登山しながらイヤホンで音楽を聴くことについて思うこと【僕が絶対に聴かない理由】

 
 
 
 
 
松本市の山男です。
 
 
 
今回は、登山しながらイヤホンで音楽を聴くことについて思うことを、山トークしていきます。
 
 
————————————
 
※お読みいただく前に
 
僕は登山中に音楽を聴くなと言うつもりはありませんし、自分の考えを押し付けるつもりもありません。
 
危ないとは思いますが、聴きたい方は聴けばば良いと思います。
 
————————————-
 
 
 
 
 

登山中に聞こえる音について

 
 
登山中には、以下の様々な音を耳にします。
 
 
登山道を踏む音
 
前後からくる登山者
 
動物の鳴き声
 
雷鳥の鳴き声
 
風の音
 
沢の音(水が流れる音)
 
自分の呼吸音
 
落石の音

 
などなど
 
 
 
登山中にはザッと挙げるだけでも、以上の様々な音を耳にすることがあり、これらの音により、危険を察知することができます。
 
 
また、登山を満喫することができます。
 
 
カラカラと落石の音が聞こえれば、落石に対して身構えることができます。
 
 
雷鳥の鳴き声がすれば、登山者のアイドル雷鳥が近くにいることがわかります。
 
 
イヤホンをして登山をすると言うことは、耳から得ることができる情報を遮断することになります。
 
 
そして、登山中のリスクを回避しづらくなり、登山中の危険度が上がることにつながると思います。
 
 
 
 
 

イヤホンなしでラジオなどを聴く場合

時々、イヤホンなしでラジオを聴きながら登山をしている方がいます。
 
 
登山口などには、熊などの動物に人間の存在を知らせるため、ラジオなどを鳴らしながら登山をすることを推奨しているケースもあります。
 
 
個人的には、両耳にイヤホンで音楽を聴きながら登山をするよりは、イヤホンなしでラジオなどを聞きながら登山をする方が、はるかに安全だと思ってます。
 
 
また、スマホからイヤホンなしで音楽を聞くと言うのもありかなとも思います。
 
 
ただ、イヤホンなしにしたとしても、登山中に聞こえてくる音が、音楽、ラジオの音にかき消されるケースが生じる可能性はあります。
 
 
 
 
 

僕が音楽などを聴かないもう一つの理由

心霊番組や怪談番組で、ラジオや音楽に、聴こえてはならない音が入るという話があったりします。
 
 
基本的にはそう言った類の話は僕は信じてませんが…
 
 
ソロでナイトハイクをしていると、ふとした時に、本当にあり得るんじゃ?と思ってしまい恐怖に押しつぶされそうになることがあります
 
 
だったら、初めから音楽やラジオは聴かないに限るということで、僕は聴かないという面もあります。
 
 
 
 
 

まとめ

冒頭にも記載しましたが、僕は自分の考えを押し付けるつもりは全くありません。
 
 
ただ、自分としては、イヤホンで音楽を聴きながら登山をすることは絶対にしません。
 
 
僕はこれからも、登山中に聞こえる様々な音を満喫したいと思います。
 
 
また、登山中に聞こえてくるさまざまな音から危険を察知して、登山中のリスクを軽減していきます。
 
 
繰り返しのまとめになりますが、イヤホンをして登山をすると言うことは、耳から得ることができる情報を遮断することになります。
 
 
そして、登山中のリスクを回避しづらくなり、登山中の危険度が上がることにつながると思います。
 
 
 
 
 
それではまた、次の山トークでお会いしましょう。
 
 
 
 
 
ソニーの通称『山ラジオ』
 
楽天市場での検索結果はこちら
 
amazonでの検索結果はこちら
 
Yahoo!ショッピングでの検索結果はこちら
 
 
 
 
 
 
ちなみに、登山口に着くまでの車では、登山に向けて、自分にとってテンションが上がる音楽を聴いてます。
 
 
登山口までの車で聴く音楽をご紹介【登山前音楽】
 
 
 
 
 
『日帰り登山のノウハウ』をこちらでブログ投稿しています。日本百名山の完登、毎週末の北アルプス登山で身に着けたノウハウになります。
 
 
 
 
 
『僕の登山装備(登山ウェア含む)』をこちらで一覧で紹介しています。お問い合わせいただくことが多いので。
 
 
 
 
 

スポンサーリンク

登山しながらイヤホンで音楽を聴くことについて思うこと【僕が絶対に聴かない理由】」への4件のフィードバック

  1. piazza

    イヤホンについては同意で勝手にすれば良いと思いますが、スピーカーでラジオや音楽を流すのは止めてくれ、イヤホン着けてくれって思います。
    聞きたくもない音楽やラジオを聞かされ、せっかくの山の音をかき消されるのも嫌ですし、熊対策としても愚策で逆効果だと思うからです。
    僕は貴方の用に優しくはないので、他人に迷惑をかけるくらいならイヤホン着けて独りで危険な状況になってくれ、こっちに迷惑かけないでくれって思っちゃいます。
    ついでに言えば熊鈴も同じで嫌いです。その愚策に巻き込まれて熊に襲われたくはないので、そういう輩がいたら完全に聞こえなくなるまで距離を取るようにしています。

    返信
    1. 松本市の山男 投稿作成者

      コメントありがとうございます。
      他の登山者の行為を変えさせるのは、現実的では無いと思ってます。いろいろな考え方や主張があると思うので。自分が嫌だと思う行為や危険な行為をしている登山者を見かけたら、おっしゃる通り距離を取るのが1番だと思います。時には距離を取れないこともありますが…

      返信
  2. pizza

    熊鈴が愚策と言われるのはなぜでしょうか。
    熊を人里から避けさせる仕事をされてる方からは、出会い頭で襲うことが多いから存在を知らせるために効果ありと聞きます。人の存在を追う熊であれば鈴関係なく気付くと思うし…

    返信
    1. 松本市の山男 投稿作成者

      「人の味を覚えた熊は熊鈴に寄ってくる」なんてことをネットで見たこともありますが、実際のところどうなんでしょうね。いずれにしても、熊鈴に寄ってくるというのは極めてレアケースで、熊鈴を聞いて逃げる熊の方が圧倒的に多いと僕は思っています。熊鈴についての僕の考えはこちらで書いてますのでよろしければ → https://mountain-journey.com/kumasuzuronsou

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)