光城山を夜間登山で2往復(2019年5月24日)

Pocket

 
 
 
 
 
翌日の土曜日が職場の先輩との高瀬渓谷トレッキングからの呑み会でした。いつもの週末の山行に比べると運動量、行動時間ともに大幅に下回ることになるので、金曜日に仕事が終わってから光城山夜間登山を行いました。
 
夜間登山について考察した過去記事はこちら
 
 
 
考えてみれば、夏に光城山夜間登山をするのは初めてでした。いつもは一般的に熊が冬眠している季節に夜間登山をするので、今回は少しばかり熊への恐怖心もありました。
 

 
登山を開始して5分もたたないうちに、2つの光る眼がさっそくこちらを警戒しておりました・・・。タヌキ系の小動物だと思いますが。
 
 
1往復目の光城山山頂。
虫が活発に活動をしている時期なので、蜘蛛の巣に引っかかったり、ヘッドライトめがけて虫が飛んできたりと、なかなかのストレスでした。
 

 
道中では20近い光る目にこちらを凝視されました・・・。鹿の群れでした。
 
 
木々が伸びており、安曇野市の夜景が遮られる季節。
 

 
 
 
夜間で写真に撮るものもあまりないのでザックの記念撮影。
 

 
最近、撮りためているザックのアルバム
バーサライトパックアルバムはこちら
 
 
間髪入れずに2往復目の登りへ、
 

 
 
 
この日は闇カップヌードルをすることもなく大人しく下山。
 

 
 
 
熊への恐怖心が薄れる冬に比べ、夏の夜間登山は少しばかりメンタルを消耗することを実感したのでした。熊スプレーを携行しているといえども。
 
 
熊対策についての過去記事はこちら
 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆
 


 
 
 

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)