということになります。
 
 
「どこから来られたんですか?」
 
 
「どんな行程で歩かれてるんですか?」
 
 
「最高の景色ですね〜!」
 
 
などなど、登山中の定番の質問、セリフで声をかけ、話が盛り上がれば連絡先を交換できるチャンスも広がります。
 
 
連絡先の交換は、電話番号やLINEはハードルが高いので、自分のSNSのアカウントを教え、女子の方から自分にアプローチしてもらうのが、ガツガツした感じがなくて良いんじゃないかなと思います。
 
 
ツイッター、インスタグラム、YAMAP、ヤマレコなどなど。
 
 
 
 
 
 
登山での女子との出会いについて

⑤山ガールと山女

登山をしている女性には、山ガールと山女に分かれると僕は思っています。
 
 
イメージとしては、低山の日帰りをするのが山ガールで、コースタイムが長いルートや上級者ルートを歩いたり、山小屋泊やテント泊をするのが山女といった感じです。
 
 
山ガールとの出会いを求めるのであれば、低山。
 
 
筋金入りの山好き(山女)との出会いを求めるのであれば、コースタイムが長いルート、上級ルート。
 
 
ということになると思います。
 
 
 
 
 
 

まとめ 登山での女子との出会いについて 

以上、登山における出会いについて山トークをしてきました。
 
 
山頂で執拗にナンパをしたり、自分よりもペースが遅い女子に付きまとい話し続けたり。
 
 
SNSでよくある女子からの被害報告。
 
 
ある意味すごい度胸だと感心しますが、完全な迷惑行為です。
 
 
お互いに楽しく山トークができてこそ、良い出会いに繋がります。
 
 
SNSでは、山で出会って結婚をしたという報告もちらほらと見かけます。
 
 
登山に出会いを求めてこなかった僕がいうのも何ですが、山には確実に出会いのチャンスがあります。
 
 
これまでの登山で、僕は男子とはいつくかの出会いがありました。
 
 
登山中に山トークをし、別れ際に僕のSNSのアカウントを伝え、その後、SNSでつながるというのが大半でした。
 
 
僕が山での女子との出会いを本気で求めるのであれば、男子と出会ってきた方法を、女子が登る山、いる時間帯、いる場所でします。
 
 
 
 
皆様の、山での良き出会いをお祈りいたします。
 
 
 
 
それではまた次の山トークでお会いしましょう!
 
 
 
 
 
 
『登山と婚活を両立させて結婚をした方法』について、こちらで山トークをします。
 
 
 
 
 
 
山恋 山で恋は生まれるか コミックス
 
楽天市場での検索結果はこちら
 
amazonでの検索結果はこちら
 
Yahoo!ショッピングでの検索結果はこちら

 
 
 
 
 
『日帰り登山のノウハウ』をこちらでブログ投稿しています。日本百名山の完登、毎週末の北アルプス登山で身に着けたノウハウになります。
 
 
 
 
 
『僕の登山装備(登山ウェア含む)』をこちらで一覧で紹介しています。お問い合わせいただくことが多いので。
 
 
 
 
 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)