5座目 霧島山(きりしまやま) 日本百名山全山日帰り登山

Pocket

 
2017年6月10日に霧島山(韓国岳)を日帰り登山済

霧島山の最高峰は標高1700mの韓国(からくにだけ)

宮崎県と鹿児島県にまたがる山

 
登山ルート

大浪池登山口~大浪池~韓国岳の日帰りピストン
※大浪池は往路は東回り、復路は西回り

 
駐車場

20台以上 トイレ有り 

※駐車台数は実際にカウントしたわけではないので大きく異なっている可能性あり。
※駐車台数は10台前後、20台以上、50台以上で分類。
※トイレの使用可否は未確認の場合あり。

 
 
韓国岳は本当に展望が最高の山でした。

百名山日帰り2座目の天城山、3座目の伊吹山、4座目の大山では天候に恵まれず、
全く展望がなかっただけに、

韓国岳の展望は本当に感動的でした。

日本百名山である霧島山(韓国岳)の日帰り登山を達成

 

大浪池での朝焼けは、
真っ白な景色を見慣れていた僕にそうとう染み渡りました☆

朝日に染まる韓国岳と大浪池

朝焼けに染まる韓国岳と大浪池。

 
高千穂峰も朝焼けに染まっておりました。

朝日に染まる高千穂峰

 
大浪池は綺麗な深い緑色をしていて、
大きすぎて近くからではカメラに収まり切りません。

大浪池を近くから撮影

 
大浪池と写真中央左に桜島。
左奥にはかすかに開聞岳が。

大浪池と桜島

今回の霧島山の次に屋久島の宮之浦岳に登り、その次が開聞岳。
ターゲットロックオン!!

 
上の写真は午前6時に撮影しましたが、
この写真は午前7時30分に撮影。

太陽が昇り切ってからの大浪池と桜島

1時間30分違うと色合いもだいぶ変わります。

時間だけでなく、撮ってる標高の高さも違いますが 笑

 
登っている道中でも山頂でもミヤマキリシマを見ることができました。

韓国岳の大浪池ルート東回りのミヤマキリシマ

 
山頂でこじんまりと咲いていたミヤマキリシマ。

韓国岳山頂にこじんまりと咲いていたミヤマキリシマ

 
ミヤマキリシマとツツジのツーショット。

ミヤマキリシマとツツジ

並んで咲いていてくれると違いもはっきりと判ります 笑

 
韓国岳山頂から新燃岳の向こうに高千穂峰。

韓国岳山頂から眺める新燃岳と高千穂峰

2011年に噴火をした新燃岳。

 
見応えのある山景色です。

韓国岳から眺める新燃岳と高千穂峰

 
せっかくなのでミヤマキリシマを入れて。

韓国岳山頂からミヤマキリシマの向こうに新燃岳と高千穂峰を撮影

 
韓国岳の火口。

韓国岳の火口

 
綺麗な鞍部を見ると歩きたくなります 笑

韓国岳の火口の淵の鞍部

 
韓国岳はなかなか自撮りスポット満載でした 笑

韓国岳山頂で自撮り

 
ひとつ左の石に立てばよかったな~ 笑

韓国岳山頂で高千穂峰を背景に自撮り

高千穂峰と僕が重なってしまっています・・・。

 
韓国岳から1時間ほどのところに住んでいるという方(仮名:霧島さん)に撮っていただいた写真。

韓国岳山頂で高千穂峰を向いて記念撮影

霧島さんには写真を撮っていただいただけでなく、
見えている山から高山植物のことなどなど、色々と教えていただきました。

まさに右も左もわかっていない僕にとっては本当にありがたかったです。

このブログ投稿でも、
あたかも知っていたかのごとく、桜島だの開聞岳などと言っておりますが 笑

霧島さんのおかげであります。

 
宮崎方面も山々が幾重にも重なっており見応えがありました。

韓国岳山頂から眺める宮崎県の山々

八ヶ岳からの光景を思い出しましたが 笑

こちらの方が見応えありでした。

 
彼方には雲仙普賢岳が。

韓国岳山頂から遠方に見える雲仙普賢岳

見ることができるのは本当に稀なようです。

 
下山時に撮った大浪池と韓国岳。

大浪池と韓国岳
 
 
実のところ、当初、韓国岳にはえびの高原から登ろうとしていましたが、
現地に行ってみると通行禁止の看板が・・・。

完全に僕のリサーチ不足だったわけですが、
おかげで思いがけず大浪池からの朝焼けを見ることができました。

予期せずにみることができた絶景というものはとても印象に残るもので、
韓国岳山頂からの光景も相まって、
とても印象的な霧島山(韓国岳)登山となりました☆

 
 
☆日本百名山全山日帰り登山の一覧はこちら☆
 
 
 
☆登山ルートやコースタイムなどを参考にした山と渓谷社の☆

「日本百名山地図帳」

☆楽天市場での検索結果

☆Yahoo!ショッピングでの検索結果

 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA