18座目 蓼科山(たてしなやま) 日本百名山全山日帰り登山

Pocket

 
2017年6月25日に蓼科山(たてしなやま)を日帰り登山済

標高2531m

長野県の山

 
登山ルート

蓼科山登山口(女乃神茶屋)からの日帰りピストン

 
メモ:八ヶ岳の最北端。
     毎年、冬に登っている山。
 

駐車場

10台以上 トイレ有り 

※駐車台数は実際にカウントしたわけではないので大きく異なっている可能性あり。
※駐車台数は10台前後、20台以上、50台以上で分類。
※トイレの使用可否は未確認の場合あり。

 
 
毎年、残雪期に登っていますが、夏山登山は3~4年振りの蓼科山

日本百名山である蓼科山の日帰り登山を達成

 
午前4時頃に駐車場に到着。雨降りのせいか車は一台も停まっていませんでした。
(不安にかられます・・・。写真は明るくなってから撮影)

蓼科山のすずらん峠駐車場

雨脚も強かったので寝袋に入り2時間ほど仮眠。

登ろうかどうか迷いましたが、雨脚も弱くなったので登ることに。

ちなみに、この日は僕の他には2組が登山してました。
 

駐車場と登山口の近くの女乃神茶屋。

蓼科山登山口近くの女乃神茶屋

 
どこの山も笹が元気です。(雨のせいもあるのでしょうか?それほど羽虫はいませんでした。)

蓼科山女乃神茶屋ルート登山口

 
石が濡れていて極めてスリッピー。

蓼科山女乃神ルート登山道

特に下山時は、アイゼン・ピッケルを使う冬道の時に負けないほど神経を使いました。

 
冬は30kgほどのザック(重り)を背負って修行さながらに登る急登。

半分以下の重さの夏山装備でもキツイものはキツイ。

蓼科山女乃神茶屋ルート登山道

 
雲の上でもあり、雲の中でもあり、雲のしたでもある登山道。

蓼科山女乃神茶屋ルート登山道から見る雲海

 
時折、八ヶ岳を見ることができました。

蓼科山女乃神茶屋ルート登山道から見る雲の上に山頂を出した八ヶ岳

中央左が赤岳。中央左が阿弥陀岳。

 
樹林帯を抜けてもありがたいことに風はほとんど無し。

蓼科山山頂に向かう登山道

 
視界良好ではないものの、ペンキと目印をしっかりたどれば問題ないレベル。

蓼科山山頂に向かう登山道
 

蓼科山の特徴ともいえる、
広大な山頂は霧が濃くなったら非常にまずい・・・。

 
ここまできたら蓼科神社と山頂方位盤まで行きます。

蓼科山山頂

 
18座目のポーズ

悪天候とここまでの西日本の登山の疲れが出てきたのか自撮りのモチベーションも低い・・・。

蓼科山山頂で記念の自撮り

 
山頂のほぼ中央にある蓼科神社。

蓼科山山頂の蓼科神社

相当数の神社に参拝してきているので、作法もだいぶ様になってきたような気が。
(そもそも参拝作法が合っているのか謎ですが・・・)

 
蓼科山の撮影スポットである方位盤の台座。(方位盤は撤去されてる?)

山頂方位盤の台座

 
山頂に咲くイワカガミ。

蓼科山山頂のイワカガミ

 
いつもは雪に埋もれている姿しか見たことがない蓼科山頂ヒュッテ。

蓼科山山頂ヒュッテ

 
展望はほとんど無しでしたが、蓼科山の夏道を歩くことができて良かったです。

蓼科山女乃神茶屋ルート登山道から見る雲

 
写真右側で頭を出している南アルプスの峰々。

雲の上に稜線を出す南アルプス

百名山日帰り登山において相当にきついであろう山々です。

 
展望が無かった蓼科山なので、
冬に撮った写真で景色を満喫。

蓼科山から見える八ヶ岳(左)と南アルプス(右)

冬の蓼科山から見る八ヶ岳と南アルプス

 
別の惑星に来たんじゃないかと錯覚するような山頂の光景。

冬の蓼科山山頂

岩と岩の隙間が雪で埋まっているので、山頂は冬の方が歩きやすい。

 
蓼科神社と右奥に方位盤。

冬の蓼科山山頂の蓼科神社と方位盤

 
北八ヶ岳の北横岳から見る蓼科山。

北八ヶ岳の北横岳から見た冬の蓼科山

 
雪に埋まる山頂ヒュッテ。

雪に埋もれた蓼科山頂ヒュッテ

 
カップラーメンばかりではなくたまにはチョコレートをと、

冬の蓼科山でゴディバのチョコレートを食べる

ホワイトデーの関係で買ったゴディバ。

強風、低温の中で食べたら味が分からなかった・・・。
 

 
 
☆日本百名山全山日帰り登山の一覧はこちら☆
 
 
 
☆登山ルートやコースタイムなどを参考にした山と渓谷社の☆

「日本百名山地図帳」

☆楽天市場での検索結果

☆Yahoo!ショッピングでの検索結果

 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA