日本百名山の中で絶対に登るべきだと思う剱岳

日本百名山で絶対に登るべき山5選【百名山を完登した実績から】

 
 
 
 
 
松本市の山男です。
 
 
 
 
今回は、『絶対に登山すべき日本百名山5選』ということで、山トークをしていきます。
 
 
 
 
今回ご紹介する山々は、ど定番の山々で、登山難易度が高い山々になります。
 
 
※初心者の方は、1人で登るのは避けた方が良い山々になります。(天気の良い日の富士山は登れるかもしれません。)

 
 
 
 
今回ご紹介する山々は、眺めて素晴らしい山々、登って素晴らしい山々です。
 
 
なお、登って素晴らしいというのは、岩場あり、鎖場あり、長い行程に、標高差などなどがあって、「素晴らしく登りがいのある山」という意味になります。
 
 
もちろん、山景色も素晴らしい山々です。
 
 
また、今回の山々は、松本市の山男の個人的な好み、個人的な考えに基づいて選定しています。
 
 
我ながら、北アルプスに偏った選定になっていると自覚しています。
 
 
ただ、一応、わたくし、日本百名山を完登していますので、その実績に基づいた選定にはなります。
 
『日本百名山の完登(146日間で完登)』については、こちらでブログ投稿をしています。
 
 
また、幌尻岳以外は、毎年登ってきた山々になります。
 
 
それでは、日本百名山で絶対に登るべき山 トップ5ということで山トークをしていきます。
 
 
 

日本百名山で絶対に登るべき山

第5位 幌尻岳

おすすめ登山ルート:林道第二ゲート(とよぬか山荘からシャトルバス利用)
 
 
幌尻岳は、百名山登山の際に1度登ったのみの山ですが、機会があれば何度でも登りたい山です。
 
 
アイヌ語で「大きい・山」を意味する「ホロ・シリ」から名付けられたといわれる幌尻岳。
 
 
膝くらいまで川につかる渡渉(川を渡ること)を、10回ほど繰り返すことになります。
 
 
渡渉を含む、難易度の高いルートであるため、幌尻岳は、「日本百名山の中で最難関の山」といわれることもあります。
 
 
北海道にあり、起点となる「とよぬか山荘」から登山口までが遠く、登山難易度が高い山。
 
 
山頂までの敷居が高いからこそ、絶対に登るべき山だと思っています。
 
 
ルートとしては、幌尻岳山頂に登った後は、戸蔦別岳を経由して幌尻山荘に戻る周遊ルートがおすすめです。
 
 
ただし、戸蔦別岳~幌尻山荘も、幌尻山荘~幌尻岳山頂と同様に10回ほどの渡渉があるので、注意が必要です。
 
 
 
 
 
幌尻岳が掲載されている『山と高原地図』
 
※大雪山の山と高原地図に掲載されています。
 
楽天市場での検索結果はこちら
 
Amazonでの検索結果はこちら
 
Yahoo!ショッピングでの検索結果はこちら

 
 
 
『幌尻岳登山(振内コース)のポイント』については、こちらでブログ投稿をしています。
 
 
 
 
 
日本百名山で絶対に登るべき山

第4位 穂高岳

おすすめ登山ルート:上高地から
 
 
穂高岳には、難易度の高い縦走路や、登攀ルートが数多くあります。
 
 
目の前にそびえる急峻な岩稜は、ものすごい迫力で、「あんなところ本当に登れるの?」と、思いながら、僕はいつも登ってます。
 
 
また、登山者のみならず、上高地から見上げる穂高連峰の景色を、全国から多くの観光客が眺めにやってきます。
 
 
穂高岳は、剱岳、谷川岳と共に日本三大岩場と言われており、登山難易度は高いです。
 
 
ルートは、上高地~岳沢~前穂高岳~吊尾根~奥穂高岳~ザイテングラート~涸沢~横尾~上高地がおすすめです。
 
 
涸沢の紅葉は日本でも屈指のすばらしさと言われています。
 
 
 
 
 
穂高岳が掲載された『山と高原地図』
 
楽天市場での検索結果はこちら
 
Amazonでの検索結果はこちら
 
Yahoo!ショッピングでの検索結果はこちら

 
 
『上高地からの穂高岳登山のポイントと見どころ』について、こちらでブログ投稿をしています。
 
 
 
 
 
日本百名山で絶対に登るべき山

第3位 剱岳

おすすめ登山ルート:馬場島からの早月尾根ルート
 
 
「試練と憧れ」の石碑で知られる馬場島からのルートでいつも登っています。
 
 
剱岳早月尾根は、ブナ立尾根(烏帽子岳)、合戦尾根(燕岳)とともに、北アルプス三大急登と呼ばれています。
 
 
また、剱岳は「雪と岩の殿堂」と呼ばれており、早月尾根も岩場、鎖場が連続します。
 
 
早月尾根は、日本一過酷な山岳レースと言われるTJAR(トランスジャパンアルプスレース)のコースにもなっています。
 
 
『TJAR(トランス・ジャパン・アルプス・レース)』については、こちらでブログ投稿をしています。
 
 
剱岳早月尾根は、登山者として、越えねばならない試練だと思っています。
 
 
 
 
 
剱岳早月尾根ルートが掲載された『山と高原地図』
 
楽天市場での検索結果
 
Amazonでの検索結果
 
Yahoo!ショッピングでの検索結果

 
 
 
『試練と憧れの剱岳早月尾根登山のポイント』について、こちらでブログ投稿をしています。
 
 
 
 
 
日本百名山で絶対に登るべき山

第2位 槍ヶ岳

おすすめ登山ルート:新穂高からの飛騨沢ルート(右股林道ルート)
 
 
初めて槍ヶ岳登山をした時、飛騨乗越まで登りつめて目にした槍ヶ岳の穂先。
 
 
あの時の感動は、今でも覚えています。
 
 
僕が登山に夢中になった原点は、あの時に見上げた槍ヶ岳山頂の光景だと思ってます。
 
 
登山では、こんな非日常的な光景を目にすることができるんだ!と、実感したのが槍ヶ岳でした。
 
 
槍ヶ岳は、日本のマッターホルン言われることもあり、登山者の憧れと言われることの多い山です。
 
 
※マッターホルンは、スイスを象徴するシンボル。アルプス山脈で最も有名な山。世界で最も写真に撮影されている山ともいわれています。
 
 
 
 
 
槍ヶ岳が掲載された『山と高原地図』
 
楽天市場での検索結果はこちら
 
Amazonでの検索結果はこちら
 
Yahoo!ショッピングでの検索結果はこちら

 
 
 
『新穂高からの槍ヶ岳登山(飛騨沢ルート)のポイント』について、こちらでブログ投稿をしています。
 
 
 
 
 
日本百名山で絶対に登るべき山

第1位 富士山

好きな登山ルート:金鳥居から(富士急行線の富士山駅から歩いて約5分)
 
 
富士山は、言わずと知れた、標高日本一の山、日本の象徴の山です。
 
 
僕は、登山者であれば、日本一標高の高い場所に身を置くべきと思ってます。
 
 
実際に、僕は登山をするようになってから、毎年のように富士山に登ってきました。
 
 
富士山にまつわる言い回しとして、『一度も登らぬ馬鹿、二度登る馬鹿』というものがあります。(江戸時代から言われてきたようです。)
 
 
バラク・オバマ元アメリカ大統領は、スピーチでこの言い回しを使ったことがあるようです。
 
 
はるか昔から庶民の話題になり、アメリカ大統領にも取り上げられるワールドワイドな山である富士山。
 
 
登山者のみならず、日本人であれば登るべき山だと僕は思っています。
 
 
 
 
 
富士山が掲載された「山と高原地図」
 
楽天市場での検索結果はこちら
 
Amazonでの検索結果はこちら
 
Yahoo!ショッピングでの検索結果はこちら

 
 
 
『富士山に登頂するためのポイント』について、こちらでブログ投稿をしています。
 
 
 
 
 
日本百名山で絶対に登るべき山

まとめ

以上、『日本百名山で絶対に登るべき山5選』ということで山トークをしてきました。
 
 
 
第5位 幌尻岳
 
第4位 穂高岳
 
第3位 剱岳
 
第2位 槍ヶ岳
 
第1位 富士山
 
 
 
僕は日本百名山の100座全てを、2017年に146日間で完登しました。
 
 
冒頭でも書いていますが、今回ご紹介した5座のうち、幌尻岳を除いた4座は2017年以前も毎年のように登っていました。
 
 
それは、毎年登るだけの魅力がある山々だからです。
 
 
そして、百名山登山を通して、4座の存在感、魅力は日本百名山の中でも際立っていると感じました。
 
 
幌尻岳は、近ければ毎年登りたい山です。
 
 
渡渉の経験と登山中の光景は今でもしっかり覚えています。
 
 
 
今回ご紹介した山々が、僕にとって、絶対に登るべき山々であるということに間違いはありません。
 
 
 
 
 
それではまた、次の山トークでお会いしましょう!
 
 
 
 
 
『登山初心者でも登りやすい日本百名山トップ10』については、こちらでブログ投稿をしています。
 
 
 
 
 
『日本百名山の登山所要時間』を、こちらで一覧にしています。僕が百名山を完登した時の各山の登山所要時間です。
 
 
 
 
 
『日本百名山を短期間(146日間)で完登したノウハウ』について、こちらでブログ投稿をしています。
 
 
 
 
 
日本百名山の登山ルートやコースタイムなどを調べるには、山と渓谷社の『日本百名山地図帳』が大活躍しました。(詳細はこちらでブログ投稿しています。)
 
 
『日本百名山地図帳』

created by Rinker
¥2,640 (2024/07/20 16:09:44時点 楽天市場調べ-詳細)

 
 
 
 
 
『日帰り登山のノウハウ』をこちらでブログ投稿しています。日本百名山の完登、毎週末の北アルプス登山で身に着けたノウハウになります。
 
 
 
 
 
『僕の登山装備(登山ウェア含む)』をこちらで一覧で紹介しています。お問い合わせいただくことが多いので。
 
 
 
 
 

スポンサーリンク