雨の登山でのレインウェアを着るタイミングと場所について

Pocket

 
 
 
 
 
登山中に雨が降ってきたからと言って、すぐにレインウェアを着るのは逆効果になる場合があります。
 
レインウェアを着る、着ないの判断の仕方と、レインウェアを着る場所について自分の考えをまとめてみました。(夏山登山を前提にした話です。)
 
 
モンベルの登山用レインウェアであるトレントフライヤーを着て記念写真
 
 
 

ゴアテックス製の高機能レインウェアといえども

仮に、夏の登山道(森林限界以下の樹林帯)をランニング用のノンスリーブシャツ1枚で登ったとしても汗をかきます。雨で気温が下がった中での登山だとしても、シャツ1枚ですら汗をかく夏山で、レインウェアを着れば当然、汗をかきます。
 
 
 

雨に濡れるか、汗に濡れるか

森林限界以下の樹林帯であれば、
雨の中の登山では、雨に濡れるか、汗に濡れるかを選択することになります。
 
 
 

雨に濡れるか、汗に濡れるかの見極め

登山時の発汗量、発熱量は人それぞれなので、見極めは経験によって体得していく以外にありません。雨に濡れれば低体温症のリスクがあり、汗に濡れれば(レインで蒸れれば)熱中症や脱水症状のリスクがあります。
 
僕の場合ですが、樹林帯の登りでは、後者のリスクが上がるように思います。なので、樹林帯においては、基本的には雨でもレインを着ないという選択肢を優先的に考えます。
 
 
 

雨でも意外と濡れないのが樹林帯

樹林が雨風を遮ってくれるので、よっぽどの大雨で無ければ案外、濡れなかったりします。
 
 
 

森林限界に要注意

森林限界を越えると基本的には吹きさらされることになるので、注意が必要です。登りで濡れた状態の体を風に吹かれると一気に体温が奪われるので、森林限界を越えるあたりでレインを着るのが無難です。一概には言えませんが、体に風を感じるようになってきたら森林限界が近づいている場合が多いです。
 
 
 

稜線で風雨にさらされながらレインを着るのは危険

致し方ない状況になることもありますが、風雨にさらされながらレインを着るのは非常にリスキーだと思います。
 
風が吹いている状況だと、レインを着るまでの動作に手間取ってしまうことが多いです。
 
・ザックを降ろす。
・ザックからレインをだす。
・スタッフバックからレインを出す。

 
上記の動作に手間取っている間に体温は急激に奪われます。
 
スタッフバックからレインを出し、あとは着るだけになったとします。
 
しかしながら、風が吹いている状況だと、レインを着る向きにするだけでもひと苦労です。そして、本当に最悪の場合、レインが風に吹き飛ばされるということも有り得ます。
 
 
 

稜線で体温を奪われることなく着実にレインを着るためには

稜線でも、全ての場所で風に吹きさらされるわけではありません。岩陰や、ハイマツ帯では風を受けないことが多いです。僕は、岩陰やハイマツ帯を、レインを着る着ないの判断をする重要ポイント地点にしています。
 
時には、風の無いポイントまで戻ってからレインを着るということもします。
 
 
 

レインウェアについてのまとめ

僕のレインウェアについての考え、主に意識をしていることをまとめると以下のとおりです。
 
・雨が降ってきたからといってすぐにレインを着ることが最適とは限らない。
・レインウェアを着る、着ないの判断力を経験により磨く。(低山での雨トレなどで。)
・スムーズにレインを着ることができる場所を意識して稜線を歩く。

 
 
 
レインウェアは登山から切っても切り離せない道具です。
 
レインウェアを物理的な意味で着こなすこと、そのための模索をし続けることが、山歩きをより安全に、快適にすることにつながると思います。
 
 
 
僕はモンベルのトレントフライヤージャケットを愛用しています。
 
☆楽天市場での検索結果はこちら
 
☆アマゾンでの検索結果はこちら
 
☆YAHOO!ショッピングでの検索結果はこちら

 
 
 
レインを快適に着こなすための小ネタはこちらでブログ投稿しています
 
 
 
登山ノウハウ・登山ルート紹介のブログ投稿一覧はこちら
 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)