日本百名山を登山した時に宿泊したホテル(かんぽの宿阿蘇)

日本百名山を登山した際に平地で宿泊したホテル・宿をご紹介【ひと夏での日本百名山全山日帰り登山(146日間で完登達成)】

 
 
 
 
 
松本市の山男です。
 
 
 
今回は、『日本百名山を登山した際に、平地で宿泊したホテル・宿をご紹介』ということで山トークをしていきます。
 
 
 
僕は、以前に日本百名山を、ひと夏の146日間で完登をしました。
 
 
北は北海道、南は九州まで、マイカーを運転して登山口から登山口に移動し、日本百名山の登山をしました。
 
 
『ひと夏での日本百名山全山日帰り登山』については、こちらでブログ投稿をしています。
 
 
百名山登山では、登山口から登山口へと車で移動をする中で、ネットカフェに泊まったり、車中泊をしたりもしましたが、今回は、宿泊をしたホテル・宿をご紹介します。
 
 
ネットカフェ泊や車中泊は、それほどお金がかからないのでコスパは良いですが、連日の登山の疲れをしっかりととるには、やはり、ホテル・宿に宿泊するに限ります。
 
 
 
 
 
日本百名山を登山した際に平地で宿泊したホテル・宿をご紹介

タップできる目次

どの宿も行き当たりばったりに宿泊予約しました。

基本、宿の宿泊予約は、登山の進捗、車での移動の進捗を見ながら、流動的にしました。
 
 
あらかじめ、「〇月〇日はこの宿に泊まる」という計画は、百名山登山の中ではしませんでした。(登山を決行するしないは、天候にも左右されたりするため、数日先の予定を立てるのが困難であったためです。)
 
 
ちなみに、宿泊予約はすべて、楽天トラベルでしました。
 
 
全く土地勘のない場所でのホテルの予約も、楽天トラベルではスムーズにすることができました。
 
 
 
↓ 楽天トラベルにリンクしています。
 

 
 
 
 
また、楽天トラベル経由で宿泊をすると楽天ポイントがたまり、さらに僕は宿泊費を支払うクレジットカードも楽天カードなので、クレジット払いをすることによってもポイントがたまります。
 
 
たまった楽天ポイントを楽天トラベルで使って、お得に宿泊をするということができました。
 
 
 
↓ 楽天カードのページにリンクしてます。
 

 
 
 
 
 
日本百名山を登山した際に平地で宿泊したホテル・宿をご紹介

宿泊したホテル・宿のことは結構、覚えてます。

百名山登山では、北は北海道から、南は九州の屋久島まで、様々なホテル・宿に宿泊しました。
 
 
1泊しかしなかった宿であっても、意外と印象に残っていて、また泊まりに行きたいな~と思うことがあります。
 
 
例え1泊であっても、見ず知らずの場所で、安心して休ませていただいた宿というのは、好印象です。
 
 
百名山登山の、100座の山々の登山はもちろん良い思い出となっていますが、登山のために宿泊した宿も良い思い出となっています。
 
 
僕が宿泊した各宿のリンクから見ていただければ、おわかりいただけますが、決して高級な宿に泊まったわけではありません。
 
 
 
 
 
日本百名山を登山した際に平地で宿泊したホテル・宿をご紹介

2泊3日の宿泊ができることの幸せ。

使い慣れた楽天トラベルで、スムーズに宿泊予約ができると言っても、連日の登山の疲労がたまった中での宿の検索は骨が折れることもあります。
 
 
連日の登山で疲労がピークに達した時は、同じ宿に連泊し、部屋でゆっくりと休養をさせてもらったこともありました。
(休養と言っても、登山写真の整理・選定や、ブログ投稿をしてはいましたが。)
 
 
連泊しての休養のメリットとしては、当たり前のことにはなりますが、宿から宿へ移動をする必要が無いということになります。
 
 
通常、午前中にはチェックアウトをして、次の宿にチェックインできる時間は早くても15時ごろです。
 
 
車での移動とは言え、真夏の灼熱の中を宿から宿に移動するというのは体力を消耗します。
 
 
また、チェックインの際に、車から宿の部屋に荷物を運ぶこと、チェックアウトの際に、部屋から車に荷物を運ぶのは、意外と時間と労力が必要です。
 
 
適宜、宿に連泊をしての休養をしっかりとれたことが、結果として146日間という短期間での日本百名山の完登につながったのだと思います。
 
 
 
 
 
日本百名山を登山した際に平地で宿泊したホテル・宿をご紹介

登山口から登山口への移動の途中に宿泊した宿

ここでは、登山口から登山口に、車で移動をする中で宿泊をした宿をご紹介します。
 
 
具体例をお示しすると、Aという百名山に登って下山後に、車を300km運転して次にBという百名山に向かう際、300kmの移動の中で宿に宿泊をしたというケースになります。
 
 
 
 

大山の下山後に宿泊=霧島山(韓国岳:からくにだけ)の登山前日に宿泊

ホテルルートイン八代の楽天トラベルはこちら
 
 
ルートイン八代は、駐車場(無料)、コインランドリー(有料)、大浴場、有りです。
 
 
 
 
 

霧島山の下山後に宿泊=宮之浦岳登山のために屋久島に向かう前日に宿泊

東横INN鹿児島中央駅東口の楽天トラベルはこちら
 
 
東横INN鹿児島中央駅東は、鹿児島中央駅東口より徒歩3分、無料朝食サービス、駐車場(有料)、コインランドリー(有料)、有りです。
 
 
 
 
 

宮之浦岳の登山前日に宿泊

ecohotel SORA <屋久島>の楽天トラベルはこちら
 
 
2017年当時、宿の近くにコンビニなどはなく、小さな個人商店で食料を調達しました。
 
 
登山に向けて、登山前日夜はカップラーメン2個を食べた記憶が。
 
 
食料調達をする場所や、食事処を、屋久島入りする前に調べた方が良いです。
 
 
ecohotel SORAには、無料駐車場、コインランドリー(有料)、有りです。
 
 
 
 
 

祖母山の下山後に宿泊=阿蘇山の登山前日に宿泊

亀の井ホテル 阿蘇(旧かんぽの宿阿蘇)の楽天トラベルはこちら
 
 
亀の井ホテルは、全室、阿蘇五岳を眺めることができます。お風呂は天然温泉です。
 
 
僕は、チェックアウト後も、旧かんぽの宿阿蘇の駐車場に車を停めさせていただき、阿蘇山登山をしました。(宿の方に事前に了承いただきました。)
 
 
駐車場から登山口の仙酔峡まで5kmくらい、歩きました。
 
 
2017年当時、仙酔峡までの道路が崩落しており、車での通行はできませんでした。
 
 
亀の井ホテル阿蘇には、大浴場、露天風呂、無料駐車場、コインランドリー、有りです。麻雀室や卓球もあります。
 
 
 
 
 

阿蘇山の下山後に宿泊=石鎚山登山に向け宿泊

オオズプラザホテルの楽天トラベルはこちら
 
 
阿蘇山下山後は、国道九四フェリーに車ごと乗って、九州から四国に移動しました。
 
 
大分県の佐賀関から乗船し、愛媛県の三崎港で降りました。
 
 
三崎港に上陸後は、石鎚山登山に向けて、オオズプラザホテルに宿泊しました。
 
 
オオズプラザホテルは、大洲インターから車で2分、無料駐車場有りです。
 
 
 
 
 

荒島岳登山の前日に宿泊

鯖江第一ホテルの楽天トラベルはこちら
 
 
鯖江第一ホテル(さばえだいいちホテル)は、手書きのメッセージカードが至る所に貼られていたりで、温かみのあるホテルでした。コインランドリー(有料)、無料駐車場、有りです。
 
 
白山登山の前日にも宿泊をしました。
 
 
 
 
 

甲武信ヶ岳の下山後に宿泊=金峰山・瑞牆山の登山前日に宿泊

ホテルルートインコート韮崎の楽天トラベルはこちら
 
 
ホテルルートインコート韮崎には、コインランドリー(有料)、大浴場、無料駐車場、有りです。
 
 
 
 
 

八幡平・岩手山の下山後に宿泊=八甲田山の登山前日に宿泊

ダイワロイネットホテル盛岡の楽天トラベルはこちら
 
 
ダイワロイネットホテル盛岡には、コインランドリー(有料)有りです。
 
 
 
 
 

大雪山(旭岳)の下山後に宿泊=幌尻岳の登山前日に宿泊

湯宿くったり温泉レイク・インの楽天トラベルはこちら
 
 
大自然と湖に囲まれた隠れ家的リゾートホテル
 
 
十勝川の源流である、『くったり湖』を望むホテルです。
 
 
湯宿くったり温泉レイク・インの温泉は天然温泉(露天風呂あり)で、フィンランド式サウナ、無料駐車場、有りです。
 
 
 
 
 

月山の下山後に宿泊=朝日岳の登山前日に宿泊

ホテルシンフォニーの楽天トラベルはこちら
 
 
ホテルシンフォニーは、山形県の寒河江駅(さがええき)まで徒歩3分、天然温泉の湯宿で、コインランドリー(有料)、無料駐車場有りです。
 
 
 
 
 

朝日岳の下山後に宿泊=飯豊山の登山前日に宿泊

ガーデンホテル喜多方の楽天トラベルはこちら
 
 
ガーデンホテル喜多方は、喜多方駅まで徒歩4分で、コインランドリー(有料)、無料駐車場、有りです。
 
 
 
 
 

飯豊山の下山後に宿泊=吾妻山の登山前日に宿泊

ホテルルートイン会津若松の楽天トラベルはこちら
 
 
ホテルルートイン会津若松は、コインランドリー(有料)、大浴場、無料駐車場、有りです。
 
 
 
 
 

吾妻山の下山後に宿泊=安達太良山・磐梯山登山の前日に宿泊

サンライズインいわきの楽天トラベルはこちら
 
 
サンライズインいわきは、JRいわき駅より徒歩5分、大浴場、コインランドリー(有料)、駐車場(有料)、有りです。
 
 
 
 
 

会津駒ヶ岳の下山後に宿泊=巻機山の登山前日に宿泊

大湯温泉 湯元庄屋 和泉屋旅館<新潟県>の楽天トラベルはこちら
 
 
大湯温泉は、開湯1300年の歴史があり、天然水晶温泉と呼ばれているようです。
 
 
湯元庄屋 和泉屋旅館には、大浴場、無料駐車場、有りです。
 
 
 
 
 

空木岳の下山後に宿泊=木曽駒ヶ岳の登山前日に宿泊

駒ヶ根プレモントホテルの楽天トラベルはこちら
 
 
駒ヶ根プレモントホテルは、駒ヶ根インターから車で3分、コインランドリー(有料)、無料駐車場、有りです。
 
 
 
 
 

剱岳の登山前日と下山後に宿泊

ホテルルートイン魚津の楽天トラベルはこちら
 
 
毎年、登ってきた剱岳。
 
 
ルートイン魚津は、剱岳登山をする際の常宿です。
 
 
ルートイン魚津には、大浴場、コインランドリー(有料)、無料駐車場、有りです。
 
 
 
 
 

立山の登山前日に宿泊

ダイワロイネットホテル富山駅前の楽天トラベルはこちら
 
 
ダイワロイネットホテル富山駅は、富山駅から徒歩約3分、提携駐車場(有料)、コインランドリー(有料)、有りです。
 
 
 
 
 

谷川岳の下山後に宿泊=燧ヶ岳・至仏山の登山前日に宿泊

東横INN前橋駅前の楽天トラベルはこちら
 
 
東横INN前橋駅前は、前橋駅の目の前、駐車場(有料)、コインランドリー(有料)、有りです。
 
 
 
 
 

皇海山の登山前日に宿泊

東横INN桐生駅南口の楽天トラベルはこちら
 
 
東横INN桐生駅南口は、桐生駅より徒歩2分、駐車場(有料)、コインランドリー(有料)、有りです。
 
 
 
 
 

皇海山の下山後に宿泊=平ヶ岳の登山前日に宿泊

ホテルルートイン第2足利ー国道50号沿ーの楽天トラベルはこちら
 
 
ホテルルートイン第2足利は、大浴場、無料駐車場、コインランドリー(有料)、有りです。
 
 
 
 
 

白山の登山前日に宿泊

鯖江第一ホテルの楽天トラベルはこちら
 
 
鯖江第一ホテルには、コインランドリー(有料)、無料駐車場、有りです。
 
 
荒島岳登山の前日にも宿泊しました。
 
 
 
 
 

白山の下山後に宿泊

天然温泉 加賀の湧泉 ドーミーイン金沢(ドーミーイン・御宿野乃 ホテルズグループ)の楽天トラベルはこちら
 
 
ドーミーイン金沢には、大浴場(天然温泉)、サウナ、駐車場(有料)、コインランドリー(無料?)、有りです。
 
 
風呂上がりのアイスと夜鳴きそば(ラーメン)が無料です。
 
 
 
 
 

赤石岳・悪沢岳の下山後に宿泊

ホテルドルフ静岡の楽天トラベルはこちら
 
 
ホテルドルフ静岡は、静岡駅徒歩7分(無料送迎有)、提携駐車場(有料)、コインランドリー(無料?)、有りです。
 
 
楽天アワード6年連続受賞のホテルです。
 
 
 
 
 
 
 
日本百名山を登山した際に平地で宿泊したホテル・宿をご紹介

複数の百名山を登山するために拠点とした宿

ここでは、宿を拠点として複数の日本百名山に登ったケースをご紹介します。
 
 
具体例をお示しすると、例えばAという百名山に登った後に、東横インに宿泊し、翌日はBという百名山に登り、下山後も同じ東横インに宿泊し、翌日にCという百名山に登ったというケースになります。
 
 
 
 

草津白根山の下山後に宿泊=武尊山・赤城山の登山前日に宿泊

※コンフォートホテル前橋には、3泊4日しました。
 
 
コンフォートホテル前橋の楽天トラベルはこちら
 
 
 
 
 

武尊山・赤城山の下山後に宿泊=日光白根山・男体山の登山前日に宿泊

コンフォートホテル前橋の楽天トラベルはこちら
 
 
コンフォートホテル前橋は、前橋駅北口より徒歩3分、駐車場(有料)、コインランドリー(有料)、有りです。
 
 
 
 
 

蔵王山の下山後に宿泊=早池峰の登山前日に宿泊

※ホテルフォルクローロ花巻東和には、2泊3日しました。
 
 
ホテルフォルクローロ花巻東和<JR東日本ホテルズ>(旧:フォルクローロいわて東和)の楽天トラベルはこちら
 
 
 
 
 

早池峰を下山後に宿泊=八幡平・岩手山の登山前日に宿泊

ホテルフォルクローロ花巻東和<JR東日本ホテルズ>(旧:フォルクローロいわて東和)の楽天トラベルはこちら
 
 
ホテルフォルクローロ花巻東和は、無料駐車場、コインランドリー(有料)、有りです。ヤギがいるホテルです。
 
 
 
 
 

両神山の下山後に宿泊=筑波山の登山前日に宿泊

※つくばの湯 アーバンホテルには、2泊3日しました。
 
 
つくばの湯 アーバンホテルの楽天トラベルはこちら
 
 
 
 
 

筑波山の下山後に宿泊=那須岳の登山前日に宿泊

つくばの湯 アーバンホテルの楽天トラベルはこちら
 
 
つくばの湯 アーバンホテルには、無料駐車場、大浴場、サウナ、有りです。
 
 
 
 
 

幌尻岳の下山後に宿泊=トムラウシ山の登山前日に宿泊

※コンフォートホテル帯広には、3泊4日しました。
 
 
コンフォートホテル帯広の楽天トラベルはこちら
 
 
 
 
 

トムラウシ山の下山後に宿泊=阿寒岳・斜里岳の登山前日に宿泊

コンフォートホテル帯広の楽天トラベルはこちら
 
 
コンフォートホテル帯広は、帯広駅から徒歩約2分、駐車場(有料)、コインランドリー(有料)、有りです。
 
 
 
 
 

まとめ

以上、『日本百名山を登山した際に平地で宿泊したホテル・宿をご紹介』ということで山トークをしてきました。
 
 
中には夜遅くにチェックインをして、夜が明ける前にチェックアウトをしたホテル・宿もあります。
 
 
当時は、「もったいなかったな~」と思うこともありました。
 
 
ただ、今思えば、連日の登山で疲労が蓄積していた僕にとっては、たとえ短時間の滞在(宿泊)でも、宿代を払う価値は十分にあったと思います。
 
 
 
 
それではまた、次の山トークでお会いしましょう!!
 
 
 
 
 
百名山登山では、ホテル・宿以外にも宿泊をしました。
 
ホテル・宿以外の宿泊(ネットカフェ・車中泊など)』については、こちらでブログ投稿をしています。
 
 
 
 
 
『日帰り登山のノウハウ』をこちらでブログ投稿しています。日本百名山の完登、毎週末の北アルプス登山で身に着けたノウハウになります。
 
 
 
 
 
『僕の登山装備(登山ウェア含む)』をこちらで一覧で紹介しています。お問い合わせいただくことが多いので。
 
 
 
 
 

スポンサーリンク