美ヶ原で令和の登り始め(2019年5月5日)

Pocket

 
 
 
 
 
元号が令和に代わり初めての登山。
毎年残雪期に登っている蝶ヶ岳にでも登ろうかとも思いましたが、家がごたごたとしていることもあり安全第一で雪の無い美ヶ原へと足を運びました。
 
この日のルート
三城~広小場~百曲がり~美しの塔~牛伏山~美しの塔~アルプス展望コース~王ヶ頭~王ヶ鼻~王ヶ頭~牧場内~百曲がり~広小場~茶臼山~百曲がり園地~広小場~三城
 
 
 
午前3時30分ごろから三城をスタートしたので、牛伏山で令和初のご来光を拝むことができました。
 

 
 
 
三脚を置いて美しの塔を撮影している先客がいたため、良いショットを撮ることができませんでした・・・。
 

 
車で台上までやってくることのできる美ヶ原なので致し方ありません。
 
 
王ヶ頭にも先客がいたような記憶が。
 

 
やっぱり、至る所をほぼ独り占めをすることができる冬の美ヶ原が良いな~としみじみと思います。
 
 
王ヶ鼻。晴天ですが霞みがあり富士山の姿はイマイチでした。
 

 
 
 
松本平の向こうに北アルプス(槍穂高方面)
 

 
 
 
北アルプス(白馬方面)
 

 
まだ雪化粧をしている稜線付近が浮かび上がっているようです。
 
 
王ヶ鼻から眺める松本市越しの北アルプスは見飽きることがありません。
 

 
 
 
穂高岳から白馬岳までの大パノラマ
 

 
 
 
王ヶ頭ホテルと電波塔
 

 
 
 
牧場内の道路(ホテル・山小屋のバスのみ通行可能)。雪があっても無くても画になります。
 

 
 
 
一度、百曲がりを下山します。
 

 
 
 
広小場まで下山をしたら茶臼山経由で台上に登り返します。
 

 
 
 
久しぶりにリスを目にすることができました。警戒心が強く近づかせてもらえません。
 

 
 
 
あまり登山者に踏まれていない登山道を歩くことができます。
 

 
 
 
茶臼山頂上。ゴールデンウィークの呑んだくれ生活のおかげで体の重さが尋常ではありませんでした。
 

 
 
 
蓼科山から南八ヶ岳(硫黄岳~赤岳)まで。右奥には霧ヶ峰の向こうに本当にかすかに富士山を見ることができました。
 

 
 
 
茶臼山頂上から八ヶ岳を眺めていると、5分もしないうちに僕が登ってきたのと同じルートから登山者が登ってきました。かなりハイペースな登山者です。少し談笑をさせてもらったあと、美ヶ原方向へと走って行かれました。ハイペースなのも納得です。
 

 
 
 
茶臼山から王ヶ頭方面へと向かう道中は広大な美ヶ原を満喫しながら歩くことができます。美ヶ原トレイル80k・90kのコースでもあります。2回出場したことがありますが2回とも展望なしでした・・・。
 

 
 
 
青空と北アルプスと王ヶ頭
 

 
 
 
青空と草原
 

 
 
 
左奥に御嶽山、中央奥に乗鞍岳、右に美ヶ原の台上(百曲がり園地から撮影)
 

 
この日は南アルプス、中央アルプス、御嶽山、北アルプス、浅間山、八ヶ岳と360度の大展望を満喫することができた美ヶ原でした。
 
 
復路の三城付近でまたもリスに遭遇。またも近づかせてもらえず。
 

 
 
 
翌日は世間より1日早い仕事初め。ゴールデンウィークでなまりきった体でしたが良いリハビリとなりました。
 
 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆
 


 
 
 

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)