投稿者「taka」のアーカイブ

蝶ヶ岳キムチ鍋テント泊withツイッター仲間
(2018年11月3・4日)

Pocket

 
 
 
 
ツイッター仲間との蝶ヶ岳登山。
当初は西穂山荘までロープウェイを使わずに旧ボッカ道で登る山行を計画していましたが、リサーチしてみると大鍋と鍋の材料を詰め込んだ巨大なザックで登るのは危険そうな雰囲気な旧ボッカ道。
 
前の週も蝶ヶ岳に登っていましたが、ご機嫌な槍穂高を眺めることができていなかったので、西穂登山から蝶ヶ岳登山に計画を変更しました。2週連続での蝶ヶ岳でしたが全く問題なしです。今年3度目の蝶ヶ岳です。
 
 
 
「三股ゴジさん」ことゴジラみたいな木
 

 
 
 
 
まめうち平から蝶沢の間の登山道がスケートリンク状態でした。
 

 
 
 
 
ザックが重すぎて、ツイッター仲間のペースに合わせるのがきつすぎたので、自分のペースで先に登ってしまいました。おそらく、稜線に出る直前まではマイザックはパッキングしたままの原型をとどめていたと思われます。
 

 
稜線に出る直前のハイマツ帯で何度も枝にザックを持っていかれたので、そこでこんなあられもない姿になってしまったのではないかと・・・。
 
 
 
3度目の正直も、槍穂高の稜線には雲がかかっていました・・・。
 

 
 
 
 
ハイマツの向こうに常念岳
 

 
 
 
 
槍ヶ岳を中心に蝶ヶ岳ヒュッテを入れてパシャリ。
 

 
 
 
 
薄く雪化粧をして、近づくなオーラにますます磨きがかかったように見える穂高岳
 

 
計画通り西穂高岳に向かっていたら、展望はほとんどなかったのではないかと思われます。
 
 
 
強風の中、ビールを呑みながらツェルトの設営訓練。
 

 
本当はツェルト泊を予定していましたが、テント場に着いた直後は地面が凍っていてペグを刺すことができませんでした・・・。大人しくツェルト泊からテント泊に切り替え、テントを張った後のツェルト設営訓練です。
こんなこともあろうかとテントを持ってきて本当に良かったです。
最終的にはツェルトを張ることができましたが、風に吹かれるパタパタ音がうるさすぎてとんでもなく近所迷惑です。
 
 
 
雲に覆われる穂高岳
 

 
 
 
 
右下から左上にザイテングラートへと続く涸沢の登山道を雪の中に見ることができました。
 

 
 
 
 
常念岳方向は快晴です。
 

 
 
 
 
待てども暮らせも槍穂高稜線の雲は晴れず
 

 
 
 
 
ビール売り場へのワクワクする入口
 

 
 
 
 
前の週は三股から常念岳まで日帰りピストンをしました。
この日は蝶槍まですら行きませんでした。
 

 
ヒュッテから少し先の稜線でサーマレストに寝っ転がってビールを呑みました。
冷たい風に吹かれながら。
 
 
 
槍ヶ岳
 

 
 
 
 
消えそうで消えない槍穂高稜線の雲
 

 
 
 
 
陽が落ちてきたところで、
 

 
 
 
 
テント場でのキムチ鍋パーティー。
 

 
 
 
 
泥酔していたのであまり覚えていませんが・・・
沸騰するまでに1時間ほどかかったようです。
ガスカートリッジがハイパワーガスだったからでしょうか。
次回は厳冬期用のウルトラガスを試してみたいところです。
 

 
鍋の沸騰を待つ間に槍穂高の雲が晴れ、夕焼けの槍穂高を眺めることができたようですが、泥酔状態の僕はどうやらずっと鍋を眺めていたようです・・・ 泣
 
 
 
前の週にのぞいたときは1足も登山靴が置かれていなかった下駄箱。
やはり沢山の登山者が泊まる山小屋の方が活気がaってよいと思います。
 

 
消灯前の蝶ヶ岳ヒュッテでは、小屋番ツイッタラーさんを囲んでのしばしの座談会が。
稜線に身をおく方のお話しは本当に胸に染み入ります。
 
 
 
泥酔していたのでテントでは爆睡でした。
パソコンも無く、携帯もザックに入れたままほったらかしの稜線の方が平地よりも心身共に休まるような気がします。
 

 
 
 
 
テント場の夜明け
 

 
 
 
 
朝焼けと雲海
 

 
 
 
 
雲の下の雲が朝焼けで赤くなっていました。
 

 
 
 
 
朝日に染まる雲海
 

 
 
 
 
雲の下から差し込む朝日
 

 
 
 
 
朝ごはんはヒュッテの炊事場でキムチ鍋の残りを。
バーナーに不釣り合いな鍋。
 

 
残り物のキムチ鍋にツイッター仲間はご機嫌斜めでした・・・。
次回があれば気の利いた山ご飯を作るように心がけようと思います。
 
 
 
500ml缶を11本、5ℓ以上のビールをいただきました。
1本800円なので1万円近く呑んでいますが、こればかりは必要経費です。
 

 
 
 
 
テントを撤収して下山する頃には稜線は雲に覆われていました。
 

 
 
 
 
キムチ鍋の材料(主に1/2カットの白菜)の分、軽くなったことが実感できるザックでした。
 

 
 
 
当初は2人での登山の予定でしたが、ツイッターつながりのお2人と、小屋番ツイッタラーさんの合わせて5人が集結した蝶ヶ岳山行となりました。
 
気が付いていないだけで、
山ですれ違う登山者の中には、フォローしている、されている方が実は沢山いるのではないかなと思った蝶ヶ岳登山でした。
 
 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

三股からの蝶ヶ岳・常念岳日帰りピストン登山
(2018年10月28日)

Pocket

 
 
 
 
 

 
 
 
暗闇に照らし出される「みつまたゴジさん」
 

 
 
 
 
午前4時前から三股登山口を登り始め、日の出前の午前6時には蝶ヶ岳山頂につきました。
 

 
 
 
 
富士山(中央奥)も見ることができました。手前のハイマツは樹氷のように白くなっていました。
 

 
 
 
 
日帰り登山でご来光を見ることができたので得をした気分でした。
 

 
 
 
 
朝日を浴びる穂高岳・大キレット・槍ヶ岳の稜線
 

 
 
 
 
朝日を浴びる常念岳と蝶ヶ岳ヒュッテとテント場
 

 
 
 
 
蝶ヶ岳ヒュッテから蝶槍までの1往復目
 

 
 
 
 
左から奥穂高岳、涸沢岳、北穂高岳。中央の灰色の部分が涸沢カール。
 

 
 
 
 
まだ陽が登り切っていないので蝶ヶ岳の影が槍穂の稜線にかかっています。
 

 
 
 
 
常念岳と雲海
 

 
 
 
 
安曇野が雲に覆われています。
 

 
 
 
 
蝶槍から蝶ヶ岳ヒュッテへと戻ってきました。
 

 
 
 
 
ハイマツの上部が凍りついています。
 

 
 
 
 
蝶ヶ岳ヒュッテから再びの蝶槍
 

 
本当は蝶ヶ岳ヒュッテ~蝶槍を複数往復するトレーニングをしようと思っていましたが、天候などのコンディション的に常念岳まで行けそうだったので、常念岳山頂を目指すことにしました。12月初旬にツールド長野130kが控えているので登り返し耐性をつけておきたいと思っていました。
 
 
 
蝶ヶ岳~常念岳の道中の池は全面結氷していました。石を投げつけてみると割れるほどの氷の厚さではありましたが。
 

 
 
 
 
振り返ると蝶槍がだいぶ離れました。
 

 
蝶ヶ岳~常念岳は実際の見た目以上、地図上での見た目以上の時間と体力が必要なルートだと思います。複数回のアップダウンがあります。
 
 
 
常念岳への登りは、登っても登っても山頂が近づかない印象です。
 

 
 
 
 
蝶槍が本当に離れました。中央左奥にポツンと写っています。
 

 
 
 
 
登っても登っても近づかない常念岳山頂。冷たい風に吹きさらされながらの登りです。
 

 
 
 
 
絶好の登山日和と思いきや、槍穂高の稜線には残念ながら雲が。
 

 
 
 
 
蝶ヶ岳山頂に到着。上下ともに厳冬期用のウェアがザックには入っていますが、完全に夏山スタイルで登ってしまいました。
 

 
 
 
 
記念自撮り
 

 
山頂で自撮りをしていると、「ブログ参考にさせてもらっています。」と青年に声をかけられました。
自撮りしている様を見て、僕がブログの人だと気づいてくれたようです。
また、僕が北海道のトムラウシに登っている時に青年も登っていたようで、
僕の姿が印象に残っていたようです。(自撮りをしている姿が滑稽だったんだと思います・・・。)

そして、どうやらこの青年。この日の常念岳登山で日本百名山の完登を達成したとのことでした。
(公共交通機関とヒッチハイクだけでの達成のようです。凄すぎです。)

実は、この時は全く気が付いていませんでしたが。
昨年の同じ日に僕も日本百名山の完登を達成したのでした。
青年もそのことにはまったく気が付いていなかったようです。
(下山後にインスタでやりとりをしてお互いに気が付きました)
そして、なんと、青年は下山時に日本百名山ひと筆書きの田中陽気さんに遭遇したようです。
常念岳を舞台に、百名山がらみの、偶然に偶然が重なったまさにミラクルデーだったのではないかともいます。

ちなみに、常念岳山頂には、この日の登山で常念岳登山100回目だという方もいました。
こんなことって本当にあるんでしょうか・・・笑
 
 
 
大天井岳・北アルプス裏銀座方面
 

 
 
 
 
2週間前にも登った常念岳山頂に再びやってきました。
 

 
 
 
 
残念ながら槍穂の稜線の雲は晴れることはありませんでした。
 

 
 
 
 
常念岳山頂と前常念を結ぶ稜線。
 

 
 
 
 
雪化粧した槍ヶ岳山頂と北鎌尾根(写真右)にズーム
 

 
この日は朝から山岳救助ヘリが飛んでいました。後で知ったところによると北鎌尾根で遭難があったようです。助かったようでなによりです。
 
 
 
常念岳から遥か彼方の蝶槍に再び戻ります。
 

 
下山後にざっとgoogle検索してみましたが、
三股から蝶ヶ岳・常念岳を日帰りピストンしたことがある登山者はいなさそうな雰囲気でした。
 
 
 
高山植物が凍りついていました。
 

 
 
 
 
つららもこんな感じに。
 

 
ビバーク装備はいつもどおり携行していましたが、シュラフまでは持っていませんでした。
トランスジャパンでも火器の携行が義務付けられたので、来年の夏山登山では火器を携行しようと思っています。
この時期の稜線を縦走して、季節に応じて、夜を乗り切ることができる装備を携行することが重要だと改めて実感しました。
 
 
 
蝶槍から蝶ヶ岳ヒュッテへと向かう稜線。
 

 
思っていた通り、蝶ヶ岳からの常念岳往復はきつかったです。
 
 
 
ハイシーズンは登山靴で一杯になる蝶ヶ岳ヒュッテの下駄箱ですが、1足も登山靴が置かれていませんでした。
 

 
 
 
 
蝶ヶ岳ヒュッテテント場泊では何度も何度もお世話になる自動販売機。この夏の蝶ヒュッテテント泊の時は5ℓ以上のビールをちょうだいいたしました。
 

 
☆蝶ヶ岳ヒュッテテント場ビール泊のブログ投稿はこちら☆
 
 
 
これから蝶ヶ岳登山を計画されている方は林道の通行止め時間帯があるのでご注意を。
(蝶ヶ岳ヒュッテの営業は11月3日までのはずです。)
 

 
 
 
 
蝶ヶ岳山頂に戻ってきました。この日だけで3回目の蝶ヶ岳山頂です。
 

 
 
 
 
蝶ヶ岳ヒュッテと常念岳。テント場のテントの少なさが無雪期登山が終わりを迎えつつあることを物語っています。
 

 
 
 
 
帰りの登山道で地元のホームセンターのシールを発見。
 

 
 
 
 
どうやら登山道の階段の手すりはホームセンターで調達がされているようです。
三股ルートは階段の整備が着々と進んでいます。
 

 
 
 
本当は、蝶ヶ岳ヒュッテ~蝶槍を複数往復しようと思っていたこの日の登山ですが、
常念岳まで足を伸ばしたのは、百名山達成の青年に呼ばれたからではないのかなと思いました。
 
最高にミラクルな蝶ヶ岳・常念岳登山だったと思います。
 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

雪化粧の槍ヶ岳日帰り登山(2018年10月21日)

Pocket

 
 
 
 
今年の夏は心の故郷である槍ヶ岳に1度しか登っていなかったので、秋も深まるタイミングで今年2度目の槍ヶ岳に登ってきました。
 
 
 
滝谷出合から眺める北穂高岳の滝谷ドーム。何度見ても荘厳です。
 

 
 
 
 
陽が登る前でとてつもなく冷えた状態の飛騨沢カールを登りました。
ちょうども登り切るあたり、飛騨乗越を目前にして太陽が姿を現しました。
 

 
 
 
 
飛騨乗越から飛騨沢カール越しに振り返る笠ヶ岳。
まだ日陰になっている冷えた部分を登ってまいりました。
 

 
飛騨沢カールを5分の3程登ったあたりから薄っすらと雪がありましたが、
チェーンスパイク未使用のトレランシューズで登ることができました。
トレランシューズではとても足が冷えました・・・。
 
 
 
笠ヶ岳の奥にうっすらと白山が見えています。
今年の夏、アメリカから一時帰国した山仲間と灼熱の笠ヶ岳日帰り登山をしたのが良い思い出です。
 

 
 
 
 
飛騨乗越から見上げる大喰岳(おおばみだけ)
 

 
夏に大喰岳~南岳~大キレット~北穂高岳~穂高岳山荘~白出沢~新穂高と縦走をしたのが良い思い出です。
新穂高発での槍ヶ岳~大キレット~北穂高岳~穂高岳山荘~白出沢~新穂高の日帰り周遊。
今までの登山歴の中で、最もレベルの高い日帰り登山でした。
 
 
 
槍ヶ岳キャンプ場入口の看板と槍ヶ岳の穂先。
好きなアングルです。
 

 
 
 
 
夏に登った時は登山者渋滞のため、穂先の登りだけで1時間ほどかかりました・・・。
今回は20分ほどで登頂することができました。
渋滞の代わりに若干の積雪がありました。
 

 
 
 
 
雪化粧した北鎌尾根(バリエーションルート)を登ってくるクレイジーなパーティーがいらっしゃいました。
 

 
 
 
 
穂高岳を背景に記念自撮り。
一応、ピッケルを携行しましたが出番はありませんでした。
チェーンスパイクは穂先に登るときのみ使用しました。
 

 
 
 
 
貸し切り状態の槍ヶ岳山頂で槍ポーズを決めての自撮り。
考えてみると槍ポーズをしたのは初めてかもしれません。
 

 
 
 
 
快晴のもと、雪化粧した槍穂高の稜線が綺麗でした。
 

 
 
 
 
槍ヶ岳山頂の祠と裏銀座
 

 
 
 
 
槍ヶ岳山荘と笠ヶ岳
 

 
 
 
 
北アルプス裏銀座方面。
今年も新穂高~双六岳~三俣蓮華岳~鷲羽岳~水晶岳の日帰り登山をすることができました。
 

 
上の写真には黒部五郎岳、鷲羽岳、水晶岳、薬師岳と4座の日本百名山が写っています。
 
 
 
穂先への登山道には少し積雪がありましたが、チェーンスパイクでクリア。
 

 
 
 
 
槍ヶ岳山荘前のベンチにはほど良い数の登山者が。石畳は雪に覆われていました。
 

 
 
 
 
せっかくなので大喰岳まで登り、槍ヶ岳を眺めました。
 

 
 
 
 
下山時に飛騨沢カールから笠ヶ岳を撮影。
 

 
 
 
 
下山時の滝谷ドーム。
 

 
 
 
 
滝谷ドームにはラスボスがいるに違いありません。
 

 
 
 
 
滝谷の渡渉地点にかけられていた橋は大雨?で流されてしまったようです。
このケルンが渡渉地点の目印です。
 

 
 
 
 
写真以上に迫力のある流れで、降雨などで増水している時の無理な渡渉は本当に命取りとなります。
 

 
 
 
 
かけられていた橋は土砂と石に埋もれてしまっています。
 

 
 
 
 
青空と雪化粧の素晴らしい槍ヶ岳登山でした。
 
 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

快晴の常念岳登山(2018年10月13日)

Pocket

 
 
 
 
 
毎年登っている常念岳。
今年は山仲間と登りました。
紅葉は既に終わり、沢にかけられた木の橋には霜が降りており、
晩秋を感じさせる登山となりました。
今年は本当に天候に恵まれることが少ない週末でしたが、
この日は秋晴れの空のもと、槍ヶ岳~大キレット~穂高岳の稜線や裏銀座方面を、常念乗越~常念岳山頂から見渡すことができました。
夏に歩いた山々の稜線を眺めることができ、
今年の夏山登山に思いを馳せることができました。
個人的に常念乗越の光景がとても好きですが、乗越の光景にアクセントを与えてくれていた道標が倒れてしまっていたのが残念でした。
僕の身長以上の高さのあるずっしりとした道標でしたが、稜線の過酷な自然状況によって倒されたのだと思います。
 
 
常念小屋は来年が100周年のようです。
100周年にあわせて道標も復旧すればよいなと思いました。
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

紅葉見ごろの焼岳登山(2018年10月6日 新中の湯ルート )

Pocket

 
 
 
 
山仲間との焼岳登山。
雨予報の日の登山を好まない山仲間との山行だったので、それほどコースタイムが長くない焼岳をチョイス。
展望が一切ない登山も覚悟していましたが、幸運にも焼岳北峰山頂では時々、雲が切れ、槍ヶ岳や笠ヶ岳を眺めることができました。
そして、焼岳北峰山頂では、昨年の日本百名山全山日帰り登山の後方羊蹄山(北海道)以来のブロッケン現象を見ることができました。
紅葉も見ごろで、一面の笹の緑色の上に赤色に色づいた木々が印象的でした。
山頂直下の噴気孔はいつもながらに硫黄のにおいがしましたが、見た目にはいつもよりも大人しい感じ。
新中の湯ルートからの焼岳登山というと、大量発生の羽虫が印象的ですが、10月に入っているせいか、その姿は全くありませんでした。
 
 
 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

夜明け前に下山完了した光城山登山(2018年9月30日)

Pocket

 
 
 
この日はかねてからトレーニングをしてきた成果を発揮するはずの松本マラソン(フルマラソン)のはずでしたが、台風の影響でまさかの中止に・・・。残念で仕方ありませんが、まあ、こればかりは仕方のないことです。
この週末は、松本マラソンに出場つもりだったので元々、ノーマウンテンな週末の予定でした。
(あわよくばフルマラソンを完走した後に光城山に登ろうなどとは思っていましたが。)
松本マラソン出場に意識を向けており、山に向けての心の準備ができていなかったので、
朝から平地で色々と用事を済ます週末にしようと思いましたが・・・。
やはり毎週末登山を習慣としていると、週末は自然と体が山に向かってしまいます。
朝8時から予定を入れていたので、午前3時に起きて予定時間前に光城山に登ることにしました。
結果、午前5時には暗闇の中、無事に光城山を下山することができたました。
仕事後の夜に光城山に向かい、暗い時間に登り暗い時間に下りてくると言うことはありましたが、
夜明け前に登り夜明け前に下山をするという登山は初めての経験でした。
ただ、雨の中の暗闇の登山といえども常連さんが多い光城山では、
下山をしている時に、懐中電灯を持った地元民と思われる方が登ってこられました。
他に印象的だったのは、登山開始時に駐車場に着くと、鹿の親子がいたのと、うさぎがいました。
光城山の山中ではカモシカを見たこともありますが、住宅街からほど近い場所にある駐車場に鹿が居たのは驚きでした。
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

深田久弥の日本百名山 全山日帰り登山の旅

Pocket

 
 

2017年6月5日から10月28日までの146日間で、

日本百名山 全山日帰り登山を達成しました。

 
 
詳しくはこちらで記しています。
☆日本百名山全山日帰り登山を146日間で達成して思うことやノウハウについて 一覧☆
 
 
 
☆ひと夏での日本百名山全山日帰り登山 往路所要時間ランキングはこちら☆
 
 
 
日本百名山全山日帰り登山達成の軌跡です。(日付順)

NO.登山日
(2017年)
山名登山口所要時間ブログ投稿
16月5日丹沢大倉7時間30分/3時間40分ブログ
26月6日天城山天城高原ゴルフコース3時間10分/1時間20分ブログ
36月7日伊吹山三之宮神社3時間30分/1時間50分ブログ
46月8日大山南光河原駐車場2時間45分/1時間20分ブログ
56月10日霧島山(韓国岳)大浪池登山口3時間50分/1時間35分ブログ
66月12日宮之浦岳淀川登山口6時間/2時間40分ブログ
76月13日開聞岳開聞岳登山者駐車場2時間50分/1時間20分ブログ
86月14日九重山長者原5時間30分/2時間15分ブログ
96月15日祖母山北谷3時間10分/1時間20分ブログ
106月16日阿蘇山(根子岳)大戸尾根登山口2時間/55分ブログ
116月18日石鎚山土小屋3時間40分/1時間20分ブログ
126月19日剣山見ノ越4時間15分/1時間ブログ
136月20日大台ヶ原山大台ケ原ビジターセンター2時間10分/25分ブログ
146月20日大峰山行者還トンネル西口4時間/1時間45分ブログ
156月22日荒島岳勝原スキー場駐車場3時間10分/1時間40分ブログ
166月23日恵那山広河原3時間40分/1時間45分ブログ
176月24日焼岳中の湯3時間30分/1時間25分ブログ
186月25日蓼科山女乃神茶屋2時間45分/ 1時間12分ブログ
196月26日美ヶ原山本小屋ふる里館1時間50分/50分ブログ
206月26日霧ヶ峰車山肩1時間30分/20分ブログ
216月27日乗鞍岳畳平2時間35分/55分ブログ
226月29日八ヶ岳(赤岳)美濃戸口6時間/2時間40分ブログ
236月30日雲取山鴨沢4時間55分/2時間30分ブログ
247月1日大菩薩嶺上日川峠2時間45分/1時間20分ブログ
257月2日富士山富士スバルライン5合目5時間20分/2時間50分ブログ
267月3日甲武信ヶ岳毛木場(もうきば)4時間45分/2時間10分ブログ
27
28
7月4日金峰山
瑞牆山
瑞牆山荘6時間45分/4時間50分ブログ
297月6日四阿山ダボス牧場3時間/1時間45分ブログ
307月6日浅間山(黒斑山)車坂峠2時間20分/55分ブログ
317月8日甲斐駒ヶ岳尾白7時間35分/3時間40分ブログ
327月9日草津白根山草津レストハウス2時間30分/1時間10分ブログ
337月10日武尊山裏見ノ滝駐車場3時間55分/1時間45分ブログ
347月10日赤城山黒檜山登山口2時間45分/35分ブログ
357月12日日光白根山菅沼2時間55分/1時間30分ブログ
367月12日男体山二荒山神社3時間55分/1時間55分ブログ
377月13日谷川岳谷川土合口
復路のみロープウェイ使用
4時間45分/3時間ブログ
38
39
7月15日燧ヶ岳
至仏山
鳩待峠9時間20分/7時間40分ブログ
407月18日槍ヶ岳新穂高10時間50分/6時間
往路雨停滞有り
ブログ
417月20日高妻山戸隠キャンプ場4時間30分/2時間35分ブログ
427月20日火打山笹ヶ峰5時間40分/2時間40分ブログ
437月22日妙高山笹ヶ峰6時間20分/2時間45分ブログ
447月23日苗場山小赤沢3合目3時間/1時間30分ブログ
457月24日両神山日向大谷4時間25分/2時間5分ブログ
467月25日筑波山駐在所(非正規ルート)4時間20分/1時間45分ブログ
477月26日那須岳峠の茶屋4時間15分/40分ブログ
487月27日蔵王山刈田山頂駐車場2時間20分/55分ブログ
497月28日早池峰山河原坊~小田越3時間20分/1時間30分ブログ
507月29日八幡平見返峠1時間5分/25分ブログ
517月29日岩手山馬返登山口5時間5分/2時間15分ブログ
527月31日八甲田山酸ヶ湯3時間25分/1時間20分ブログ
538月1日後方羊蹄山半月湖登山口(ヒラフ)6時間/2時間15分ブログ
548月2日十勝岳望岳台3時間55分/1時間40分ブログ
558月3日大雪山(旭岳)旭岳温泉ロープウェー山麓駅4時間35分/2時間5分ブログ
568月4日幌尻岳林道第二ゲート10時間50分/3時間55分ブログ
578月6日トムラウシ山国民宿舎東大雪7時間10分/3時間25分ブログ
588月7日阿寒岳(雌阿寒岳)オンネトー3時間35分/1時間30分ブログ
598月7日斜里岳清岳荘4時間10分/1時間40分ブログ
608月8日羅臼岳岩尾別温泉5時間15分/2時間15分ブログ
618月9日利尻山鴛泊港6時間/2時間50分ブログ
628月13日岩木山岩木山神社5時間15分/2時間20分ブログ
638月14日鳥海山滝ノ小屋登山口6時間30分/2時間5分ブログ
648月15日月山月山8合目4時間10分/1時間30分ブログ
658月16日朝日岳古寺鉱泉5時間10分/2時間40分ブログ
668月17日飯豊山御沢キャンプ場8時間30分/3時間45分ブログ
678月18日吾妻山(西吾妻山)白布温泉4時間30分/2時間20分ブログ
688月20日安達太良山奥岳温泉3時間50分/1時間55分ブログ
698月20日磐梯山猪苗代登山口4時間15分/1時間55分ブログ 
708月21日会津駒ヶ岳滝沢登山口5時間/1時間40分ブログ
718月22日巻機山桜坂駐車場4時間40分/2時間10分ブログ
728月26日鳳凰山青木鉱泉7時間50分/3時間50分ブログ
738月29日空木岳池山林道6時間50分/3時間10分ブログ
748月30日木曽駒ヶ岳桂小場7時間50分/3時間40分ブログ
759月1日白馬岳猿倉7時間30分/3時間15分ブログ
76
77
9月3日北岳
間ノ岳
広河原8時間25分/4時間5分ブログ
789月5日剱岳馬場島9時間5分/3時間50分ブログ
799月8日立山室堂4時間30分/1時間ブログ
809月9日薬師岳折立8時間35分/3時間40分ブログ
819月10日黒部五郎岳折立9時間55分/4時間35分ブログ
829月13皇海山銀山平13時間10分/6時間35分ブログ
839月15日平ヶ岳鷹ノ巣7時間10分/3時間5分ブログ
849月16日越後駒ヶ岳枝折峠5時間30分/2時間10分ブログ
859月19日鹿島槍ヶ岳扇沢9時間25分/4時間45分ブログ
869月20日五竜岳黒菱駐車場8時間35分/3時間45分ブログ
879月22日塩見岳鳥倉林道終点8時間30分/4時間ブログ
889月27日常念岳一ノ沢6時間20/3時間ブログ
899月29日穂高岳(奥穂高岳)岳沢9時間55分/4時間5分ブログ
9010月1日笠ヶ岳新穂高8時間45分/4時間8分ブログ
9110月4日白山別当出合7時間30分/2時間40分ブログ
9210月6日御嶽山田ノ原2時間15分/1時間5分ブログ
93
94
10月8日鷲羽岳
水晶岳
新穂高14時間40分/7時間40分ブログ
95
96
10月12日赤石岳
悪沢岳
畑薙第一ダム16時間30分/9時間20分ブログ
9710月18日聖岳芝沢ゲート9時間50分/4時間25分ブログ
1010月24日阿蘇山(高岳)
※自己責任
かんぽの宿 阿蘇
(前日泊からの駐車)
5時間45分/2時間5分ブログ
9810月26日仙丈ヶ岳北沢峠4時間/1時間55分ブログ
9910月27日光岳芝沢ゲート9時間40分/4時間40分ブログ
10010月28日雨飾山雨飾高原キャンプ場3時間40分/1時間55分ブログ

 
※所要時間は下山時刻から登山開始時刻を引いたものです。
※所要時間の太字は往路の所要時間です。基本的に休憩無しで、写真撮影も少なめです。
※赤文字の山は2016年の夏山シーズンまでに登山したことがある百名山です。
※最短コースのピストンではなく、縦走、周遊をしたルートがあります。
※僕の登山ペースはコースタイムのおよそ60%~70%で休憩は15分~1時間程度です。
 
 
☆挑戦中の登山装備の一覧はこちら☆
 
 
☆ひと夏での日本百名山全山日帰り登山 往路所要時間ランキングはこちら☆
 
 
☆日本百名山全山日帰り登山を146日間で達成して思うことやノウハウについて 一覧☆
 
 
 

 
 
 
☆登山ルートやコースタイムなどを参考にした山と渓谷社の☆

「日本百名山地図帳」

☆楽天市場での検索結果

☆amazonでの検索結果

☆Yahoo!ショッピングでの検索結果

 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 
 

スポンサーリンク

Pocket

モンベル チェーンスパイクの活躍の様子

Pocket

 
 
 
 
モンベルのチェーンスパイクは、軽量コンパクト、着脱が簡単なので残雪期の登山や、冬の初めの登山、真冬の低山などの登山で大活躍しています。
 
登山靴はもちろん、トレランシューズにも装着することができます。
 
 
 
 
チェーンアイゼン
☆楽天市場での検索結果はこちら☆
☆アマゾンでの検索結果はこちら☆
☆Yahooショッピングでの検索結果はこちら☆
 
 
 

☆チェーンスパイクについての詳しいブログ投稿はこちら☆

 
 
 
 
 
2018年11月3・4日 蝶ヶ岳ヒュッテテント泊登山
 
ツイッター仲間との蝶ヶ岳キムチ鍋テント泊
 
 
蝶ヶ岳の三股ルートでチェーンスパイクの装着準備。
 
モンベルの軽アイゼンであるチェーンスパイクを蝶ヶ岳三股ルートで装着準備
 
 
 
 
晩秋で雪のついた蝶ヶ岳三股登山道をチェーンスパイクで進む。
 
モンベルの軽アイゼンであるチェーンスパイクを履いて蝶ヶ岳三股ルートを進む
 
 


 
 
 
 
 
2018年10月21日 槍ヶ岳・大喰岳日帰り登山
 
薄く雪化粧した槍ヶ岳
 
 
雪化粧した槍ヶ岳山頂で下山に備えてチェーンスパイクの装着準備。
 
秋も深まる10月下旬の槍ヶ岳山頂で下山に向けてモンベルの軽アイゼンであるチェーンスパイクを装着準備
 
 
 
 
トレランシューズにもバッチリ装着できるモンベルのチェーンスパイク
 
秋も深まる10月の槍ヶ岳山頂でモンベルの軽アイゼンであるチェーンスパイクをトレランシューズに装着
 
 
 
 
薄っすらと雪化粧してスリッピーな槍ヶ岳をチェーンスパイクを履いて下山。
 
10月下旬で薄っすらと雪が積もった槍ヶ岳山頂へ向かう登山道
 
 

☆雪化粧の槍ヶ岳日帰り登山のブログ投稿はこちら☆

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
2018年5月13日 残雪期の燕岳登山
 
残雪の燕岳合戦尾根を2往復するトレーニング。
 
 
残雪の燕岳合戦尾根登山で、
 
5月で残雪の燕岳合戦尾根登山でモンベルの軽アイゼンであるチェーンスパイクを装着準備
 
 
 
 
トレランシューズにチェーンスパイクを装着。
 
5月で残雪の合戦尾根でモンベルの軽アイゼンであるチェーンスパイクをトレランシューズに装着
 
 
 
 
チェーンスパイクを履いて中房温泉登山口~合戦尾根~燕山荘を2往復しました。
 
5月で残雪の燕岳合戦尾根
 
 

☆残雪の燕岳合戦尾根2往復登山のブログ投稿はこちら☆

 
 
 
 
 

チェーンアイゼン
☆楽天市場での検索結果はこちら☆
☆アマゾンでの検索結果はこちら☆
☆Yahooショッピングでの検索結果はこちら☆
 
 
 

☆チェーンスパイクについての詳しいブログ投稿はこちら☆

 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

上高地発着での前穂高岳・奥穂高岳・涸沢の日帰り周遊登山
(2018年9月22日)

Pocket

 
 
 
 
毎年9月最終週に予定している上高地発着での穂高岳~涸沢~横尾の日帰り周遊ですが、
今年は9月最終週に開催される松本マラソンにエントリーしていたため例年よりも1週前に歩いてきました。
 
 
紅葉の北アルプス涸沢カールと涸沢槍
 
 
 

上高地~岳沢

 
雨の上高地といえども、3連休ということもあってか登山者で賑わっていた上高地のバスターミナル。
中国地方在住のツイッター仲間とまさかの遭遇。
登山開始から大雨で、登山道は川と化していた。
水が流れているところを見たことが無かった岳沢もこの日は物凄い勢いで水が流れており、渡渉をためらう登山者が続出。(結果的にどうしたかは不明。)
僕も引き返そうかと思ったが、よくよく考えると、岳沢を渡るのは岳沢小屋に行くためだけであって、重太郎新道に進むには沢を渡る必要は無く、沢を遡上すればよいことに気が付く。
結果的に、岳沢小屋をスルー(渡渉回避)して先へと進むことができた。
 
 
 

岳沢~重太郎新道~紀美子平

 
雨の中、鎖場、ハシゴ、岩場を慎重に進む。
風がそれほど無かったので、進むことを決断。
万が一、戻る場合はスリッピーな登山道を神経を使いながら下山する必要があり、
進んだ場合にはエスケープルートは無いという状況。
カモシカの立場と雷鳥広場の間で雷鳥に会うことができた。
珍しく単独の雷鳥だった。
他の登山者は僕と同じく前穂高岳方面へと進む2組のみだった。
 
 
 

紀美子平~前穂高岳山頂~紀美子平

 
雨の中、紀美子平~前穂高岳山頂を歩くかどうか迷うも風がそれほどなかったので、行けるところまで行ってみることに。
晴れていれば無数のデポザックが置かれている紀美子平もさすがにデポザックは全くなし。
道中に1箇所ある、晴れていても神経を使う岩場で進むか戻るか1分ほど迷うも結局登ることに。(戻れなくなったらどうしようという不安でいっぱいだった・・・)
前穂高岳山頂は展望は一切なく、紀美子平からの登下山を含め他の登山者は誰もいなかった。
途中で一瞬、雲の向こうに太陽の姿を確認することができた。
 
 
 

紀美子平~吊尾根~奥穂高岳

 
最低コルからの登り返しが少しきつい吊尾根。
重太郎新道で少しお話しをした方が、前穂高岳をスルーして先に歩いていたようで再び遭遇。
低体温症になりそうだとレインウェアの下にダウンを着こんでいた。
もう少しで奥穂高岳山頂ですよと伝えると元気を回復していたようで安心。
奥穂高岳山頂は登山者全くおらず。少し待っていると、先ほどの方が登ってきたのでひと安心。
二人で写真を撮り合った。
軽快に歩いていた登山者だったので小屋泊かと思いきや、テント泊とのこと。
北アルプスを4泊の日程で縦走したこともあると話をしてくれ、雨の重太郎新道~吊尾根~穂高岳に突入するだけのことはあると納得。ジャンダルムを視野に入れた山行計画をたてられていた。
 
 
 

奥穂高岳~穂高岳山荘~涸沢岳

 
上高地を出発してから奥穂高岳山頂まで雨風の中の登山で展望は無いに等しかったが、奥穂高岳山頂をあとにするとまさかの好転。
標高が上がることにより雲の層を抜けて晴れるということは時々あるが、稜線歩きで標高がさほど変わらない状況でここまで天気が急変するのは珍しい。
さすがにこのままザイテングラートを下りるのは悔しいので、涸沢岳の山頂に立つことに。
涸沢岳山頂からは幻ではないかと思える快晴のもと、槍穂高の眺めを満喫することができた。
奥穂から穂高岳山荘に向かっている時には雷鳥親子に会うことができた。
昨年の日本百名山全山日帰り登山では、何故かトイレに行きたくなるタイプの腹痛に襲われ、重太郎新道から悶絶しながらやっとのことで穂高岳山荘のトイレへとたどり着いた記憶がよみがえった。
 
 
 

涸沢岳~穂高岳山荘~ザイテングラート~涸沢

 
連休だけあって沢山の登山者が登ってきた。
涸沢は相変わらずの賑わいで、毎回毎回思うが、涸沢ヒュッテのテラスでくつろいでいる登山者が本当にうらやましく、毎度のごとく後ろ髪をひかれる思いで涸沢を後にした。
色づき始めた涸沢カールの紅葉と、その奥に見える涸沢槍をはじめとした穂高岳の稜線が綺麗だった。
 
 
 

涸沢~横尾

 
毎度のことながら物凄い数の登山者とすれ違った。
500人以上くらい?
 
 
 

横尾~上高地

 
横尾から上高地は本当に長い。
最終バスを気にしながらの早歩き。
ここでも毎度のごとく、キャリーバックをひいた登山者とすれ違った。
どう考えても担いだ方が楽だと思いますが・・・。
 
 
少し早いとはいえ紅葉の始まった涸沢カールを眺めることができ、
山行前半からすると信じられない青空が広がり、
今年もまたお気に入りのルートを歩くことができて良かった。
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

グリベルのピッケル エアーテックエヴォリューションの使用実績

Pocket

 
 
 
 
 
雪山登山・冬山登山で頼れる相棒。
グリベルのエアーテックエヴォリューションの使用実績です。
 
 
グリベル エアーテックエヴォリューション
 
楽天市場での検索結果はこちら
アマゾンでの検索結果はこちら
YAHOO!ショッピングでの検索結果はこちら

 
 
 
2018年11月3・4日 晩秋の蝶ヶ岳登山
 
 
ザックに外付けしたグリベルのピッケルであるエアーテックエヴォリューションを蝶ヶ岳山頂で記念撮影
 
使うことはありませんでしたが、ザックに外付けしてピッケルを携行
 

☆晩秋の蝶ヶ岳登山のブログ投稿はこちら☆

 
 
 
2018年10月28日 三股からの蝶ヶ岳・常念岳の日帰りピストン登山
 
 
晩秋の蝶ヶ岳山頂でグリベルのピッケルであるエアーテックエヴォリューションが外付けされたザックを記念撮影
 
使うことはありませんでしたが、ザックに外付けしてピッケルを携行
 

☆三股からの蝶ヶ岳・常念岳日帰りピストン登山のブログ投稿はこちら☆

 
 
 
2018年5月27日 残雪の富士山登山
 
 
残雪の日本最高峰富士山剣ヶ峰登山でグリベルのピッケルであるエアーテックエヴォリューションの記念撮影
 
残雪の富士山剣ヶ峰山頂でピッケル(グリベルエアーテックエヴォリューション)の記念撮影
 

☆残雪の富士山剣ヶ峰登山のブログ投稿はこちら☆

 
 
 
2018年3月3日 冬の赤岳鉱泉にテント泊での硫黄岳登山
 
 
八ヶ岳の硫黄岳に向かう稜線で赤岳と阿弥陀岳を背景にグリベルのピッケルであるエアーテックエヴォリューションの記念撮影
 
硫黄岳に向かう稜線から赤岳と阿弥陀岳を背景にピッケル(グリベルエアーテックエヴォリューション)の記念撮影
 

☆赤岳鉱泉雪上テント泊での硫黄岳登山のブログ投稿はこちら☆

 
 
 

グリベル エアーテックエヴォリューション
 
楽天市場での検索結果はこちら
アマゾンでの検索結果はこちら
YAHOO!ショッピングでの検索結果はこちら

 
 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket