百名山登山への挑戦の概要について【ひと夏での日本百名山全山日帰り登山(146日間で完登)】


 
 
 
 
 
2017年に146日間で達成した、『ひと夏での日本百名山全山日帰り登山』の概要(登山スタイルなど)についてまとめてみました。(挑戦達成後に作成しています。)
 
 
 
ひと夏での日本百名山全山日帰り登山

百名山登山に挑戦した前後の職業など

・転職先を決めずに前職を退職。独身無職の身で挑戦に臨みました。
 ※百名山挑戦中は、ツイッターではプロ登山を名乗りました。
 ※全くもって登山家ではないです。
 ※挑戦終了後、転職活動の本命企業への就職が決まりました。(2018年1月入社)

 
 
ひと夏での日本百名山全山日帰り登山

挑戦スタートから達成までの期間

・2017年6月から2017年9月まで(当初の計画)
 ※結果的には10月終わりまでかかってしまいました。(146日間)
 ※ひと夏ではなく、秋と初冬も含まれました。
 
 
 
ひと夏での日本百名山全山日帰り登山

挑戦において最も重要だったこと

・自力で無事に山から下山し、無事に家にかえること。
 
 
 
ひと夏での日本百名山全山日帰り登山

登山スタイルについて

・日帰り登山
 
・原則、単独登山
 ※皇海山クラシックルートのみ山仲間にパートナーを頼みました。→ 単独で、異常繁殖をしている薮の中を進むのは危険と判断したため。
 ※日本百名山完登達成の雨飾山では、写真撮影のため山仲間に同行してもらいました。
 
・ピストンまたは周遊で、登山口まで徒歩で戻る。
 
・過去に登ったことがある百名山にも再度登る。
 
・ロープウェイや自転車は基本的に使用しない。
 ※往路ではロープウェイは一切使いませんでした。
 ※荒天などにより身の危険を感じた2~3の山で復路のみロープウェイを使いました。
 ※マイカー規制区間のバスの利用は可としました。
 
・登山ルートは最短のルートではなく、歩きたいルートを歩く。
 
・2座縦走ピストン、2座縦走周遊ともにありとする。
 ※例えば、新穂高からの鷲羽岳・水晶岳の日帰り縦走ピストンで2座達成。
 
 
 
ひと夏での日本百名山全山日帰り登山

登山のための車移動について

・登山口までの移動は原則、マイカーのみ。
 
・登山口まで、自分で経路を決め自分でマイカーを運転する。
 ※屋久島でのみレンタカーを使用しました。
 ※車の走行距離は23,000キロを越えました(146日間での走行距離)。
 
 
 
ひと夏での日本百名山全山日帰り登山

車以外の移動について

・フェリーのみ(原則、車ごとフェリーに乗船)
 ※利尻島(利尻山)と屋久島(宮之浦岳)は体だけでフェリーに乗船しました。
 
 
 
ひと夏での日本百名山全山日帰り登山

宿泊場所について

・車中泊、インターネットカフェ、ビジネスホテル、我が家。
 ※結果的に、我が家での泊数が最多となりました・・・。
 
 
 
ひと夏での日本百名山全山日帰り登山

挑戦のための費用について

・全額、貯金の切り崩し
 
・失業保険は申請・受給しない
 ※一世一代の挑戦をするのに、社会的救済を受けていては恰好がつかないので。
 ※挑戦終了後も失業保険の手続きはせず、再就職手当の給付も受けませんでした。
 
 
 
ひと夏での日本百名山全山日帰り登山

挑戦への同意などについて

・一定期間無職になること、日本百名山の完登に挑戦することについて家族の同意を得ました。
 ※パワーポイントで挑戦の概要のスライドを作成し説明しました。
 
・前職の退職理由は一身上の都合ですが、挑戦については前職の同僚に明言しました。
 
 
 

挑戦を終えてみて思うこと

日本全国を挑戦のフィールドとし、自分で考え、自分の判断と決断、自分の力と責任で、日本百名山の頂を目指した、最高に贅沢な山旅でした。
 
 
 
 
 
自分の力というのは、沢山の応援をいただいてこその自分の力だと思っております。
 
 
 
 
 
日本百名山の登山ノウハウについて、こちらでブログ投稿をしています。
 
 
 
 
 
 
日本百名山の登山ルートやコースタイムなどを調べるには、山と渓谷社の「日本百名山地図帳」が大活躍しました。(詳細はこちらでブログ投稿しています。)
 
 
「日本百名山地図帳」
 
楽天市場での検索結果はこちら
 
アマゾンでの検索結果はこちら
 
Yahoo!ショッピングでの検索結果はこちら
 
 
 
 
 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)