熊鈴は気休めかもしれないけれど必ず使います

Pocket

 
 
2015年4月~9月で長野県に寄せられた熊の目撃情報が1083件と、
昨年の1889件に比較すると6割ほどだったようです。

また、襲われてけがをした人も16人から6人に大幅に減ったようです。

確かに今年は新聞、テレビで熊のニュースを見かけることはありませんでしたし、
地域の防災放送でも熊注意のアナウンスを聞くことはありませんでした。
(自分が見聞きする範囲でですが。)

今年は熊が餌にする木の実が平年並み以上で、
餌を求めて人里に近づく熊が減ったのではないかということですが、

1083件の目撃情報があり、6人の方が熊に襲われたというのも事実。

昨年は12月にも目撃情報があったのでまだまだ気は抜けないなと思います。

ちなみに自分はツキノワグマに遭遇したことはありませんが、
今年9月の北海道登山でヒグマと遭遇しました・・・汗

忠別岳避難小屋からトムラウシ山に向かう途中の朝7時頃、
化雲岳付近のハイマツ帯で遭遇しました。

距離は15mほどで、ヒグマはこちらに気が付き、去っていきましたがさすがに緊張しました。

ツキノワグマは、三俣山荘~双六小屋の巻道を歩いていた時にフンを見たことがあります。

登山道のど真ん中にあり、熊も登山道を通るのだという事を実感しました。

 
<熊対策として山に入る時に常に頭に入れておくこと>の確認

※あくまで僕が本やネットで目にしたことなので必ずしも合っているとは限りません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)