沢山の雷鳥と会うことができた爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳登山(2019年6月29日)

Pocket

 
 
 
 
 
毎年恒例の、扇沢から柏原新道で登る爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳の日帰り登山。
 
 

この日のルート(日帰りピストン)

扇沢~柏原新道~種池山荘~爺ヶ岳南方・中峰・北峰~冷池山荘~布引山~鹿島槍ヶ岳南峰~鹿島槍ヶ岳北峰
 
 
40度の発熱のため先週末は登山をすることができなかったので、2週間ぶりの登山。
発熱もあり、珍しく10日以上アルコールを飲んでいなかったせいか、体がとても軽かった。発熱によるトレーニング不足で、体力が相当落ちていると思っていたが、それ以上に、ノンアルコールの効果が大きかった模様。
この日の天気予報は雨だったため、すれ違った登山者は、下山の柏原新道で1組だけ。
種池山荘~爺ヶ岳~鹿島槍ヶ岳南峰・北峰の稜線は完全貸し切り状態だった。
他の登山者がいない稜線では雷鳥が姿を現すことが多く、この日はこれまでの登山歴で最多となる5羽以上の雷鳥(別々の個体)と遭遇することができた。
高山植物も咲いており、冷池山荘~布引岳の斜面ではハクサンイチゲの群生を見ることができた。種池山荘~爺ヶ岳南方のチングルマはまだ咲いていなかった。昨年に比べ残雪が多いように感じたのでそれもあって、チングルマの開花が遅れているのではないかと思う。
登山ルート上では、柏原新道で3ヶ所、冷池山荘~布引山に残雪があり、往路は山小屋の方によるカットが雨でとけており、緊張を強いられた(チェーンスパイク・ピッケル使用)。復路は山小屋の方が残雪にスコップでカットをしてくださってあり、それほど危険を感じることなく歩くことができた。(カットは雨により溶ける可能性あり。)
 
 
爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳登山で出会った雷鳥の写真はこちらで投稿しています。
 
 
 
午前3時前に扇沢を出発。
 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)