投稿者「taka」のアーカイブ

金鳥居からの日帰り富士山剣ヶ峰登山の高山植物アルバム(2018年9月9日)

Pocket

 
 
 
 
吉田ルートにはトリカブトが多いことに気が付いた金鳥居からの日帰り富士山剣ヶ峰登山でした。
 
 
 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
☆金鳥居からの日帰り富士山剣ヶ峰登山のブログ投稿はこちら☆
 
 
 
☆高山植物を撮影したオリンパスのToughカメラ☆
 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

金鳥居からの日帰り富士山剣ヶ峰登山(2018年9月9日)

Pocket

 
 
 
 
 
金鳥居からの日帰り富士山剣ヶ峰登山は、標高差約3000m(累積標高差6000m)、距離は往復約42kmと気が遠くなるものがあります。
 
 

 
 
 
気が遠くなるような日本一高い場所への道のりをひたすら突き進むところに金鳥居からの日帰り富士山登山の魅力があるのだと思います。
 
日本一過酷とも言われる富士登山競争が人気のレースとなっているのは、そんなわけもあるのではないでしょうか。
(富士登山競争は富士吉田市役所~金鳥居~吉田口山頂がレースコースです。)
 
 
 

金鳥居~北口本宮富士浅間神社~吉田遊歩道~馬返し

午前1時30分頃に金鳥居近くのコインパーキングを出発。
富士登山競争コースの1本右側の暗闇の吉田遊歩道を歩く。
途中から雨が降り始めるも気温が高かったためレインウェアは使用せず。
 
 

馬返し~5合目佐藤小屋

金鳥居から馬返しの遊歩道はとても長く感じるが、
馬返しから先は登山道となり気持ちよく登れる。
5合目が近づくころに徐々に明るくなってきたのでご来光に間に合うようにペースを上げた。
道中で、ヘッドライトを付けたトレイルランナー?が下山してきたのでどんな行程だったのか不思議に感じた。
 
 

5合目佐藤小屋~吉田口山頂

佐藤小屋を過ぎるとちらほらと登山者と会うようになった。
天気予報からして、諦め半分、期待半分だったが、幸運にもご来光を拝むことができた。
6合目から上は小屋泊組の登山者が大勢いる区間と、
登山者が全くいない区間とがあった。
8合目以上の小屋に泊まり山頂を目指している登山者が多いように感じた。
欧米系、アジア系ともに外国人が多く、
相変わらず日本人よりも、外国人の方が多いように思う。
異国の地で登山をするとなると、言語が違う中で登山口まで辿り着くだけでも一苦労だと思うので、
外国人の行動力を見習わねばと思った。
標高が高くなるにつれて風が強くなり、8合目から上はバランスを体のバランスを崩すレベルの風が吹いていた。
7月下旬の富士登山競争の前は試走をするランナー、トレイルランナーが沢山いるが、9月のせいかトレイルランナーは2人ほどしかいなかった。
ほとんどの山小屋はこの週末が小屋閉めのようで、意外にも9月に入ってもいても8~9割の山小屋が営業をしていた。
 
 

吉田口山頂~お鉢巡り(時計回り)~日本最高峰富士山剣ヶ峰

風が強く、特に序盤は体を持っていかれるレベルの強風だった。
体感温度がぐっと下がり、寒さを感じたので上下ともにレインを着用。
強風のためか、お鉢巡り~剣ヶ峰は登山者がそれほどいなかった。
今年がたまたまなのか、初めて雪のない富士山の火口を見た。
 
 

日本最高峰富士山剣ヶ峰~吉田口山頂~下山道~5合目佐藤小屋~馬返し

6合目までは見ごたえのある雲を目にしながらサクサクと下山。
ブルドーザーが1台と、人を乗せた馬1頭がブルドーザー道を上がっていった。
6合目から馬返しまでもサクサクと下山。
スバルライン5合目から登る登山者が圧倒的に多い中、昔ながらの吉田ルートを登る登山者もちらほらといることがなんだか嬉しかった。
スバルラインが開通する前はおそらく相当数の登山者が登っていた吉田ルート。
吉田ルートには、朽ち果てて倒壊した山小屋などがちらほらとあり、江戸時代ごろ?から使われていた登山道にロマンを感じながら歩くことができる。
往路では暗闇の中だったため登山道の風景を見ることができなかったが、復路ではしっかりとロマンを感じることができた。馬返しのボランティア?のお休みどころでは、温かい味噌汁で、温かく迎え入れていただいた。ボランティアの方いわく、富士登山競争を2連覇している五郎谷選手が前日に練習をしていたとのこと。
 
 

馬返し~金鳥居

復路の吉田遊歩道はとにかく長く感じる・・・。
だいたい例年と同じく、12時間30分ほどでコインパーキングに到着。
 
 
 
 
 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

登山で出会うことができた雷鳥たちのアルバム

Pocket

 
 
 
 
 
登山で出会うことができた雷鳥達のアルバムです。
 
 
僕なりの雷鳥に出会うことができるポイントなどはこちらで投稿しています。
 
「ひと夏での日本百名山全山日帰り登山」の雷鳥アルバム
 
 
 

新穂高からの双六岳・三俣蓮華岳・鷲羽岳・水晶岳の日帰り登山
(2018年8月26日)

 
☆新穂高からの鷲羽岳・水晶岳日帰り登山のブログ投稿はこちら
 
 
雨と霧の双六岳~三俣蓮華岳うことができた雷鳥親子の1組目(午前7時ごろ)
 
雨と霧の荒天のため、他の登山者が全くいない状況で雷鳥親子に出会うことができました。
 
双六岳と三俣蓮華岳の間の登山道で会うことができた雷鳥
 
 
 
 
 
双六岳と三俣蓮華岳の間の登山道で会うことができた雷鳥
 
 
 
 
 
双六岳と三俣蓮華岳の間の登山道で会うことができた雷鳥
 
 
 
 
 
双六岳と三俣蓮華岳の間の登山道で会うことができた雷鳥
 
 
 
 
 
双六岳と三俣蓮華岳の間の登山道で会うことができた雷鳥
 
 
 
 
雨と霧の双六岳~三俣蓮華岳で出会うことができた雷鳥親子の2組目(午前7時ごろ)
 
雨と霧の荒天のため、他の登山者が全くいない状況で雷鳥に出会ることができました。
 
 
初めて飛び立つ雷鳥の姿を撮影することができました。
 
双六岳と三俣蓮華岳の間の登山道で会うことができた雷鳥
 
 
 
 
 
双六岳と三俣蓮華岳の間の登山道で会うことができた雷鳥
 
 
 
 
 
双六岳と三俣蓮華岳の間の登山道で会うことができた雷鳥
 
 
 
 
 
双六岳と三俣蓮華岳の間の登山道で会うことができた雷鳥
 
 
 
 
 
双六岳と三俣蓮華岳の間の登山道で会うことができた雷鳥
 
 
 

唐松岳登山
(2018年8月18日)

 

☆唐松岳登山のブログ投稿はこちら☆

 
 
牛首の鎖付近で(午前8時ごろ)
 
雷鳥の周りには登山者のひとだかりができていました。
 
 
唐松岳登山で会うことができた雷鳥
 
 

 
 
 
唐松岳登山で会うことができた雷鳥
 
 
 
 
 
唐松岳登山で会うことができた雷鳥
 
 
 
 
 
唐松岳登山で会うことができた雷鳥
 
 
 
 
 
唐松岳登山で会うことができた雷鳥
 
 
 

笠新道からの笠ヶ岳日帰り登山
(2018年8月4日)

 

☆笠ヶ岳登山のブログ投稿はこちら☆

 
 
杓子平~抜戸岳でであうことができた雷鳥(午前8時ごろ)
 
そこそこの登山者が行き交う登山道で出会うことができた雷鳥。
 
 
笠ヶ岳登山で会うことができた雷鳥
 
 
 
 
 
笠ヶ岳登山で会うことができた雷鳥
 
 
 
 
 
笠ヶ岳登山で会うことができた雷鳥
 
 
 
 
 
笠ヶ岳登山で会うことができた雷鳥
 
 
 

新穂高からの槍ヶ岳・大キレット・北穂高岳・穂高岳山荘の日帰り周遊
(2018年7月15日)

 

☆新穂高からの槍ヶ岳・大キレット・穂高岳日帰り周遊のブログ投稿はこちら

 
 
飛騨泣き付近でであうことができた雷鳥(10時30分頃)
 
難所の梯子にしがみつきながらなんとか撮影
 
 
槍ヶ岳から穂高岳の縦走登山で会うことができた雷鳥
 
 
 
 
 

早月尾根からの剱岳日帰り登山
(2018年7月21日)

 

☆剱岳登山のブログ投稿はこちら☆

 
 
剱岳山頂~馬場島荘で出会うことができた雷鳥
 
去っていく後ろ姿を辛うじて1枚だけ撮影。(12時ごろ)
 
 
剱岳の早月尾根登山で会うことができた雷鳥
 
 
 
 
別の雷鳥を目にすることができたものの遠すぎてうまく撮影できず。(11時30分ごろ)
 

 
 
 
 
 

爺ヶ岳日帰り登山
(2018年7月7日)

 

爺ヶ岳登山のブログ投稿はこちら

 
 
種池山荘~爺ヶ岳で出会うことができた雷鳥(復路)
 
雨と風の荒天のため登山者が全くいない状況で出会うことができた雷鳥。
 
 
爺ヶ岳登山で会うことができた雷鳥
 
 
 
 
 
爺ヶ岳登山で会うことができた雷鳥
 
 
 
 
 
爺ヶ岳登山で会うことができた雷鳥
 
 
 
 
 
爺ヶ岳登山で会うことができた雷鳥
 
 
 
 
 
爺ヶ岳登山で会うことができた雷鳥
 
 
 
 
 
爺ヶ岳登山で会うことができた雷鳥
 
 
 
 
 
爺ヶ岳登山で会うことができた雷鳥
 
 
 
 
 
爺ヶ岳登山で会うことができた雷鳥
 
 
 
 
種池山荘~爺ヶ岳で出会うことができた雷鳥(往路)
 
雨と風の荒天のため登山者が全くいない状況で出会うことができた雷鳥。
 
爺ヶ岳登山で会うことができた雷鳥
 
 
 
 
 
爺ヶ岳登山で会うことができた雷鳥
 
 
 
 
 
爺ヶ岳登山で会うことができた雷鳥
 
 
 
 
 
爺ヶ岳登山で会うことができた雷鳥
 
 
 
 
 
爺ヶ岳登山で会うことができた雷鳥
 
 
 
 
 
爺ヶ岳登山で会うことができた雷鳥
 
 
 
 
 
爺ヶ岳登山で会うことができた雷鳥
 
 
 
 
 
「ひと夏での日本百名山全山日帰り登山」の雷鳥アルバム
 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

白馬岳登山の高山植物アルバム
(ひと夏での日本百名山全山日帰り登山2017)

Pocket

 
 
 
 
 
ひと夏での日本百名山全山日帰り登山で登った100座の中でも、
白馬岳の雪渓ルートは特に沢山の花々が咲いていた登山道でした。
 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
☆白馬岳登山のブログ投稿はこちら☆
 
 
 
☆高山植物を撮影したオリンパスのToughカメラ☆
 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

猫が出迎えてくれた金時山登山(2018年9月1日)

Pocket

 
 
 
 
 
土日で関東に行く用事があった週末だったので、
関東に行きながら金時山に登りました。

箱根外輪の一部と絡めて登った前回は金時山から芦ノ湖などを見渡すことができましたが、
今回は残念ながら全く展望はなし。

山頂では猫が出迎えてくれました。

前の週は新穂高から鷲羽岳・水晶岳を日帰りした超ロングトレイルだったので、
往路では復路での登り返しに備えペースをセーブしながら登りましたが、
この日は往路を全力で登ることができたのでとても心地の良い登山でした。
 
 
 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

新穂高からの鷲羽岳・水晶岳日帰り登山の高山植物アルバム2018

Pocket

 
 
 
 
弓折乗越~双六小屋の間にあるクロユリベンチのクロユリをほんの少しだけ期待していましたが、やはりとうに散っておりました・・・。それでも超ロングトレイルの登山ルート上には沢山の高山植物が咲いていました。
 
風に高山植物が揺れ、なかなかシャッターチャンスがやってこなかったのと、
超ロングトレイルだったので体力的、時間的に高山植物を撮影する余裕がなかったので、
あまり高山植物を写真に残すことができませんでした・・・。
 
 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 
☆新穂高からの鷲羽岳・水晶岳日帰り登山のブログ投稿はこちら☆
 
 
 
☆高山植物を撮影したオリンパスのToughカメラ☆
 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

新穂高からの鷲羽岳・水晶岳日帰り登山2018(2018年8月26日)

Pocket

 
 
 
 
今回で4~5回目となる新穂高からの鷲羽岳・水晶岳の日帰り登山。
日本百名山の中でも屈指の超ロングトレイル。
日常的に鍛えていなければ踏破するのは無理な行程ですが、北アルプスの山景色と踏破後の達成感は他のルートには無いものがあります。
 
 
 

往路

新穂高~わさび平ら小屋

新穂高の駐車場に前日入りして車中泊するも駐車場はガラガラ。
(前日土曜日の天気が悪かったため?お盆明けだから?)
この日は午前2時から登山を開始したのは僕だけだった。
わさび平小屋までの道中も先行する登山者はいないようだった。
この日は微妙な天気予報だったので、時々空を見上げながら歩いた。
(時々、晴れ間(星空)が雲の間にのぞいていたけれど・・・。)
わさび平小屋を通過する際も、小屋の外には登山準備をする登山者はおらず。
 
 
 

わさび平小屋~鏡平

夜中~明け方でも暑く、大量の汗をかいた。所々で流れている沢の水を腕にかけた。
明らかにヘッドライトの灯りではない灯りが前方に見えたので、恐る恐る進むと、秩父沢でテント泊をしている登山者の灯りだった。(秩父沢はキャンプ指定地外)
鏡平の鏡池越しに見る槍穂高を毎年楽しみに登るが、この日は曇っており全く見えず・・・。
鏡平小屋の外にも登山者は全くいなかった。
 
 
 

鏡平~双六小屋

弓折乗越の手前でヘッドライトを消した。
弓折乗越に1組3名の登山者が日の出を待ち構えていたがこの日は残念ながら・・・。
 
 
 

双六小屋~双六岳~三俣蓮華岳~三俣山荘

ここまでの山行で空の様子から天気が思わしくないことが分かっていたが、双六小屋に到着し、鷲羽岳方面を見ると雨は降らなそうな空模様だったのでとりあえず鷲羽岳まで行くことを決断。(双六小屋の水場で水を補給。)
双六小屋~三俣蓮華岳は霧で展望が無く、風もあったため低温の中のハードな登山となった。荒天のため登山者のいない稜線では2組の雷鳥親子を見ることができた。
三俣蓮華岳から三俣山荘はそれまでと一転し、暑さを感じる中での登山となった。
 
 
 

三俣山荘~鷲羽岳~ワリモ岳~水晶小屋~水晶岳

新穂高からここまでの山行で疲労が蓄積している中、非常にきつい鷲羽岳の急登。
日差しがあったものの風が強くハードな登山となった。
鷲羽岳から水晶岳もアップダウンがきつく、風に吹きさらされハードな登山となった。
天候からして水晶岳を目指す登山者はほぼいないだろうと思っていたが、水晶小屋~水晶岳の往復で意外にも15組ほどの登山者とすれ違った。
 
 
 

水晶岳からの復路の登り返し

ワリモ岳、鷲羽岳、三俣山荘から巻道まで、巻道の終盤、双六小屋から弓折乗越まで。往路で疲労が蓄積している中での登り返しは本当にきついなんてもんではありません・・・。
それがまた良いと言えばよいのですが 笑
 
 
 

全体をとおして

過去の新穂高からの鷲羽岳・水晶岳の日帰り登山では天候に恵まれ、稜線の景色や槍穂高を目にしながらの登山を満喫することができましたが、今回は、展望に恵まれない中での登山となりました。また、低温、高温、強風と、コンディションが頻繁に変化したので非常にハードな登山となりました。ハードなコンディションの中でも鷲羽岳・水晶岳の日帰り登山をすることができたのは良い経験となりました。
 
 
 
 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

唐松岳登山(八方尾根)の高山植物アルバム(2018年8月18日)

Pocket

 
 
 
 
唐松岳頂上山荘の脇にはコマクサが咲いており、
八方尾根には沢山の高山植物が咲いていました。

八方尾根は本当にたくさんの高山植物を楽しむことができる登山ルートだと思います。
 
 
 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
☆唐松岳登山のブログ投稿はこちら☆
 
 
 
☆高山植物を撮影したオリンパスのToughカメラ☆
 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket

黒菱第3リフトからの唐松岳日帰り登山(2018年8月18日)

Pocket

 
 
 
 
 
黒菱第3リフト駐車場からのノーリフトでの唐松岳日帰り登山
 
山仲間とのノーリフトでの唐松岳登山。
登山に全く興味が無かった中学生のころ、学校登山で登った唐松岳ですが一切記憶がありません・・・。
 
昨年の日本百名山全山日帰り登山では、黒菱第3リフトから八方尾根~唐松岳頂上山荘~五竜岳を日帰りピストンしましたが、今回は山仲間とゆっくりと唐松岳に登りました。
 
夜明け前からの登山だったので、八方尾根から日の出を眺めることができました。
 
天候に恵まれ、稜線からの絶景はもちろん、
八方池では池に映り込む白馬三山を、唐松岳頂上山頂~牛首の鎖場では雷鳥親子と複数回のヘリの荷揚げを、八方尾根では沢山の高山植物を見ることができました。
 
往路では、リフトを利用して登ってきたすごい数の登山者&観光者とすれ違いました。
今までの登山歴の中で、過去最高の数の人々とすれ違ったかもしれません。
 
人々を呼び寄せる魅力を実感し、満喫をすることができた唐松岳登山でした。
 
ちなみに、8月も下旬が近づいてきた八方尾根は木道に霜が降りていました。
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 


 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

 

スポンサーリンク

Pocket

蝶ヶ岳登山の高山植物アルバム(2018年8月11・12日)

Pocket

 
 
 
 
蝶ヶ岳では最終ベンチを超えたあたりから徐々に高山植物を見ることができ、
蝶ヶ岳と大滝山の分岐(蝶ヶ岳ヒュッテ直前)にお花畑が広がっています。

いつもの日帰り装備であればフレキシブルに高山植物写真を撮影することができますが、
この日の山行は無駄に重いテント泊装備(たぶん30kg弱)だったので、
あまり高山植物写真を撮ることができませんでした。
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
☆蝶ヶ岳登山のブログ投稿はこちら☆
 
 
 
 
☆高山植物を撮影したオリンパスのToughカメラ☆
 
 
 
☆登山装備一覧はこちら☆
 
 
 
☆山旅の記録 一覧はこちら☆
 
 
 
☆ポチッとしていただけるとよろこびます☆



 

スポンサーリンク

Pocket