光城山夜間登山で初めての闇カップヌードル(2018年12月10日)

Pocket

 
 
 
 
 
仕事後に光城山夜間登山をしました。
前の週に所用で登山をすることができなかったので、毎週登山をつなぐための平日夜間登山です。
 
 
 
2週間ほど前にも同じ理由で光城山夜間登山をしました。
その時は登山口の駐車場には僕の車だけだったので、安心でしたが、この日は中に人が乗ったピックアップトラックが・・・。たしか、半年以上前に夜間登山をした時にも同じ車が停まっていたような気が。
暗闇の登山口駐車場にエンジンをかけて停車している車。怪しすぎます・・・。
暗闇の登山口駐車場に車を停めてザックを背負って登山口へと歩いていく僕も相当怪しいと思うのでお互いさまだと思いますが。
 

 
 
 
 
今までなかった熊注意の看板・・・。
昨年、熊が出没したというのは登山口にある注意書きのポスターで知っていましたが、今年も出没したんでしょうか・・・。
今の時期は冬眠をしているだろうとたかをくくりました。いずれにしても夜は寝ているでしょう。
 

 
 
 
 
雪山重装備で登ったので30分弱かかって光城山山頂に到着。
山頂からは夜景が綺麗でした。
 

 
 
 
 
安曇野市の夜景。
田舎のほどよい夜景です。
 

 
 
 
 
夜の9時
 

 
 
 
 
暗闇の休憩小屋
 

 
 
 
 
初めて夜間の山でカップヌードルを食べました。
自分一人だけの暗闇の里山の山頂。
カップラーメンを食べるにもメンタルを消耗します。
背後が気になって仕方がありませんでした・・・。休憩小屋の中に見えてはいけないものが見えるんじゃないかとか。
 

 
 
 
 
この冬初めての雪山装備での登山。(トレーニング)
ピッケル、アイゼン、スノーシュー、スノーショベルなどの雪山装備一式。
むき出しの地面に置かれた雪山装備。
浜に打ち上げられてしまった魚のようです。
 

 
 
 
 
展望版をパシャリ
 

 
 
 
登り始めてから1時間ほどで下山をすると、ピックアップトラックはまだ停まっていました。
なんのために停まっているのか気になりすぎます。
 
 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 
 
 

 
 
 

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)