35座目 日光白根山(にっこうしらねさん) 日本百名山全山日帰り登山

Pocket

 
31座目に登る予定の日光白根山(にっこうしらねさん)

標高2578m

栃木県と群馬県にまたがる山

 
登山ルート

菅沼駐車場からの日帰りピストン

 
メモ:奥白根山とも言われる。関東最高峰。

     以北最高峰(日光白根山より北に日光白根山より高い山は無い)

 
駐車場(菅沼駐車場:有料)
20台以上 

トイレ有り
※駐車場に隣接の菱屋(そば・うどん屋さん?)の外トイレがお店の協力により24時間利用可。 

※駐車台数は実際にカウントしたわけではないので大きく異なっている可能性あり。
※駐車台数は10台前後、20台以上、50台以上で分類。
※トイレの使用可否は未確認の場合あり。

 
 
男体山を眺めたかったものの、雲に覆われてしまっていた日光白根山山頂。

日本百名山である日光白根山の日帰り登山を達成
 

今まであまりなじみの無かった日光にいることを実感。

日光白根山の菅沼登山口
 

シラネアオイは白根山で発見されたためシラネアオイの名が付いたようです。
(シラネアオイをよくわかっていませんが・・・)

日光白根山の植物ガイド
 

弥陀ヶ池(みだがいけ)の近くにあった電気牧柵の中に、
上の写真の植物ガイドのなにかしらが植生していると思われます。


 

弥陀ヶ池と湖面に映る日光白根山。

弥陀ヶ池と日光白根山
 

弥陀ヶ池すれすれを通る登山道。

日光白根山の弥陀ヶ池とすぐその脇を通る登山道
 

木の緑と弥陀ヶ池のなんとも言えない緑色。

日光白根山の弥陀ヶ池
 

富山県魚津市が有名な埋没林のような雰囲気です。

日光白根山の弥陀ヶ池
 

湖畔には無数の鹿の足跡が。水場なんでしょう。

日光白根山の弥陀ヶ池の湖畔

熊の足跡はありませんでした。
気付いていないだけかもしれませんが、ツキノワグマの足跡は未だかつて見たことがありません。

 
思っていたよりも岩々としている白根山。

弥陀ヶ池と日光白根山
 

向こう側の景色が楽しみでしたが・・・


 

山頂に向けての登山道にとりついてからも、

菅沼登山口ルートの登山道から見上げる日光白根山の山容
 

良く晴れていましたが、


 

方向によっては雲がかかっているところも。

菅沼登山口ルートの登山道から見上げる日光白根山の山容
 

そして、たどり着いた山頂は完全に雲の中でした。

日光白根山の下方の山頂標

下方にあった山頂標と、
 

上方の山頂標。

日光白根山の上方の山頂標
 

上方の山頂標で記念撮影。

日光白根山の山頂で記念撮影

展望は無いものの、涼しくて気持ち良し。
山頂標に取り付けられていた温度計は壊れていました。
 

駐車場から弥陀ヶ池までの菅沼新道は樹林帯、
弥陀ヶ池から山頂までの登山道は、よくあるタイプの登山道でした。

日光白根山の菅沼登山口ルートの登山道
 

シャクナゲに埋め尽くされる登山道の両脇。見ごろの頃は見応えがありそうです。

日光白根山の登山道脇のしゃくなげ
 

日光白根山の登山道から見える、日光白根山の山容によく似た山。


 

下山時には、弥陀ヶ池は雲の上の湖になっていました。

日光白根山の弥陀ヶ池
 
 

日光白根山では、登山道脇の枝でザックの雨蓋を大きく裂いてしまいました・・・。
(相当に年季の入ったザックなので、強度もなくなってはいますが。)

 
カラビナで応急処置をしてだましだまし使ってはいますが、

山で道具を壊したり、無くしたりするときは、

自分のコントロール下におけない状況に置かれている時や、
なにかしらの歯車が狂っているときだと思っています。

しかしながら、そんなことを思いながらも、
この日、2座目に登るつもりの男体山に向かったのでした。

 
 
☆日本百名山全山日帰り登山の一覧はこちら☆
 
 
 
☆日光白根山登山の前日に宿泊した宿

一連の移動の中で宿泊しました。武尊山、赤城山、日光白根山登山の起点にしました。
 
 
 
☆登山ルートやコースタイムなどを参考にした山と渓谷社の☆

「日本百名山地図帳」

☆楽天市場での検索結果

☆Yahoo!ショッピングでの検索結果

 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)